コラム

2010-10-15

1人当たり5,000円以下の飲食代のついて ②


②飲食その他これに類する行為のために要する費用であること

 通常、自己の従業員等が得意先等を接待して飲食するための「飲食代」以外にも、例えば、得意先等の業務の遂行や行事の開催に際して、弁当の差入れを行うための「弁当代」などが対象となります。
 この場合の対象となる弁当は、得意先等において差入れ後相応の時間内に飲食されることが想定されるもの。
 なお、単なる飲食物の詰め合わせを贈答する行為は、いわゆる中元・歳暮と変わらないことから、原則として、交際費等に該当することになります。
 ただし、飲食店等での飲食時に、お土産用に用意してもらう飲食物(以下「お土産」)については、5000円判定時に、お土産代を含めることも含めないこともできます。
 たとえば、お土産代を含めた支払いが5500円である場合、店が発行する領収書等の明細に「お土産代800円」という明示があれば、お土産代部分を贈答品として税務上の交際費とし、飲食代相当分の4700円を、一人当たり5000円以下の飲食代として損金とすることができます。
 その他、得意先等との飲食等を行う飲食店等へ送迎するための送迎費や、ゴルフ等の接待時の飲食費は該当しません。

この記事を書いたプロ

浅野会計事務所 [ホームページ]

税理士 浅野容子

大阪府大阪市淀川区西中島4-5-7 浅野ビル2階 [地図]
TEL:06-6303-0010

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
浅野 容子(あさの ようこ)さん

事業者と向き合って経営方針に最適な企業会計・税務対策を共に考える(1/3)

 高性能の会計ソフトが売り出されていて、少し勉強すれば経理処理の帳簿を比較的たやすく作れるようになりました。浅野容子さんは「だから税理士は、事業経営者と向き合って、その企業に最適な経営方針を共に考えていく、という姿勢が重要になってきたと思い...

浅野容子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

幅広いネットワークで事業継承や相続対策に親身に対応

事務所名 : 浅野会計事務所
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島4-5-7 浅野ビル2階 [地図]
TEL : 06-6303-0010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6303-0010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅野容子(あさのようこ)

浅野会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
1人当たり5,000円以下の飲食代のついて ③
イメージ

③1人当たり5000円以下であること 1人当たり5000円以下の判定は「飲食費等として支出した金額÷飲食等に参加した...

1人当たり5,000円以下の飲食代のついて ①
イメージ

法人税では、企業が支出する交際費等は原則として全額、もしくは一定の金額が損金の額に算入されず、課税対象と...

遺族が年金形式で受け取る生命保険金に対する所得税の課税の取消し
イメージ

保険金が年金形式で分割払いされる生命保険を受け取った遺族に対し、相続税と所得税を課税することが認められるか...

扶養控除制度の改正
イメージ

子ども手当の支給が6月から開始されていますが、その財源捻出のために扶養控除の一部が廃止又は縮減されます。...

子ども手当制度 
イメージ

初めてコラムを書きます。これからもちょっとした豆知識や色んな事を載せていきたいと思いますので、宜しくお願い...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ