コラム

 公開日: 2015-11-21  最終更新日: 2016-05-04

自転車操業 ⑫(会計がわからんで経営が出来るか!)

前回述べましたが、

自転車操業と言うのは、正しい経営・正しい財務の知識・
方法を持ってすれば防止できるのです。




この事から、社長は、どなたでも 「正しい経営・財務の
知識が必要」であると言いました。




結局は社長が学ぶしかないのです。



京セラ(株)の創業者で名誉会長の稲盛和夫さんは、
その著書の中で次のように言っておられます。




「会計がわからんで経営ができるか!!」   





ただ、こう言う例を出すと、何割かの社長は必ず
こう言われます。




「それは京セラのような1兆円企業の話でしょ?」 



「うちみたいな小企業には関係ないでしょう?」



「うちみたいなちっぽけな会社はどんぶり勘定で
 いいでしょう?」






ある時、私はそう言われた社長に向かってこう言いました。




「1兆円企業であろうが、100億円企業であろうが、
10億円企業であろうが、1000万企業であろうが会計経理の
仕組みは全て基本的に同じです。

現在ではこの基本がわからずして会社を発展させる事は
まず不可能なのです」




「今はかつてのような高度経済成長時代ではないのです。

高度経済成長時代ではほおっておいても、売上が年率
10%超はざらに上がりました」




「その上、土地の値段も毎年上がりましたので、経営と
言っても借金して土地を買えば、土地の担保価値が
上がってまた借金できる。借金漬けでお金が回って
行ったのです」




「また借金でお金が回るので企業は節税して利益を
最小限に出せばよかったのです。 

つまり会計の仕組みがわからなくても経営できたのです。




その時代が大体30年~40年近く続いたのです。

これは世界でも稀な例です。




でもそうやって経営していた企業は、皆バブル崩壊後に
潰れて行きました」




「バブル崩壊からもう20年以上経ちますね」




「だからバブル崩壊前からあって、今も残っている企業は、
きちっとした経営・経理をしている企業ばかりなんです」




「もっともそんな企業でも一瞬油断すれば忽ち奈落の底です」




「怖い時代です」





「今の時代は売上は勝手には上がりません、
土地も上がりません。もちろん利益も出ません。

だから借金は利益の出る範囲内でしか出来ないのです。

借金を最小限にして売上と利益を上げる方法を考えなくては
行けないのです。これはもう、血の滲むような努力が必要なんです」




「そして、利益を出してお金を回すためには、会計の原理原則を
知らないと経営できないのです」



「どうやったら利益は出るのか」



「どうやったら資金は回るのか」



「これを知るにはB/S・P/Lの仕組みです。
中身を十分に知る事が必要なのです」




「だからまずこの原理を理解してください」




「どんぶり勘定ではダメなのですよ」




「そのいい例が御社ですよ」




「結局、社長はいくら言っても、この会計の仕組みを
理解しようとしないから今のような自転車操業に
なっているのですよ」




「違いますか?」





と、ここまで言うと、その社長さん、

真っ赤な顏して 「・・・・・・・」 と、黙りこくってしまわれました。




要するに、売上の上がらない、利益の出ない・・今の厳しい時代・・・




1兆円企業であろうが1000万企業であろうが、

どんな規模の会社であろうが、社長は誰でも稲盛さんが
おっしゃるように、




「会計がわからんで経営は出来んのです!!」



社長!、宜しいでしょうか?

この記事を書いたプロ

有限会社エーエスシー [ホームページ]

経営コンサルタント 遠藤信行

大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL:06-6885-1563

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載
大商ニュース2017/1/25

大阪商工会議所「大商ニュース」 「“日本一“明るい企業情報」2017.1.25に掲載されました。

 
このプロの紹介記事
遠藤 信行さん(えんどう・のぶゆき)さん

成長が長続きする会社を(1/3)

 創業した会社が3年目を迎えられる確率は3割に満たないといわれています。会社を起こすことはそんなに難しくはないですが、続けていくことはとても大変です。2016年の年間倒産件数(負債総額1000万円以上)は8446件に達しました。1日に20社...

遠藤信行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社を成長させたい社長のための「社長の財務パートナー」

会社名 : 有限会社エーエスシー
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL : 06-6885-1563

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6885-1563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

有限会社エーエスシー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
脱!どんぶり勘定
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。みなさん、「どんぶり勘定」って聞かれた事が...

[ 経営 ]

会社の命運は「経営に対する社長の考え方次第」~決算書で全てわかります~
イメージ

今日は、ちょっと視点を変えてお話しします。会社の決算書を多く見ていると、業績が悪い会社に共通する...

[ 経営 ]

資金繰りが悪い理由 ~銀行と上手に付き合っていない⑤~経営計画書
イメージ

今回は、経営計画書についてご説明します。まずはじめに、「経営計画書」と「事業計画書」は何が違うの...

[ 資金繰り ]

500円ピザチェーン店の破産
イメージ

500円ピザチェーン店「NAPOLI(ナポリ)」「Napoli'S(ナポリス)」などのブランドで全国チェーン店を展開し...

[ 資金繰り ]

資金繰りが悪い理由 ~銀行と上手に付き合っていない④~資金繰り表
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。前回に引き続き、銀行と上手に付き合う方法につい...

[ 資金繰り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ