コラム

2014-11-23

アカペラコラム1〜アカペラ楽譜アレンジについて〜

何人かが集まって、アカペラで何か歌おう!という時、何らかの楽譜を用意するのが一般的ですが、市販されているものに満足できない場合、自分達で編曲(アレンジ)を施すことになります。

僕が編曲する上で大切にしたいのは、その曲が、本来持っている「良さ」を極力ジャマしないようにすることです。大抵の曲にはポイントとなる箇所があります。それはいわゆるサビのメロディーなどのわかりやすい部分である必要は必ずしもなく、自分がその曲のどこに魅力を感じたか、という「ポイント」です。これがない曲というのは、編曲するにも非常にやりにくい。例えば、多くの人はサラリと聴き流してしまうであろう間奏の中のワンフレーズなどが、自分の感性を刺激してきたなら、そこを起点に編曲のアイディアが広がるということが少なくありません。

編曲しようとする曲が、既によく知っている曲の場合、原曲(ここで言う原曲とは、△△という曲を◻︎◻︎が歌ったバージョンなどの「カバーもの」も含みます)を改めて聴き過ぎない方がいいこともあります。編曲するつもりで注意深く聴くと、これまで気づかなかった音やリズムを発見することがありますが、それよりも覚えている範囲でのイメージ、印象的なフレーズや響きなどを優先するわけです。

これは何故かというと、大抵の曲は、それがポップスであれジャズであれ、5つ以上の音が鳴っているわけで、これを残らず声にするのはそもそも無理だからです。何か特徴的なフレーズが鳴っている時、そのバックで流れる他の音の中には、思い切って省いた方がいいものもあったりして、この辺りは、こういう時にはこうする、と一概に言えるものではありません。

僕の場合は、五線紙に向かうまでに何度もその曲が頭の中で流れますが、自分でも面白いと思うのは、この時アカペラで鳴るとは限らないことです。それはジャズのコンボであったり、弦楽四重奏であったり、フルオーケストラであったりします。その曲にとって最も自然、或いは効果的だと思われる演奏形態で、頭の中で完成形が鳴る。それをBe in Voicesの場合なら5つの声にどう振り分けるか、それがつまり僕にとっての「編曲」ということになります。

こうして書き上げた楽譜をみんなで歌ってみると、今ひとつ面白くない、ということもある。頭の中ではいい感じなのに、です。失敗です。僕の場合、こんなケースでは「欲張りすぎ」が多いですね。聴こえる音をあれもこれも書いてしまった、などです。

そんな時、楽譜を前にさてどうしたものかと散々悩んでいると、メンバーの一人がサラリと「こうすればいいじゃないか」などと、その場の思いつきでモノを言ったりするのですね。試しにその通りやってみると、これがまた悔しいことに面白かったりする。時間をかけたからといって良いものができるわけではないという好例です。
……こんなことを繰り返しながら、今日もせっせと編曲をしているわけです。

                           Be in Voices リーダー 泉 かずしげ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こちらのコラムも合わせてご覧ください。
アカペラコラム2〜アカペラとゴスペルはどう違うのか?〜
アカペラコラム3〜音楽における推進力について〜
アカペラコラム4〜コードのお話〜
アカペラコラム5〜微妙な音をとる〜

この記事を書いたプロ

Be in Voices (ビーインボイセス) [ホームページ]

歌手・ダンサー 青山玲子

兵庫県尼崎市南武庫之荘1-3-1-2F アロージャズオーケストラ・ミュージックスクール内 [地図]
TEL:090-8204-0988

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

31
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
公演•活動内容
アカペラ芸術鑑賞会

Be in Voicesは年間およそ15公演ほど芸術鑑賞会での演奏の依頼を頂いております。校歌のオリジナルアカペラアレンジをはじめ、アカペラクリニックの開催やボイス...

メンバー紹介
イメージ

vocal and trumpet ユン ファソン1973年7月21日大阪生まれ。在日韓国人3世。大阪音楽大学音楽学部へ入学、トランペットを竹森健二、奥田章三の両氏に...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
青山 玲子(あおやま・れいこ)さん

ハーモニーで感動とやすらぎを届けます(1/3)

 結成20年以上のキャリアを誇るアカペラコーラスグループ「Be in Voices(ビーインボイセス)」のプロモーション及びマネジメントを引き受けるのはメンバーの青山玲子さん。「人の声だけによって奏でられる音楽『アカペラ』を多くの人達により...

青山玲子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

音楽の専門教育を受けたメンバーによる本格アカペラグループ

会社名 : Be in Voices (ビーインボイセス)
住所 : 兵庫県尼崎市南武庫之荘1-3-1-2F アロージャズオーケストラ・ミュージックスクール内 [地図]
TEL : 090-8204-0988

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-8204-0988

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青山玲子(あおやまれいこ)

Be in Voices (ビーインボイセス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ハーモニーの素晴らしさが風景になって入ってくるようで心が震えた。

120名お越し頂いたお客様。 任意のアンケートに80枚も...

酒心館にて。
  • 女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
学校の校歌作成。
イメージ

アカペラコーラスグループ、Be in Voicesメンバーのユンファソンが、高知市 土佐山小中一貫教育校『土佐山学舎...

[ 依頼演奏 ]

アカペラ楽譜販売『なごり雪』
イメージ

1992年結成、アカペラグループBe in Voices結成から23年、500曲以上のレパートリーがあります。そ...

[ アカペラ楽譜 ]

アカペラ楽譜『卒業写真』
イメージ

Be in Voicesアレンジのアカペラ楽譜が完成しました!『卒業写真』と『なごり雪』の2曲です。ーーーーーーー...

[ アカペラ楽譜 ]

予餞会にて『旅立ちの日に』をアカペラ演奏しました。
イメージ

アカペラコーラスグループBe in Voices(ビーインヴォイセス)、加古川市立神吉中学校の予餞会にてアカペラ生演...

[ 芸術鑑賞会・音楽 ]

ボイスパーカッション体験をしてもらいました。名古屋の中学校でアカペラ鑑賞会。
イメージ

アカペラグループBe in Voices(ビーインヴォイセス)、名古屋の中学校からお招き頂き、合唱コンクールでのゲ...

[ 芸術鑑賞会・音楽 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ