コラム

 公開日: 2015-10-15  最終更新日: 2016-05-04

自転車操業 ④(自利利他)

前回までのお話で



「お金はルールを作って管理する」



と言いましたね。



で、そのルールとは、中国古典から続く

商売(ビジネス)の大原則

「入るを量りて出るを制す」



つまり、



「入金を計算して、その範囲内で支出をコントロールする」

と言う意味でしたね。




この原則は内容は簡単ですが、実行するのは

実に難しいとも言いました。




何故難しいのか?




それは人間には「欲望」があるからです。




特に社長される人は,前に行くエネルギーが凄い!



エネルギー=欲望 です。





ただ、欲望にも2種類ありまして、



①自分のための欲望を果たそうとする 「自利」



②自分の欲望を他人の為に使おうとする 「利他」




この二つあります。





仏教の言葉で



「自利利他」  と言う言葉がありますが、



これは「自利とは利他をいう」 (最澄)



と読みます。



これは



「他人を利する事がすなわち自分の利(=幸せ)なのだ」 



と言う意味なんですね。




会社経営を行うと言う事は、本来は、この心を持った方



にその資格があると思うのです・・・・・私は。




だって、会社は何の為にあるのか?

と問われれば、「お客様の為」 にあるのですよね。




それとともに会社に、社員がいますので「社員の幸せ」

の為でもあるのですよね。




社員もお客様も他人です。 また、会社には株主や

債権者、仕入れ先、その他業者、公的機関等様々な

人と関わっています。



これらをひっくるめて「社会」と言います。




まとめると、

会社は「社員」 「お客様」「株主・その他」・・・・ 「社会」 

の為にあるのです。



近江商人の格言にもありますよね。



「三方よし」 



意味は「売り手よし、買い手よし、世間よし」

です。



 同じ意味です。




つまり、これらは全て「他人」です。



ですから、会社を経営する人は皆、



「自利利他」の心がなければならないのです。





私は性善説に立っていますので、ほとんどの社長さん

は、ご自身ではっきりとは認識していなくても、基本的は
このような考え方で事業を初められたと思うんですよ。
少なくとも最初は・・・。




『 誰かの役に立ちたい!! 』




これ、即ち 「利他」の心です





皆さんこれではじめられたのですよ!



(まあ、一部には一攫千金稼ぎたい!と言うだけの人も

おられるのも事実だと思いますが、まあそれはそれで良いとして)





話が大幅にそれてしましました・・・・。





それが自転車操業と何の関係があるのだ?




と言われるかもしれませんが、




いや、これが関係あるのですよ・・・




ではまた次回です。

この記事を書いたプロ

有限会社エーエスシー [ホームページ]

経営コンサルタント 遠藤信行

大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL:06-6885-1563

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載
大商ニュース2017/1/25

大阪商工会議所「大商ニュース」 「“日本一“明るい企業情報」2017.1.25に掲載されました。

 
このプロの紹介記事
遠藤 信行さん(えんどう・のぶゆき)さん

成長が長続きする会社を(1/3)

 創業した会社が3年目を迎えられる確率は3割に満たないといわれています。会社を起こすことはそんなに難しくはないですが、続けていくことはとても大変です。2016年の年間倒産件数(負債総額1000万円以上)は8446件に達しました。1日に20社...

遠藤信行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社を成長させたい社長のための「社長の財務パートナー」

会社名 : 有限会社エーエスシー
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL : 06-6885-1563

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6885-1563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

有限会社エーエスシー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「どんぶり勘定」から脱しなければならない時期は?②
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。 前回の続きをお話いたします。 自計...

[ 脱どんぶり勘定 ]

「どんぶり勘定」から脱しなければならない時期は?①
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。 先日、「脱!どんぶり勘定」というテー...

[ 脱どんぶり勘定 ]

脱!どんぶり勘定
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。みなさん、「どんぶり勘定」って聞かれた事が...

[ 経営 ]

会社の命運は「経営に対する社長の考え方次第」~決算書で全てわかります~
イメージ

今日は、ちょっと視点を変えてお話しします。会社の決算書を多く見ていると、業績が悪い会社に共通する...

[ 経営 ]

資金繰りが悪い理由 ~銀行と上手に付き合っていない⑤~経営計画書
イメージ

今回は、経営計画書についてご説明します。まずはじめに、「経営計画書」と「事業計画書」は何が違うの...

[ 資金繰り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ