コラム

 公開日: 2016-04-28  最終更新日: 2016-05-06

胸を大きくする体操って本当にあるの?筋肉とバストアップの関係

筋肉を鍛えても胸は大きくなりません!

「胸を大きくしたい!」
「年々垂れてきた!」
「授乳後にしぼんじゃったバスト、どうにかならない?」

そんなふうにバストにお悩みの女性であれば、一度は見たことがあるのではないでしょうか。

胸を大きくする 体操

このポーズ。
手のひらを体の前で合わせて大胸筋を鍛えるという、例の筋トレです。

こちらのポーズに限らず、実は筋肉を鍛えることはバストアップと直結しないんです!
今回は、『胸を大きくしたい方』と、『垂れてしまった胸の位置を上げたい方』の2タイプに分けて、バストアップの仕組みをお話しさせていただきます。

筋肉を鍛えると、脂肪は燃焼されやすくなります

まずは『胸を大きくしたい方』。

バストのボリュームは、9割が皮下脂肪です。
皮下脂肪は、筋肉を鍛えると燃焼されやすくなりますよね。

水泳選手のボディラインをイメージしていただけると分かりやすいかと思いますが、女性であっても大胸筋をムキムキに鍛えると、筋肉が四角く浮き出はしますが、丸みのあるバストからは遠ざかってしまいます。

大胸筋を鍛えると、垂れたバストはその場で固まります

次に、『垂れてしまった胸の位置を上げたい方』。

大胸筋のバストに対する役割は、バストの位置をキープすることです。
ですので、すでにバストが垂れてしまっている場合、大胸筋を鍛えることでバストの位置がメキメキと上に上がってくることはありません。

これ以上垂れないようにする予防にはなりますが、現状の(垂れた)位置で固まってしまうため、逆に持ち上げにくくなってしまいます。

胸を大きくするための体操は、筋トレよりもストレッチから

ここまでお話しすると、「じゃあ筋力が無い方がバストアップできるの?」と疑問に思われるかと思いますが、そういうわけではないんです。
ボリュームアップしたい場合も、位置を上げたい場合も、大胸筋をやみくもに鍛えることよりも先に、するべきことがあります!

ボリュームアップしたい方に意識していただきたいのが、バスト=皮下脂肪 という事実。
バストにバランスの良い皮下脂肪を付けるためには、大胸筋を鍛えるよりも、ほぐすことの方が重要です。

小胸に悩む女性の大半は、肩や首、背中が凝っています。
体の背面(背中側)が凝っていると、全面(バスト側)も同じように凝り固まっています。
ですので、大拠金を鍛えようと筋肉を固く緊張させてしまうより、ストレッチで縮こまった筋肉を緩めることで上半身の血流を良くしていくことが、バストアップのポイントとなります。


では、位置を上げたい場合は?
大胸筋を鍛えると、バストは今の場所で固まります。

「これ以上垂れないように」という予防には良いのですが、もっと上に持ち上げて美しいバストに戻していきたいですよね!
その場合は、筋肉を鍛えるよりも先に垂れてしまったバスト(皮下脂肪)を、戻したい位置まで持ち上げることがポイントになってきます。

まずはマッサージでバストをほぐして上に持ち上げやすく整え、ブラジャーを活用してバストを高い位置でキープしましょう。
理想の位置まで上がるようになってきたら、その時こそ大胸筋を鍛えるタイミングです!

バストケアには順番が大切

今回は大胸筋とバストの関係をお話しさせていただきましたが、バストケアには生物学に基づいた理論が存在します。
大胸筋を鍛えることには、筋肉を動かすことでの血流・リンパの流れの促進や、皮下脂肪の土台としての働き、骨格(姿勢)を維持する役割など、様々な意味があります。

バストのお悩み(小さい・大きい・左右差・下垂等)には、必ず原因があります。
その原因を理解して、適切にアプローチしていく。
理論に基づいて、向き合い育んでいくことで、バストは必ず美しくよみがえります!

バストケアとは特別なことではなく、毎日のスキンケアやヘアケアのような、美容習慣の一つなんです。

胸を大きくする 体操

この記事を書いたプロ

一般社団法人 日本バストケア協会 [ホームページ]

ビューティアドバイザー 南育枝

大阪府大阪市北区浪花町14-33 OMビル510 [地図]
TEL:06-6373-0028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
南 育枝(みなみ・いくえ)さん

当たり前の美容習慣として、バストケアを根付かせたい(1/3)

 形や大きさ、加齢に伴う変化など、バストについて悩みやコンプレックスを持つ女性は多いのではないでしょうか。でも、きちんと相談できる場所はというと、すぐ思いつかないのも現実です。 2015年4月に設立された一般社団法人 日本バストケア協会は...

南育枝プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

骨格・血流・水分代謝に基づく、正しいバストケア方法を発信

会社名 : 一般社団法人 日本バストケア協会
住所 : 大阪府大阪市北区浪花町14-33 OMビル510 [地図]
TEL : 06-6373-0028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6373-0028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

南育枝(みなみいくえ)

一般社団法人 日本バストケア協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
健やかで美しいバストを育む『バストケア理論(TM)』とは?
イメージ

 バストケア理論(TM)とは? バストという、胸部の皮下脂肪の形を美しいお椀型に整えることです。見た...

[ バストケアの基礎研究 ]

日本ではじめての、バストケアの基礎研究所
イメージ

 日本ではじめての、バストケアの基礎研究所B.C.Laboratory(バストケアラボラトリー) 『バストは遺伝だ...

[ バストケアの基礎研究 ]

胸を大きくするには、メカニズムを知ることが大事
イメージ

 バストのお悩み第1位は『小さい』『大きくしたい』がダントツ! バストのお悩みを調査したデータはたくさん...

[ 胸を大きくする方法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ