コラム

 公開日: 2017-09-09 

社長の時間を作るには?

おはようございます。
財務コンサルタントの遠藤でございます。

前回、難しい簿記の仕訳のお話をしましたら、
案の定、多くの社長さんからは、
「そんなこといったって、簿記なんか勉強してる時間なんかない」
との声が多かったですね。

そうですね・・・
中小企業の社長さんは、皆さん実際忙しいですからね。







そこで私はある社長さんに言いました。
「社長の時間が作れる方法を、教えましょうか?」

そしたら、その社長さん、
「何?」 「何?」って興味を示されたので、

「じゃあ社長さんだけに、特別にお教えしますよ」
って、じらすと社長さんは、

「早く教えてくれよ~」
とせかすので、やっと言いました。

「社長の時間を作るには、社長の今の仕事を人に任せることですよ」

と言ったら、社長さん、顔を真っ赤にして

「なんだ、それが出来たら世話ないわ!」
って言うので、私はすぐさま反撃。


「社長、最初から出来ないと思ってるでしょう?」

「なんか良い方法あるのかね?」

「それは社長がやろうと思うかどうか?なんです。
最初から、あきらめてたらあきませんよね」

って言ったら、

「なんやそんなことか?」

って余計怒って、その社長さん帰ってしまいました。


まあ、普通はそうでしょうね。
でも、これが平均的なごく普通の社長さんの反応です。

ただ、この話、
実は松下幸之助さんの実話を
私が真似して、他の社長さんに言ったのです。

これはこういう話なんです。
松下幸之助さんが生前、ある講演会をされていました。
かの有名なダム式経営について、話をされたんです。

ダム式経営とは、
「経営はあたかもダムに水をためるように、お金をためて行くのです。
そしていざと言うときには、ダムからあたかも水を放流するようにお金を使うので、
そのためには普段からコツコツコツコツとお金をためる必要がある・・・」

このようなお話をされたんですよ。

そしたらある経営者の方がすくっと立ち上がって、

「我々は毎日ぎりぎりで経営してます。どうしたらそんなこと
が出来るんですか?」 

と質問されたんです。


それに対して松下幸之助さんは、こう言われました。

「それは、まずそうしようと思うことでんな・・」 

会場では、そこら中から失笑が出たそうです。

ただ、その会場の中に現在の京セラ名誉会長稲盛和夫さんがおられたのです。

稲盛さんはこう思われたそうです。

「そうだ、まず思うことだ、これだ!!」

これは稲盛さんの本に出てくる有名なお話です。

同じ話を聞いても、ほとんどの社長さんは
「そんなこと言われてもな~」
と反発します。

でも、出来る社長は、ちょっと違います。

「待てよ、これひょっとして・・・」

この差なんです。


なんでこの違いがあるかと言うと、
前者のほとんどの社長さんは、いっちゃ悪いですけど
普段から、あまり考えてないのです。

でも、後者の「まてよ・・・」の社長さんは、
普段からいやというほど考えてるんです。

脳みそから汗が出るくらい、「どうしたら会社は良くなるか?」
ということを。

さらに、本やセミナーで寸暇を惜しんで勉強している。

この違いなんです。


社長!
時間は社長が作ろうと思えば、
いくらでも作れるんです。

「まず思う!」

これですよね。
次回に続きます。

財務体質改善・資金繰りについて、ご相談を承ります。

お客様の会社を未来に向かって成長させる「社長の財務パートナー」
財務コンサルティング
有限会社エーエスシー

http://www.asc-s.jp/

この記事を書いたプロ

有限会社エーエスシー [ホームページ]

経営コンサルタント 遠藤信行

大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL:06-6885-1563

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載
大商ニュース2017/1/25

大阪商工会議所「大商ニュース」 「“日本一“明るい企業情報」2017.1.25に掲載されました。

 
このプロの紹介記事
遠藤 信行さん(えんどう・のぶゆき)さん

成長が長続きする会社を(1/3)

 創業した会社が3年目を迎えられる確率は3割に満たないといわれています。会社を起こすことはそんなに難しくはないですが、続けていくことはとても大変です。2016年の年間倒産件数(負債総額1000万円以上)は8446件に達しました。1日に20社...

遠藤信行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様の会社を未来に向かって成長させる社長の財務パートナー

会社名 : 有限会社エーエスシー
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL : 06-6885-1563

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6885-1563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

有限会社エーエスシー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
利益って一体何?③ 損益計算書(P/L)の利益のその後の行先はどこ?
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤でございます。今日は利益のお話の第三弾「損益計算書(P/...

[ 利益って何? ]

利益って一体何?② 「ドラッカーの言う利益の意味とは?」
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤でございます。前回に引き続き、利益について書かせて頂きま...

[ 利益って何? ]

利益って一体何?① 「どの利益が一番大事?キャッシュフローとの関係は?」
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤です。少しご無沙汰しておりました。暑い日が続きますが、...

[ 利益って何? ]

損益分岐点の売上があればよいのか?(いわゆるトントンでよいのか?)
イメージ

こんにちは。財務コンサルタントの遠藤でございます。前回、損益分岐点の話をしました。損益分岐点とは...

[ 損益分岐点 ]

損益分岐点売上高とは、何か?
イメージ

こんにちは。財務コンサルタントの遠藤信行です。 今日は、損益分岐点売上高についてお話します。 「損...

[ 損益分岐点 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ