コラム

 公開日: 2016-10-05  最終更新日: 2016-10-17

資金繰りが悪い理由② 決算書(1)

前回のブログで、資金繰りが悪い原因として6つ挙げました。

その中で、
「①社長は決算書を読めますか?」
という質問ですが、いかがでしたか?

何故これが重要かというのは、大体わかりますよね?

答えは、
「決算書」には会社の情報がぎっしり詰まっているからです。

会社の情報を読めなければ、対策はとれません。

決算書の構造は、以下のようになっています。





決算書は、あと一つ、キャッシュフロー計算書(C/S)という表もありますが、

基本は上記の貸借対照表(B/S)と、損益計算書(P/L)の2つです。
キャッシュフロー計算書(C/S)はこのB/SとP/Lが出来れば、
この2つの表から導かれるという構造になっており、
B/SとP/Lの関係を表したものといえます。

ですから、基本的に覚えなければならないのは、上記のB/SとP/Lです。
読み方はビーエスとピーエルと読みます。

では、ビーエス(B/S)から見て行きますね。
上の図をもう一度見て下さいね。

簡単にいいますと、B/S(ビーエス)は会社にある財産の状況を表わすもの。
財産といっても、プラスの財産とマイナスの財産があります。





プラスの財産のことを、「資産(しさん)」といいます。
マイナスの財産のことを、「負債(ふさい)」といいます。

プラスの財産-マイナスの財産=純資産(じゅんしさん)=自己資本(じこしほん)
という、計算式が成り立ちます。

ここでプラスの財産(=資産)には、何があるのでしょう?
持っていて嬉しいものと考えて下さい。

現金・預金・建物・車 などです。
これらは、持っていて嬉しいですよね!

次に、マイナスの財産(=負債)には、何があるでしょうか?

借金・未払金などです。
借金は嫌ですよね?
早く返したいですね。
未払金も、早くなくなって欲しいですよね。
これらが負債です。

では、最後の純資産(じゅんしさん)=資本(じこしほん)とは、何でしょうか?

等式から、何となくわかりますよね。

全体の「自分が持っている資産」から、「借金・未払金」を差し引いたもの。
ということは、「純粋に自分の持ち物」

これのことを、純資産(じゅんしさん)、あるいは自己資本(じこしほん)
と呼びます。

こうやって見ていくと、純資産や自己資本は多い方が良いですか?
少ない方が良いですか?

多い方が良いですよね~

そうなんです!
会社が強くなるには、純資産・自己資本を増やしたいのですよね~

それじゃあ、社長!
自社の純資産・自己資本が、
昨年より増えてるか?減っているか?

自社の決算書2期分で、比較してみて下さい?

どうですか?

えっ、減ってる・・・ ピンチですね。
えっ、しかもマイナス!
それは大ピンチですね。

でも、まだ大丈夫ですよ!
ただ、今期は絶対増やして下さいね!!

これが、貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)=(B/Sびーえす)なんです。

繰り返しますが、これは、会社の財産の状況を表わす表です。

えっ、これが資金繰りにどう影響するのか?って。
いや、これを見ると資金繰りは一目瞭然なんですよ!

次回は、損益計算書(そんえきけいさんしょ)=(P/Lピーエル)の
説明しますね。

今日はこれで終わりです。
お疲れ様でした。



資金繰りについて、ご相談を承ります。
「お金に強い会社に変わる」資金繰り改善コンサルティング
有限会社エーエスシー

http://www.asc-s.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

財務コンサルタント 遠藤信行へのお問い合わせはこちら。

http://mbp-osaka.com/asc-s/detail/

電話06-6885-1563(受付 平日9:00~17:00)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナーに関するお問い合わせはこちら。

http://www.asc-s.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を書いたプロ

有限会社エーエスシー [ホームページ]

経営コンサルタント 遠藤信行

大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL:06-6885-1563

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載
日本一明るい経済新聞

日本一明るい経済新聞 2015. 9.30に掲載されました。

 
このプロの紹介記事
遠藤 信行さん(えんどう・のぶゆき)さん

従業員30人以下の中小企業の経営改善をサポートします(1/3)

 日本の会社の99.7%は中小企業です。そこで働く人は全雇用者の約7割を占め、まさにわが国の経済や産業活動を支える柱になっています。でも大企業に比べ、賃金や労働条件などで不満を抱えている人が多いのも現実です。そんな中小企業の経営改善をサポー...

遠藤信行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

中小企業が「お金を増やす会社に変わる」

会社名 : 有限会社エーエスシー
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL : 06-6885-1563

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6885-1563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

有限会社エーエスシー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
資金繰りが悪い理由⑤ 決算書(4)
イメージ

B/S とP/Lの説明の後で、3つ目の決算書である、キャッシュフロー計算書(C/F)について説明しておきます。 ...

[ 資金繰り ]

資金繰りが悪い理由④ 決算書(3)
イメージ

前回の損益計算書(P/Lピーエル)のところで、利益(当期純利益)について述べましたが、少し追加させて頂きます...

[ 資金繰り ]

資金繰りが悪い理由③ 決算書(2)
イメージ

前回は貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)のお話をしましたが、今回は損益計算書(そんえきけいさんしょ...

[ 資金繰り ]

中小企業経営者のための 「賢いお金の運用術」セミナー
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。前回の「経営者のための決算書の読み方講座」に引...

[ セミナー&講演 ]

経営者のための決算書の読み方講座~入門編~
イメージ

こんにちは。財務コンサルタントの遠藤信行です。10月も引き続き、新大阪でセミナーを開催いたします。内...

[ セミナー&講演 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ