住む人が幸せになれるハウスコーディネートのプロ

コラム

 公開日: 2014-10-28  最終更新日: 2014-11-01

断熱について ④「断熱性能の良い家」を建てるコツ/部位別断熱効果

今日は、部位別断熱効果についてお話をします。

先ず、アンハウスの以前に施工したM様邸のデーターを例にして、説明させて頂きます。

M様邸
  建築地:大阪市
  延床面積:92.43㎡
  気積:221.112㎥
  熱損失量合計:196.872W/K
  Q値(熱損失係数):2.13W/(㎡・K) (大阪市のQ値の基準値:2.7)
  UA値(平均外皮熱貫流率):0.593 (大阪市UA値の基準値:0.87)
  断熱の仕様 
     壁:セルロースファイバー105mm+ビーズ法ポリスチレンフォーム3号25mm
     天井・屋根:セルロースファイバー200mm
     床:押出法ポリスチレンフォーム3種75mm
     土間床:押出法ポリスチレンフォーム3種40mm
     玄関:K4仕様
     窓:アルミ樹脂複合Low-Eペアガラスサッシ
     換気:第一種24時間換気 2時間に1回換気

この数値が断熱性能的に良い数値かどうかは次回以降に検証するとしまして、
どうすれば、断熱性能を上げること出来るか考えたいと思います。

では、Q値の内容を部位別に見ていきます。
          
          M様邸のQ値の内容
建物の部位別に熱損失比率を見ると、
1番が窓の31.4%、2番が壁の23.8%、3番が換気の19.9%で、
熱損失が大きいことが分かります。

(1)窓

窓の面積は10%しかないにも関わらず、           
窓からの熱損失が大きいです。
大阪府下で、一般的に普及しているサッシは、
圧倒的にアルミ複層ガラスが多く、
アルミ樹脂複合サッシも普及しつつありますが、まだまだ少数派です。
        日本の窓構造別比率<LIXIL>
         (LIXILのデーター抜粋)
けれど、アルミ樹脂複合サッシでも、
M様邸では窓の熱損失が最も大きいことが分かります。

只、逆に、面積が小さいにも関わらず、熱損失量が大きいと言うことは、
コストを抑えて、断熱性能を上げる余地があることを意味します。

(2)壁

壁の熱貫流率が0.330と非常に良い数字であるにも関わらず、
建物の外皮面積が50%以上占める為、熱損失が大きいことが分かります。
壁の断熱性能を上げることは防火の認定なども絡み、
また、家の耐久性能とも大きく関係するため、
単純に、断熱材の厚みを上げれば良いとか、
熱伝導率の良い断熱材を使えば良いとか言うものでなく、
非常に難しい面があります。

けれど、壁の断熱仕様は、断熱性能はもちろん、家のトータルの性能とも大きく関係する為、
こだわりたいところです。

(3)換気

換気からの熱損失も無視出来ない位、大きいです。
けれど、24時間換気は健康住宅の為には絶対不可欠なものです。

熱交換換気扇を採用すると言う選択もありますが、
関西のような室内と屋外の温度差が20度以下の地域に置いては、
熱交換換気扇の効率が悪くなるため、
むしろ、換気による熱エネルギー損失より、
熱交換換気扇を作動させる動力エネルギーの方が多く、
Q値を下げるために、熱交換換気扇を採用することは、
現実的ではありません。

言い換えると、熱損失が限りなくゼロに近い建材を開発して家を建てたとしても、
Q値=39.236(換気扇の熱損失量)÷92.43(述床面積)=0.43
ですので、この家の形状の場合、0.43以下のQ値は有り得ない事が分かります。

(4)その他

熱貫流率に着目すると、ドアの3.415、窓の2.330、土間床の2.988が
UA値(外皮平均熱貫流率)を上げている事が分かります。
ドアと土間床は全体の熱損失比率からすると6%と7.2%ですが、
面積も2%弱ですので、
安い費用で、断熱性能を上げる余地があることを意味します。

次回から、コスト及び他の影響も考えながら、
部位別に断熱性能を上げる方法を、お伝えしていきたいと思います。

ただその前に、
M様邸と同じ断熱仕様の家が、
形状を変えるだけでQ値とUA値がどのように変わるかを検証してみて、
断熱性能とQ値とUA値の関係をお伝えしたいと思います。

健康・断熱・長寿命にこだわった注文住宅

自然素材・健康住宅の施工事例
外観デザイン別ラインナップ
家造り・土地探し・資金計画のご相談

この記事を書いたプロ

アンハウス株式会社 [ホームページ]

一級建築士 中谷昭子

大阪府羽曳野市島泉5丁目7番10号 [地図]
TEL:072-955-8883

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

38
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中谷 昭子(なかたに・あきこ)さん

「幸せ造りの家造り」をモットーに、土地探しから資金計画、自然素材を使った健康住宅の建築をコーディ(1/3)

 南大阪エリアを中心に注文住宅を手がけるアンハウス株式会社は、白い壁が印象的なかわいらしい一軒家。案内された「家造りギャラリー」は、お客様との打ち合わせに使う木の香りがあふれる部屋です。 社長の中谷昭子さんは、ハウスコーディネーターとして...

中谷昭子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

住む人が幸せになる、一生に一度の家造りをコーディネート

会社名 : アンハウス株式会社
住所 : 大阪府羽曳野市島泉5丁目7番10号 [地図]
TEL : 072-955-8883

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-955-8883

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中谷昭子(なかたにあきこ)

アンハウス株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
断熱について ①断熱性能の良い家を建てるメリット

これから、断熱について、何回かに分けて、お話をしていきたいと思います。まず、断熱性能の良い家を建てると...

玄関ドアの断熱性能 新築一戸建ての玄関選び

家の快適性を考える時、「夏は涼しく、冬は暖かく」という表現がよく使われます。快適かつ省エネ効果の高い家を建...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

新築一戸建て 天井断熱と屋根断熱の違いと選びかた

年間を通じて快適な暮らしを実現するために、住宅の断熱は欠かせないものです。住宅上部の屋根と天井部分の断熱方...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

新築を建てるときの窓選び 断熱性・気密性を高めるポイント

「自然光を室内に採り入れる」「室内の換気をする」「眺めを楽しむ」など、窓は住宅の重要な役割を果たしています...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

木造新築一戸建て 外断熱と内断熱の違いはなに?

住宅の外部の気象環境に関わらず、室内を快適な空間に保つために欠かせないのが断熱です。断熱は住宅の寿命にも大...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ