コラム

 公開日: 2016-11-02 

資金繰りが悪い理由④ 決算書(3)

前回の損益計算書(P/Lピーエル)のところで、
利益(当期純利益)について述べましたが、少し追加させて頂きます。





どれくらいの利益を出せば良いのか?

というところで、業界とか会社の状況によると述べましたところ、
ご質問が沢山ありまして・・・

その中で多かったのが、
「そうはいっても、大体標準的にいってどれ位か?」
という質問でした。

そこで、ご質問にお答え致しますと、考え方の一つとして、
以下のような考え方があるという事を披露しておきます。


「72の法則」というのをご存じですか?
手元のお金を2倍にするための年数です。

金利(%)×年数=72

例えば、10年で手元のお金を1,000万円から2,000万円にしたいとします。
72÷10年=7.2%
10年で2倍にするには、7.2%の金利が必要なのです。

これを損益計算書に当てはめると、
1,000万円の現金を全額投資して、1,000万円の売上を上げて、
その7.2%の利益を出すとします。

これを10年間コンスタントに繰り返せば、現金は1,000万から2,000万に増えます。

手元のお金を2倍(2,000万)にしたければ、
資産=売上=1,000万との前提で、
7.2%の利益を出し続ければ、お金は10年で2倍になります。

しかし、これは税引き後の利率です。

<実効税率>約30%とすると、税引き後7.2%の利益を出すには、
0.072÷(1-0.3)=0.10285 ⇒10.29%となります。

税引き前では、10.29%の利益が必要となります。

つまり10年後にお金(キャッシュ)を2倍にしたければ、
毎年税引き前で、10%超の利益が必要なのです。

上場企業でも高収益企業といわれている優良企業は、
これ位の利益を出しています。

まあ、そこまで行かなくても、10年で1.5倍の現金(キャッシュ)にしたいと
いうのでしたら、単純に5%の税引き前の利益を出すことになりますね。
(税引き後では、3.5%の利益)


大体このような基準で適正な利益額を考えるのも、
ひとつの参考にはなるかと思います。

えっ、5%の利益なんて大変です!!って?

社長おっしゃる通り!
大変ですよ!!

5%の利益がほおっておいて自然に出る程、世の中甘くありません。
血の滲むような努力が必要なんです。


ですから、会社は1円の無駄もしている場合ではないのです。

そして、これを管理する役割が経理なんです。
経理はただ、数字を集計するだけではないのです。

経営に役立つように管理するから、「経理」なのです。

ですから、利益を5%出すためには、
まず、今日から経理を見直しましょう!


資金繰りについて、ご相談を承ります。
「お金に強い会社に変わる」資金繰り改善コンサルティング
有限会社エーエスシー

http://www.asc-s.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

財務コンサルタント 遠藤信行へのお問い合わせはこちら。

http://mbp-osaka.com/asc-s/detail/

電話06-6885-1563(受付 平日9:00~17:00)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナーに関するお問い合わせはこちら。

http://www.asc-s.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を書いたプロ

有限会社エーエスシー [ホームページ]

経営コンサルタント 遠藤信行

大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL:06-6885-1563

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載
大商ニュース2017/1/25

大阪商工会議所「大商ニュース」 「“日本一“明るい企業情報」2017.1.25に掲載されました。

 
このプロの紹介記事
遠藤 信行さん(えんどう・のぶゆき)さん

成長が長続きする会社を(1/3)

 創業した会社が3年目を迎えられる確率は3割に満たないといわれています。会社を起こすことはそんなに難しくはないですが、続けていくことはとても大変です。2016年の年間倒産件数(負債総額1000万円以上)は8446件に達しました。1日に20社...

遠藤信行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社を成長させたい社長のための「社長の財務パートナー」

会社名 : 有限会社エーエスシー
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL : 06-6885-1563

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6885-1563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

有限会社エーエスシー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「どんぶり勘定」から脱しなければならない時期は?②
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。 前回の続きをお話いたします。 自計...

[ 脱どんぶり勘定 ]

「どんぶり勘定」から脱しなければならない時期は?①
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。 先日、「脱!どんぶり勘定」というテー...

[ 脱どんぶり勘定 ]

脱!どんぶり勘定
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。みなさん、「どんぶり勘定」って聞かれた事が...

[ 経営 ]

会社の命運は「経営に対する社長の考え方次第」~決算書で全てわかります~
イメージ

今日は、ちょっと視点を変えてお話しします。会社の決算書を多く見ていると、業績が悪い会社に共通する...

[ 経営 ]

資金繰りが悪い理由 ~銀行と上手に付き合っていない⑤~経営計画書
イメージ

今回は、経営計画書についてご説明します。まずはじめに、「経営計画書」と「事業計画書」は何が違うの...

[ 資金繰り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ