住む人が幸せになれるハウスコーディネートのプロ

コラム

2016-01-31

1階に駐車場がある新築一戸建ては耐震性が低く地震に弱い?

車好きの方は、家中から愛車を眺められるビルトインガレージを希望される方が多いです。また、敷地面積の都合により、建物の1階を駐車場にして、木造3階建てにされる方も多いです。
その場合、注意しなければならないのは、建物の1階前面に広い開口部が必要な為、1階前面に耐力壁不足を起しがちです。特に、2台並列のガレージの場合は、家の前面に占めるガレージの幅が広く、そのままで家を建てると、平面的にも、立面的にも耐力壁のバランスの悪い建物になりがちです。

バランスの取れた構造


ビルトインガレージのある家でも、平面的に、立面的に耐力壁のバランスを取るようにして、設計すれば、十分に耐震性の高い建物を建てることが出来ます。
ガレージの入口の近くに強い耐力壁を集中的に設けるか、開口部であるけれど耐力壁になる耐震開口フレームを設けるなどして、建物の1階の前面に耐力壁を設けるようにします。
その際、工夫をして、耐力壁を増やしたつもりでも、感覚に頼るのでなく、構造計算で、偏芯率(平面的なバランス)及び剛性率(立面的なバランス)を確認する必要があります。

構造計算の重要性


建物は、来る東南海地震に備えて、法定基準値以上のレベルで耐震性を確保されたいと誰もが思うことです。なので、木造2階建ての構造計算無しの建物は不安が多いです。その事を考えると、構造計算が必須になります。
ここで、構造計算の目的ですが、何の為に構造計算をされるかご存知でしょうか?それは、構造的に弱い部分を探し、それを補強することです。建物全体の強度は、構造的に最も弱い部分で決定されます。建物が大地震や強風を受けた時、先ず最も弱い部分が破壊されます。そこから建物全体を崩壊させていきます。従って、建物の最も弱い部分を補強し続けることで、建物全体の強度を上げることができるのです。

「弊社の建物は、こんな強い壁を使用しています」とか、「弊社の建物は、金物工法を採用しています」「弊社の建物はW配筋の基礎をしています」という謳い文句を掲げ、部分的に強い構造の仕様を強調される住宅会社も見かけますが、前述の通り建物の構造は最も弱い部分で決定されることを考えると、部分的に強くてもあまり意味がありません。むしろ強過ぎる部分があると、強い部分の引っ張る力が大きいため、その部分に繋がる他の部分も併せて強度を高めるのでなければ、その部分が弱点になりかねます。

建物の構造全体のバランスを重んじ、弱い部分を出さないためにどのようにしているかをお客様にしっかりと説明できる住宅会社を選ぶべきです。

健康・断熱・長寿命にこだわった注文住宅

自然素材・健康住宅の施工事例
外観デザイン別ラインナップ
家造り・土地探し・資金計画のご相談

この記事を書いたプロ

アンハウス株式会社 [ホームページ]

一級建築士 中谷昭子

大阪府羽曳野市島泉5丁目7番10号 [地図]
TEL:072-955-8883

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中谷 昭子(なかたに・あきこ)さん

「幸せ造りの家造り」をモットーに、土地探しから資金計画、自然素材を使った健康住宅の建築をコーディ(1/3)

 南大阪エリアを中心に注文住宅を手がけるアンハウス株式会社は、白い壁が印象的なかわいらしい一軒家。案内された「家造りギャラリー」は、お客様との打ち合わせに使う木の香りがあふれる部屋です。 社長の中谷昭子さんは、ハウスコーディネーターとして...

中谷昭子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

住む人が幸せになる、一生に一度の家造りをコーディネート

会社名 : アンハウス株式会社
住所 : 大阪府羽曳野市島泉5丁目7番10号 [地図]
TEL : 072-955-8883

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-955-8883

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中谷昭子(なかたにあきこ)

アンハウス株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
断熱について ①断熱性能の良い家を建てるメリット

これから、断熱について、何回かに分けて、お話をしていきたいと思います。まず、断熱性能の良い家を建てると...

玄関ドアの断熱性能 新築一戸建ての玄関選び

家の快適性を考える時、「夏は涼しく、冬は暖かく」という表現がよく使われます。快適かつ省エネ効果の高い家を建...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

新築一戸建て 天井断熱と屋根断熱の違いと選びかた

年間を通じて快適な暮らしを実現するために、住宅の断熱は欠かせないものです。住宅上部の屋根と天井部分の断熱方...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

新築を建てるときの窓選び 断熱性・気密性を高めるポイント

「自然光を室内に採り入れる」「室内の換気をする」「眺めを楽しむ」など、窓は住宅の重要な役割を果たしています...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

木造新築一戸建て 外断熱と内断熱の違いはなに?

住宅の外部の気象環境に関わらず、室内を快適な空間に保つために欠かせないのが断熱です。断熱は住宅の寿命にも大...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ