コラム

 公開日: 2016-05-02  最終更新日: 2016-05-04

「利益」の本質 キャッシュフローとの違い②

前回、利益について書きましたが、





具体例で見てみましょう。







前回と同じ設定です。




Aさんは4月に10,000円を出資して会社を設立しました。

10,000円で@1,000円の電卓を10個買いました。




5月になって@1,000円の電卓10個を@1,500円で全て

販売しました。




前回の例では4月に仕入として10,000円差し引かれましたが、

これは実は費用ではなくキャッシュフローと言う事でした。




そして今回、利益計算する場合は4月の売上が0ですので

売上に対応する費用を計上する事は出来ません。

従って仕入れた10,000円は差し引かれません。




その結果以下の計算になります。




4月の利益=「4月の売上高」-「4月の売上に対応する費用」

         =売上0円ー費用0円

         =0円




5月は、4月に10,000円で仕入れた電卓の在庫を販売して売上高

15,000円を得ました。

従って5月の利益計算では売上は15,000円で、費用は10,000円

となります。




以下の計算となります。




5月の利益=「5月の売上」-「5月の売上に対応する費用」

       =売上15,000円-費用10,000円

       =5,000円







以上の通り4月の利益は0円で、5月の利益は5,000円となります。







前回計算したキャッシュフローでは4月には-10,000円のキャッシュ流出、

5月には15,000円のキャッシュ流入でした。







これで、利益とキャッシュフローが同じものでない事がわかりましたね。


前回、利益について書きましたが、





具体例で見てみましょう。







前回と同じ設定です。




Aさんは4月に10,000円を出資して会社を設立しました。

10,000円で@1,000円の電卓を10個買いました。




5月になって@1,000円の電卓10個を@1,500円で全て

販売しました。




前回の例では4月に仕入として10,000円差し引かれましたが、

これは実は費用ではなくキャッシュフローと言う事でした。




そして今回、利益計算する場合は4月の売上が0ですので

売上に対応する費用を計上する事は出来ません。

従って仕入れた10,000円は差し引かれません。




その結果以下の計算になります。




4月の利益=「4月の売上高」-「4月の売上に対応する費用」

         =売上0円ー費用0円

         =0円




5月は、4月に10,000円で仕入れた電卓の在庫を販売して売上高

15,000円を得ました。

従って5月の利益計算では売上は15,000円で、費用は10,000円

となります。




以下の計算となります。




5月の利益=「5月の売上」-「5月の売上に対応する費用」

       =売上15,000円-費用10,000円

       =5,000円







以上の通り4月の利益は0円で、5月の利益は5,000円となります。







前回計算したキャッシュフローでは4月には-10,000円のキャッシュ流出、

5月には15,000円のキャッシュ流入でした。







これで、利益とキャッシュフローが同じものでない事がわかりましたね。

この記事を書いたプロ

有限会社エーエスシー [ホームページ]

経営コンサルタント 遠藤信行

大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL:06-6885-1563

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載
大商ニュース2017/1/25

大阪商工会議所「大商ニュース」 「“日本一“明るい企業情報」2017.1.25に掲載されました。

 
このプロの紹介記事
遠藤 信行さん(えんどう・のぶゆき)さん

成長が長続きする会社を(1/3)

 創業した会社が3年目を迎えられる確率は3割に満たないといわれています。会社を起こすことはそんなに難しくはないですが、続けていくことはとても大変です。2016年の年間倒産件数(負債総額1000万円以上)は8446件に達しました。1日に20社...

遠藤信行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社を成長させたい社長のための「社長の財務パートナー」

会社名 : 有限会社エーエスシー
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL : 06-6885-1563

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6885-1563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

有限会社エーエスシー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「どんぶり勘定」から脱しなければならない時期は?②
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。 前回の続きをお話いたします。 自計...

[ 脱どんぶり勘定 ]

「どんぶり勘定」から脱しなければならない時期は?①
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。 先日、「脱!どんぶり勘定」というテー...

[ 脱どんぶり勘定 ]

脱!どんぶり勘定
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。みなさん、「どんぶり勘定」って聞かれた事が...

[ 経営 ]

会社の命運は「経営に対する社長の考え方次第」~決算書で全てわかります~
イメージ

今日は、ちょっと視点を変えてお話しします。会社の決算書を多く見ていると、業績が悪い会社に共通する...

[ 経営 ]

資金繰りが悪い理由 ~銀行と上手に付き合っていない⑤~経営計画書
イメージ

今回は、経営計画書についてご説明します。まずはじめに、「経営計画書」と「事業計画書」は何が違うの...

[ 資金繰り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ