コラム

 公開日: 2014-06-19  最終更新日: 2014-08-06

昔ながらのホテルは落ち着く。

最近久しぶりに都ホテルへお邪魔しました。
しかも4月と5月でそれも偶然シェラトン都ホテルの大阪と東京でした。
前から感じていたことだが、やはりホテルは落ち着く雰囲気がある。
昨日今日できたばかりの結婚式場専門の会場とは違い、ゆっくりとした時間の流れを感じる。
これは宮本だけがそう思っているのではなく他の映像スタッフや会場で知り合った他の業者のクリエーターたちと話してみてもそのような答えが返ってくる。
逆にいうと昨今の専門結婚式場がとげとげしく、せかせかして温かみを感じないからそうなのかもしれない。
ホテルにはまずキャプテンをはじめ熟練のスタッフがいて、なにか尋ねても何かお願いしてもきちんと答えてくれるのだ。
そうではない結婚式専門の会場の場合は、何か尋ねると、直ぐに答えが返ってこない。
誰かその知識のあるスタッフを連れてくる、それは良いのだが、大変待たされた挙げ句に大体は否定的な回答をされる。こちらがしたいこと、要望は会場の進行や雰囲気に邪魔になりそうなことは、やらせたくない、させないオーラが全面に出てくる対応をされてしまうのです。
エンドロールで撮影に来てるのに、編集場所は場所を提供できませんという会場をどうおもいますか?
ホントにそんな場所が無いんだとあなたなら納得することができますか?
ホテルで同じ質問をしたならあなたのために最善を尽くしてくれることでしょう。
外部業者として仕事をする時、そこがホテルならホッとします。
やはり昔ながらのホテルは落ち着く。

この記事を書いたプロ

大阪ブライダルビデオ ビデオクリア [ホームページ]

カメラマン 宮本重男

大阪府大阪市西成区長橋3-3-12 [地図]
TEL:06-6562-2777

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
宮本 重男(みやもと・しげお)さん

業界最安値で上質のウエディングビデオを提供(1/3)

 結婚式は、新郎新婦にとって一生の思い出となる大切なセレモニー。その幸せなひとときを映像に収めるウエディングビデオは、最近の式に欠かせないものになっています。しかし、それが式場やホテルの専属カメラマンの撮影となると、無難でオーソドックスな内...

宮本重男プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

一生の思い出となるブライダルビデオを業界の最安値で上質に提供

会社名 : 大阪ブライダルビデオ ビデオクリア
住所 : 大阪府大阪市西成区長橋3-3-12 [地図]
TEL : 06-6562-2777

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6562-2777

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本重男(みやもとしげお)

大阪ブライダルビデオ ビデオクリア

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お礼が遅くなりました。

先日はお世話になり、ありがとうございました。 映像は何度...

今井
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
京都東山のSOHODOで記録を撮る
イメージ

2016年1月23日に東山のSODOHへ行ってきた。記録ビデオの撮影です。私(宮本)は新婦のおじさんで新婦...

[ 持ち込み対策 ]

最近の持ち込み対策について
イメージ

昨年2015年度は持ち込みに対する結婚式場側の締め付けが特に厳しい傾向になっていたようだ。その傾向はこの年...

[ 結婚式場での出来事 ]

スイスホテルでスナップと記録とエンドロール
イメージ

10月3日スイスホテル南海でスナップ・ビデオ・エンドロールのいわゆる三点セットを撮ってきました。いま、は...

[ 結婚式場での出来事 ]

同支社クラーク記念館でのプランナー

5月9日、京都は同支社大学内にあるクラーク記念館での結婚式のビデオを撮りに行きました。花嫁さんからは、本...

[ 会場ランク ]

帝国ホテルでエンドロール

帝国ホテルへお邪魔しました。大阪では伝統と格式からか昔からリーガロイヤルホテルが一流の座を占めていた感...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ