コラム

 公開日: 2010-07-12  最終更新日: 2014-05-23

遺族が年金形式で受け取る生命保険金に対する所得税の課税の取消し


保険金が年金形式で分割払いされる生命保険を受け取った遺族に対し、相続税と所得税を課税することが認められるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は平成22年7月6日、二重課税に当たり違法との初判断を示し、生命保険金に対する所得税の課税が取り消されました。
その判決を受け、国税庁は、「これまでの法令解釈を変更し、これにより所得税額が納めすぎとなっている方の過去5年分の所得税については、更正の請求を経て、減額更正を行い、お返しすることとなります。現在、判決に基づき、課税の対象とならない部分の算定方法などの検討を進めていますので、具体的な対応方法については、対応方法が確定しだい、国税庁ホームページや税務署の窓口などにおいて、適切に広報・周知を図っていくこととしています。また、過去5年分を超える納税分については、上記の方針に基づいた対応策が決まりしだい、適切に対処します」と発表しています。

問題となった保険は、加入者の死亡後に生命保険金の一部を特約の年金形式で遺族が受け取れる保険商品。加入者が死亡した時点で、一時金か年金形式かの支払いを選んだり、それぞれを併用したりできるものです。
国税当局は1960年代前半以降、遺族が年金払い型の保険金を受け取る際、保険金の総額(年金受給権)の2~7割(受給期間によって異なる)を相続財産とみなして相続税を課税するのに加え、毎年の支払い分にも所得税を課してきました。
同種保険の契約は数百万件に上るとみられ、還付作業も膨大になると思われます。

該当する保険金を受け取り、毎年確定申告をしている方、今一度確認してください。

この記事を書いたプロ

浅野会計事務所 [ホームページ]

税理士 浅野容子

大阪府大阪市淀川区西中島4-5-7 浅野ビル2階 [地図]
TEL:06-6303-0010

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
浅野 容子(あさの ようこ)さん

事業者と向き合って経営方針に最適な企業会計・税務対策を共に考える(1/3)

 高性能の会計ソフトが売り出されていて、少し勉強すれば経理処理の帳簿を比較的たやすく作れるようになりました。浅野容子さんは「だから税理士は、事業経営者と向き合って、その企業に最適な経営方針を共に考えていく、という姿勢が重要になってきたと思い...

浅野容子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

幅広いネットワークで事業継承や相続対策に親身に対応

事務所名 : 浅野会計事務所
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島4-5-7 浅野ビル2階 [地図]
TEL : 06-6303-0010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6303-0010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅野容子(あさのようこ)

浅野会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
1人当たり5,000円以下の飲食代のついて ③
イメージ

③1人当たり5000円以下であること 1人当たり5000円以下の判定は「飲食費等として支出した金額÷飲食等に参加した...

1人当たり5,000円以下の飲食代のついて ②
イメージ

②飲食その他これに類する行為のために要する費用であること 通常、自己の従業員等が得意先等を接待して飲食す...

1人当たり5,000円以下の飲食代のついて ①
イメージ

法人税では、企業が支出する交際費等は原則として全額、もしくは一定の金額が損金の額に算入されず、課税対象と...

扶養控除制度の改正
イメージ

子ども手当の支給が6月から開始されていますが、その財源捻出のために扶養控除の一部が廃止又は縮減されます。...

子ども手当制度 
イメージ

初めてコラムを書きます。これからもちょっとした豆知識や色んな事を載せていきたいと思いますので、宜しくお願い...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ