コラム

 公開日: 2017-05-09 

医院・クリニック 待合室の設計事例

建築家の池上 明です。

プロジェクトごとに医院建築作品集としてコラムを掲載していますが、
医院のそれぞれの部屋や部位の持つ機能やデザインを整理するため、
部屋別・部位別に事例をまとめた最初のコラムが「待合室の設計事例」でした。
今まで3つのコラムにわかれていましたが、読みやすくするため1つのコラム
にまとめてみました。

-待合室は医院の顔と言えます。-
初めて訪れる患者さんの不安を少しでも和らげてリラックスできるような空間構成
を提案してきました。

無機質的で単調で圧迫感のある殺風景な空間ではなく、
清潔感があり生き生きした空間を演出することが大事です。
ソファーの色彩もそれぞれの医院の特色を感じてもらうことができます。
アクセントカラーを使った医院の待合室の事例です。





□滝本整形外科(上記写真)
ブルーを医院のイメージカラーとし、ソファーにも使いました。
待合ではグリーンをサブカラーとし、受付カウンターは木目を使い対比的に
構成しています。
天井は掘り込みを作り、照明器具がソフトな光を落します。


□石澤整形外科(上記写真)
玄関から受付がすぐにわかりやすいように受付カウンターはグリーンとし、
待合ソファーをブルーで構成しています。
乳白のガラスブロックからやさしい光がさしこみます。
ガラスブロックを使用したのは前面道路が交通量が多く遮音効果も考慮しました。


□西尾医院(上記写真)
暖色系でやさしいイメージをコンセプトにしました。
ソファーは赤系色とし、受付カウンターも暖色系のダイノックシートを使っています。
端部の濃い赤色のソファーの横には手すりを設けシルバーシートとしました。

どの医院も床にアクセントカラーを入れて患者さんに方向性を示すように
しています。

□しばたレディースクリニック

私が手がけた産婦人科医院はアットホームな雰囲気を大事にしていますので、
待合室は暖色をベースにソフトで暖かみのある空間を構成しています。
垂れ壁や天井、パーティションのカーブラインや
シンプルなブラケット照明がアクセントとなり
患者さんがリラックスでき、ゆったりくつろいだ雰囲気を演出しています。
受付カウンターも落ち着いた濃い木目を使っています。


照明器具もダウンライトだけではなく、ブラケット照明も設けソフトなイメージ
を作っています。
ソファーは近年、家具メーカーも妊婦用の椅子をいくつか出していますし、
妊娠している方が座りやすいように工夫がされていますので
デザインのよいものを選び貼地も指定しました。
オレンジベージュのソファーが患者さんに優しい雰囲気を作っています。


しばたレディースクリニックの待合室は「使える!色彩学」という本に取り上げられました。

次の写真の産婦人科医院の待合室も同じコンセプトで構成しています。
リフォームでしたので真中の柱はどうしてもはずせなかったのが残念です。




続いて医院リフォームの際に待合室を患者さんにわかりやすく利用しやすい
ように計画した事例です。
継承の場合はイメージを一新されるケースが多いようです。



□磯川医院(上記写真)
小児科医院は幼児への対応が必要なので待合室は受付カウンター横に
ベビーチェアーを設け、患者さんの受付での対応がスムーズにできるようにしました。
おむつ替え用ベビーシートも待合室に設置しています。
ベビーチェアー、ベビーシートはもちろんトイレ内にも設置しています。
子供さんがケガをしにくいように待合室の床材はクッションフロアーを使っています。



□岡田歯科医院(上記写真)
イエローをベースとしてやさしい雰囲気のクリニックに変身しました。
待合室のソファーもイエローを選び、受付も以前よりオープンにしました。




□尾﨑歯科医院(上記写真)
待合室は狭く、圧迫感があったので
診察室との間仕切りにガラスブロックを設けて、照明器具もすべてやりかえ、
やさしい雰囲気を演出しています。
受付カウンターは既存のものを一部改修、仕上げを変更して再利用しました。
ガラスブロックを設けることで、広がりと落ち着きのある待合室に変身しました。

この3つの医院の待合のソファーは既存のものを貼り替え、再利用しました。

■こちらのコラムも合わせてご覧ください。

医院・クリニックの待合室のデザイン
医院・クリニック 待合の椅子・ソファーのデザイン
医院・クリニックの待合室のソフトな照明演出
小児科医院の待合室

医院・歯科医院の新築、内装、リフォームは是非お気軽にご相談下さい。
今まで手掛けた医院建築の実例は私のHPをご覧ください。

医院建築設計のプロ
池上 明
エーアイ アーキテクト スタジオ
info@aia-st.com
http://.aia-st.com

この記事を書いたプロ

(有)エーアイ アーキテクト スタジオ [ホームページ]

一級建築士 池上明

大阪府大阪市中央区淡路町3-2-8 トーア紡第2ビル202号 [地図]
TEL:06-6228-1661

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
医院建築 作品集
イメージ

今までに手掛けました医院・歯科医院建築をまとめいています。コラムにもより詳細にコメントしておりますので、合わせてご覧下さい。私のコラムを読まれたドク...

商業建築等 作品集
もり

今までに手掛けました商業建築・工場等をまとめています。コラムにもより詳細にコメントしておりますので、合わせてご覧下さい。建物は漬物製造工場、事務所、直...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
池上 明(いけがみ あきら)さん

患者さんにやさしく、スタッフがより機能的に動ける医院を設計します(1/3)

 地下鉄御堂筋線淀屋橋駅から南東に徒歩約5分。ビジネス街のビル2階に事務所を構える「(有)エーアイ アーキテクト スタジオ」代表の池上明さんは1989年から関西国際空港旅客ターミナルビルの設計を受注した建築家レンゾ・ピアノ氏の日本事務所創設...

池上明プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

多くの医院設計を手掛けてきた実績とノウハウ

会社名 : (有)エーアイ アーキテクト スタジオ
住所 : 大阪府大阪市中央区淡路町3-2-8 トーア紡第2ビル202号 [地図]
TEL : 06-6228-1661

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6228-1661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池上明(いけがみあきら)

(有)エーアイ アーキテクト スタジオ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

産婦人科医院の改装デザインをお願いしました。

分娩台を使わないフリースタイルのお産が母子にはとって1番安...

S産婦人科
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
医院・クリニックの受付カウンターの設計事例
イメージ

建築家の池上 明です。受付カウンターは患者さんが建物に入って初めに目にするエレメントであり「医院の顔...

[ 【医院・クリニック】部屋別設計事例 ]

医院・クリニック 待合の椅子・ソファーのデザイン
イメージ

建築家の池上 明です。それぞれの医院の待合にふさわしい椅子やソファーを提案するようにしてきました。医...

[ 【医院・クリニック】待合室のデザイン ]

医院・クリニックの尿検査コーナー
イメージ

建築家の池上 明です。8月の盆休み期間を利用してトイレ回りの改装工事をした内科医院では今まで患者用トイ...

[ 【医院・クリニック】設計・デザイン ]

盆休み期間中の医院のトイレリフォーム
イメージ

建築家の池上 明です。築30数年の医院リフォームの御相談をよくいただきます。今回の内科医院も親子継承の...

[ 【医院・クリニック】リフォーム ]

四国の病院からのお問合せ

建築家の池上 明です。私のホームページやマイベストプロのコラムを読んでいただいた四国の病院の方からご...

[ 【医院・クリニック】リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ