コラム

 公開日: 2016-05-03  最終更新日: 2016-05-04

「利益」の本質 キャッシュフローとの違い③

では、そもそも利益とは何を表わすものなのでしょうか?








利益とは「キャッシュの変化」を表わすものではなく、




「財産の変化」を表わすものなのです。




つまり、ある企業が「利益を出しました」と言った場合、キャッシュが増えた

と言っているのではなく、その企業の財産が増えたと言っているのです。




つまり所有財産が増えたわけです。

反対に、ある企業が損失を出したと言う場合、その企業が所有する財産

が減ったことを意味します。







以下の計算式が成り立ちます。







財産=「企業の所有物」ー「企業の借り入れ」










では、この計算式を前回までの設例で確認してみます。







4月1日時点での財産     「所有物」 =      キャッシュ10,000円

                   「借り入れ」=               0円

                   4月1日時点での財産=     10,000円




4月1日現在ではキャッシュが10,000円で借金は0円です。

その結果財産は10,000円です。




4月にキャッシュ10,000円で@1,000円の電卓10個を合計10,000円分を仕入

れました。




4月末日時点での財産     「所有物」=       電卓10個 10,000円

                   「借り入れ」=             0円

                   4月末日時点での財産=      10,000円




4月末日時点ではキャッシュは残っていませんが、10,000円に相当する

電卓を所有しています。

4月末時点の財産は同じく10,000円です。 売上は0円で利益も損失も0円です。




今度は5月を見てみます。




5月に電卓10,000円分(@1000円×10個)を15,000円(@1,500円×10個)

で売上げました。




5月末日時点での財産     「所有物」=       キャッシュ 15,000円

                   「借り入れ」=               0円

                   5月末日時点での財産=     15,000円







このように、4月末=5月1日の10,000円から5月末日15,000円へと

5,000円の利益が出たのです。







まとめると以下の通りです。




4月1日キャッシュ10,000円→4月末日電卓10,000円   財産変化 ゼロ  利益  0円




5月1日電卓10,000円→5月末日キャッシュ15,000円   財産変化プラス  利益5,000円










以上のように、、利益とは「財産の変化を表わすもの」なのです。







従って、利益とキャッシュは違います。







しかし、利益とキャッシュは長期的には一致します。




検証してみましょう。







利益の本質。キャッシュフローとの違いの①をもう一度

ご覧下さい。




4月のキャッシュフローは-10,000円




5月のキャッシュフローは+15,000円




4月と5月のトータルで見てみると、

-10,000+15,000円=5,000円




そうなんです、4月5月トータルではキャッシュフローは5,000円、

4月5月トータルの利益は0円+5000円=5,000円で

利益も5,000円です。




両方とも同じ5,000円となります。







以上の事から次のように言う事も出来ます。










「利益とは将来のキャッシュフローを予測させるものである」













ここまでで、利益の本質について、少しわかって頂けましたでしょうか?

この記事を書いたプロ

有限会社エーエスシー [ホームページ]

経営コンサルタント 遠藤信行

大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL:06-6885-1563

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載
大商ニュース2017/1/25

大阪商工会議所「大商ニュース」 「“日本一“明るい企業情報」2017.1.25に掲載されました。

 
このプロの紹介記事
遠藤 信行さん(えんどう・のぶゆき)さん

成長が長続きする会社を(1/3)

 創業した会社が3年目を迎えられる確率は3割に満たないといわれています。会社を起こすことはそんなに難しくはないですが、続けていくことはとても大変です。2016年の年間倒産件数(負債総額1000万円以上)は8446件に達しました。1日に20社...

遠藤信行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社を成長させる「社長の財務パートナー」

会社名 : 有限会社エーエスシー
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL : 06-6885-1563

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6885-1563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

有限会社エーエスシー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「どんぶり勘定」から脱しなければならない時期は?②
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。 前回の続きをお話いたします。 自計...

[ 脱どんぶり勘定 ]

「どんぶり勘定」から脱しなければならない時期は?①
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。 先日、「脱!どんぶり勘定」というテー...

[ 脱どんぶり勘定 ]

脱!どんぶり勘定
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。みなさん、「どんぶり勘定」って聞かれた事が...

[ 経営 ]

会社の命運は「経営に対する社長の考え方次第」~決算書で全てわかります~
イメージ

今日は、ちょっと視点を変えてお話しします。会社の決算書を多く見ていると、業績が悪い会社に共通する...

[ 経営 ]

資金繰りが悪い理由 ~銀行と上手に付き合っていない⑤~経営計画書
イメージ

今回は、経営計画書についてご説明します。まずはじめに、「経営計画書」と「事業計画書」は何が違うの...

[ 資金繰り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ