コラム

 公開日: 2015-10-04  最終更新日: 2016-05-04

自転車操業 ①(自転車操業になる社長)

私は財務コンサルタントとして

多くの中小企業を見ていて思う事は、




財務が悪い、資金繰りが苦しいと言う

会社のかなりの割合の社長が、

いわゆる  「自業自得」 であることなんです。




特に中小でも財務経理の責任者がまだいない、
小規模企業の会社の社長さん・・。



ワンマン経営で、社内に誰も社長の行動をセーブする

人がいない会社の社長さん・・・。



とか・・




全部とは言いませんがこれらの社長さんの中で

かなりの割合の方にあるパターンです。





『即ち、お金についての考え方、使い方に問題

がある為に、自分で自分の首を絞めておられる・・

と言う事なんです。』





それは一体どう言う事かと言うと

そのような社長さんは

皆さん「自転車操業」が好きなんです。




いや、ご本人は気が付いていらっしゃらない

のですが、実際は皆、自転車操業が大好きなのです!




こんな事を言うと、ばかな事を言うな!と

怒られるかもしれませんが、でも事実なのです。





では自転車操業?ってどういう事かと言いますと・・




自転車は右足を踏んで降ろすと車輪が回転する

次に左足を踏むと、また回転する、今度は右足・・・次に

左足・・・・



と言う風に左右の足を順番に休みなく踏み続けないと

前へ進まない(下り坂は別として)と言う仕組みです。



つまり前に進み続けるためにはずっとペダルを踏み続け
なければなりません。 で、踏むのをやめると止まる。



これを会社に当てはめると、お金が入金すると、すぐ

出金、また次のお金が入金するとまた出金・・・

入っては出て、入っては出ると言う状態です。



ここに全く余裕がないので何かの拍子に入金が

止まると会社が止まります。



これが自転車と同じ仕組みなので、自転車操業

と言うのですね・・・




で、これを解消するにはどうすべきなのか?




簡単な話なのです。

月商(年間売上の1/12)の1か月分、余分に預金を
持てば良いのです。




月商の1か月分余分にお金を持てば・・

今月の入金を気にしなくても、今月の支払が

出来るのです。 つまり1か月分余裕が出来るのです。




簡単です。




でもこれが出来ないのです・・・





ある例を挙げて説明しますと・・






その会社の年商が2億4000万としたら、 月商は2000万です。



2000万




これをどうやって作るか?




方法は3つ



1、貰う



2、借りる



2、貯める





どれが良いと思われますか?





貰うのが出来れば一番良いですが

それが出来なければ、借りるですね。




借りるのに御自身、あるいは身内が無理であれば

次に銀行(金融機関)です。




でも銀行から借りるには銀行の審査があります。




自転車操業の会社は通常決算書の数字が

悪いのでなかなか借りれません。




でも、ここで万に一つ。





たまたま上手く審査が通って借りれた



としましょう!




2000万運転資金として借りれた!




ヤッター!




さあ、これで自転車操業解消だ!!




楽になる!!




良かった!!

とその時は思いますよね。 




その時は。





安心・・・




しかし・・・



このお金は苦労して得たお金ではありません。

しかも返済しなければなりません。

それは誰でもわかっています。





先は大変だな?と思いながらも

まあなんとかなるだろう・・・。



(こう言う方は楽観的です)





そして、当初はとりあえず

預金残高に・・・

1か月分の売上(月商)のお金が余分にある。




急に増えた。






ここに 『心のすき間』 が出来るのですね。






「ちょっと位良いだろう!

遣っちゃえ!」




と言う心理が働きます。

気が大きくなります。






社長さんは誰でも皆さん、まず売上を挙げたい!と思います!




私も売上は挙げたい!のでその気持ちは大変良くわかります。





そのために、売上を挙げるために、あれもしたい、
これも買いたい!!

沢山あります。前から我慢していた・・・





と言う欲求を抑えられない。

自分をコントロールできない。




で・・



余分にあるお金は 「遣っちゃえー」

最初はちょっとずつ・・・ですが



そうして・・




徐々に預金は減って行きます。

で、気が付いたら、結局、全部つかっちゃうのです。




限界まで遣って・・・




また自転車操業の再開・・・



しかも借金返済分支払が増えて

余計に苦しくなる・・。




まさに、「自業自得」ですね・・・

この記事を書いたプロ

有限会社エーエスシー [ホームページ]

経営コンサルタント 遠藤信行

大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL:06-6885-1563

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載
大商ニュース2017/1/25

大阪商工会議所「大商ニュース」 「“日本一“明るい企業情報」2017.1.25に掲載されました。

 
このプロの紹介記事
遠藤 信行さん(えんどう・のぶゆき)さん

成長が長続きする会社を(1/3)

 創業した会社が3年目を迎えられる確率は3割に満たないといわれています。会社を起こすことはそんなに難しくはないですが、続けていくことはとても大変です。2016年の年間倒産件数(負債総額1000万円以上)は8446件に達しました。1日に20社...

遠藤信行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社を成長させたい社長のための「社長の財務パートナー」

会社名 : 有限会社エーエスシー
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL : 06-6885-1563

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6885-1563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

有限会社エーエスシー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
脱!どんぶり勘定
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。みなさん、「どんぶり勘定」って聞かれた事が...

[ 経営 ]

会社の命運は「経営に対する社長の考え方次第」~決算書で全てわかります~
イメージ

今日は、ちょっと視点を変えてお話しします。会社の決算書を多く見ていると、業績が悪い会社に共通する...

[ 経営 ]

資金繰りが悪い理由 ~銀行と上手に付き合っていない⑤~経営計画書
イメージ

今回は、経営計画書についてご説明します。まずはじめに、「経営計画書」と「事業計画書」は何が違うの...

[ 資金繰り ]

500円ピザチェーン店の破産
イメージ

500円ピザチェーン店「NAPOLI(ナポリ)」「Napoli'S(ナポリス)」などのブランドで全国チェーン店を展開し...

[ 資金繰り ]

資金繰りが悪い理由 ~銀行と上手に付き合っていない④~資金繰り表
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。前回に引き続き、銀行と上手に付き合う方法につい...

[ 資金繰り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ