セミナー・イベント情報

経営者のための決算書の読み方講座~入門編~

  • [ ビジネス ]
開催日
概要

■日 程 2016年9月12日(月曜日) 10:00~12:00(受付:9:30~)

■場 所 大阪市立青少年センター(KOKO PLAZA)会議室806
      (JR京都線「新大阪駅」東口(南側)より徒歩約5分)
   
      〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-13 TEL:06-6370-5421

■講師  有限会社エーエスシー 代表取締役/財務コンサルタント 遠藤 信行

■参加費 2,000円(当日、会場にてお支払願います)

■セミナー終了後、1時間の無料個別相談付き (希望者のみ、限定2名様・先着順)

経営者の方のお悩みの一つに、「簿記が全くわからない」という声をよくお聞きします。
簿記を学ぶには、かなりの時間がかかり、すぐにはマスターできません。

しかし、決算書の読み方なら、すぐにマスターできて、明日から活用できます。
決算書の読み方をマスターすることによって、「お金に強い経営者」になることができます。

世の中のカリスマ経営者の方々は、決算書の読み方をマスターすることにより、経営を拡大しています。

決算書の読み方がわかると、「売上が上がっても、お金がない状態」「会社にお金を残す方法」や「銀行に借入する場合、いくらまで借りれるかどうか」「お金に余裕が出来、先行投資する」などの課題が解決できるきっかけをつかめます。

この「決算書の読み方講座~入門編~」でエッセンスを知ることによって、「少しでも苦手意識をなくして頂きたい!」、そして経営者の方に「お金に強い会社に変わって頂きたい!」と思い、今回のセミナーを開催することになりました。

ぜひ、このセミナーで、お目にかかれることを楽しみにしております。

遠藤信行(会社が変わる企業財務コンサルのプロ)

有限会社エーエスシー

  • 電話:06-6885-1563 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:土曜・日曜・祝日

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
メディア出演・掲載
大商ニュース2017/1/25

大阪商工会議所「大商ニュース」 「“日本一“明るい企業情報」2017.1.25に掲載されました。

 
このプロの紹介記事
遠藤 信行さん(えんどう・のぶゆき)さん

成長が長続きする会社を(1/3)

 創業した会社が3年目を迎えられる確率は3割に満たないといわれています。会社を起こすことはそんなに難しくはないですが、続けていくことはとても大変です。2016年の年間倒産件数(負債総額1000万円以上)は8446件に達しました。1日に20社...

遠藤信行プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様の会社を未来に向かって成長させる社長の財務パートナー

会社名 : 有限会社エーエスシー
住所 : 大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2-3 チサン第7新大阪420号 [地図]
TEL : 06-6885-1563

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6885-1563

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤信行(えんどうのぶゆき)

有限会社エーエスシー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
利益って一体何?② 「ドラッカーの言う利益の意味とは?」
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤でございます。前回に引き続き、利益について書かせて頂きま...

[ 利益って何? ]

利益って一体何?① 「どの利益が一番大事?キャッシュフローとの関係は?」
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤です。少しご無沙汰しておりました。暑い日が続きますが、...

[ 利益って何? ]

損益分岐点の売上があればよいのか?(いわゆるトントンでよいのか?)
イメージ

こんにちは。財務コンサルタントの遠藤でございます。前回、損益分岐点の話をしました。損益分岐点とは...

[ 損益分岐点 ]

損益分岐点売上高とは、何か?
イメージ

こんにちは。財務コンサルタントの遠藤信行です。 今日は、損益分岐点売上高についてお話します。 「損...

[ 損益分岐点 ]

「どんぶり勘定」から脱しなければならない時期は?②
イメージ

おはようございます。財務コンサルタントの遠藤信行です。 前回の続きをお話いたします。 自計...

[ 脱どんぶり勘定 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ