住む人が幸せになれるハウスコーディネートのプロ

コラム

2016-05-11

新築における耐震の条件、「構造計算」で安全性を確保

耐震性の高い家を建てるために構造計算は欠かせません。しかし、一般的な2階建て木造住宅は、構造計算ではなく「壁量計算」 と呼ばれる計算方法によって建てられているケースが大半で、この壁量計算と構造計算では計算の詳細さや精密さが異なります。アンハウスでは、「許容応力度計算」という詳細な構造計算方法を採用して、住宅の耐震における高い水準の安全性を確保しています。

計算書が300ページ以上にも及ぶ構造計算


耐震性の高い家を建てる条件として、構造計算をきちんと行う必要があります。しかし、一般的な2階建て木造住宅は、構造計算ではなく「壁量計算」 と呼ばれる計算方法によって建てられているケースが大半であり、壁量計算で建てられた住宅に対して、「構造計算が施されているから安全です」とうたわれているケースもあります。

似たような概念なので勘違いしやすいのですが、構造計算と壁量計算では、計算の詳細さ・精密さが異なります。壁量計算は、文字通り必要な壁の量を建物の床面積と見付け面積より簡易に算出する方法で、A3図面1枚程度に収まるボリュームの計算書なので、建物自体の重さや荷物の重さ等は一切計算されず、それを支える材木の強度は、いわゆる「人の勘」に頼ることになります。

これに対し構造計算は、建物自体の重さや荷物の重さを正確に計算し、その荷重がどの構造材に流れていくかを検討するため、力のかかる箇所、力のかからない箇所をしっかり把握し、荷重に合わせて必要な強度の構造材を適切に選択することができます。また、地域別に建物の重さを考慮した地震力、地域及び建物形状を考慮した風圧力を計算し、その地震力・風圧力に対して必要な壁の量、及びその壁を支えるのに必要な床の量も同時に算出しますので、計算書も300ページ以上のボリュームになります。

構造計算の目的


現在の建物は、リビングを広くしたり、吹き抜けを作ったりすることによって、広い部屋と狭い部屋が極端に分かれ、構造的に見ると非常にバランスの悪い建物になりがちです。それぞれの柱及び壁は、受ける荷重が極端に異なってきますので、たくさんの荷重を受ける壁や柱が、構造的な弱点になりがちです。

構造計算をしない建物は、この弱点を残したまま、建物が出来上がるわけですから、地震や強風の時にその部分が倒壊の原因になったり、長い年月の使用の中で劣化の早い箇所になったりします。

構造計算をすることによって、構造的な弱点をなくすことができるだけでなく、他の箇所に比較して弱い箇所も順次補強することによって、建物全体の強度が上がっていき、バランスのとれた丈夫な建物ができます。

また、地震力や風圧力を正確に計算することによって、建物の品質確保促進法に定めるように、建築基準法で決められている耐震性能を1とするなら、その1.25倍(耐震等級2)や1.5倍(耐震等級3)の耐震基準を設け、更に高い耐震性能の家を設計することができるのです。

アンハウスの構造基準


前回の熊本地震では、建築基準法の耐震基準を満たしながらも、倒壊している事例が報告されています。災害がいつも想定外であることを考えると、単に建築基準法の耐震基準を満足するのみでなく、更に高い耐震基準を目標にしていくべきです。

アンハウスでは、最高等級の「耐震等級3」は当然とし、更に、層間変形角を200分の1以下、偏心率0.15以下、剛性率を0.9以上という極めて高い基準を自社基準に定め、全棟クリアした建物をお客様にご提供しています。

健康・断熱・長寿命にこだわった注文住宅

自然素材・健康住宅の施工事例
外観デザイン別ラインナップ
家造り・土地探し・資金計画のご相談

この記事を書いたプロ

アンハウス株式会社 [ホームページ]

一級建築士 中谷昭子

大阪府羽曳野市島泉5丁目7番10号 [地図]
TEL:072-955-8883

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中谷 昭子(なかたに・あきこ)さん

「幸せ造りの家造り」をモットーに、土地探しから資金計画、自然素材を使った健康住宅の建築をコーディ(1/3)

 南大阪エリアを中心に注文住宅を手がけるアンハウス株式会社は、白い壁が印象的なかわいらしい一軒家。案内された「家造りギャラリー」は、お客様との打ち合わせに使う木の香りがあふれる部屋です。 社長の中谷昭子さんは、ハウスコーディネーターとして...

中谷昭子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

住む人が幸せになる、一生に一度の家造りをコーディネート

会社名 : アンハウス株式会社
住所 : 大阪府羽曳野市島泉5丁目7番10号 [地図]
TEL : 072-955-8883

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-955-8883

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中谷昭子(なかたにあきこ)

アンハウス株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
断熱について ①断熱性能の良い家を建てるメリット

これから、断熱について、何回かに分けて、お話をしていきたいと思います。まず、断熱性能の良い家を建てると...

玄関ドアの断熱性能 新築一戸建ての玄関選び

家の快適性を考える時、「夏は涼しく、冬は暖かく」という表現がよく使われます。快適かつ省エネ効果の高い家を建...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

新築一戸建て 天井断熱と屋根断熱の違いと選びかた

年間を通じて快適な暮らしを実現するために、住宅の断熱は欠かせないものです。住宅上部の屋根と天井部分の断熱方...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

新築を建てるときの窓選び 断熱性・気密性を高めるポイント

「自然光を室内に採り入れる」「室内の換気をする」「眺めを楽しむ」など、窓は住宅の重要な役割を果たしています...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

木造新築一戸建て 外断熱と内断熱の違いはなに?

住宅の外部の気象環境に関わらず、室内を快適な空間に保つために欠かせないのが断熱です。断熱は住宅の寿命にも大...

[ 高耐震・高断熱・高耐久設計 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ