コラム一覧

1件~15件(78件)

過去の15件

究極の安定職業とは?

イメージ

よくテーマでも扱っていますが、発達障害を持つお子さんの保護者からのご相談で多いのが、将来の仕事のご相談です。この質問に対する私の回答は決まっているため、今回は別ブログでも書いた内容と一部重なりますが、今後日本や世界はどうなっていくから、どういった考え方が必要なのかにつ... 続きを読む

発達障害支援-将来のこと

2018-01-17

シンギュラリティ到来による、これから無くなる仕事・生まれる仕事

イメージ

先日、「シンギュラリティと教育の未来」というテーマのシンポジウムに参加してきました。というのも副題が、<これからなくなる仕事、これから新しく生まれる仕事>というものだったから、とても興味を持ちました。シンギュラリティとはお聞きになった方も居るかもしれませんが、... 続きを読む

自己理解と成長-コミュニケーション

2018-01-16

場所によってすることを切り替える

今回はご本人からのご相談になります。【作業でも宿題でも最後まで終わらせられない自分】に対してどうしたらいいかというご相談について今回はお答えしたいと思います。 場所とすることは条件付けされている 人によるとは思いますが、人は普段することと場所とは強... 続きを読む

発達障害支援-マインド

2018-01-14

発達障害の人が仕事を作るという発想

発達障害の方が雇用されると考えるとどうしても前回お伝えしたようなことを避けて通ることは出来ません。しかし、一方でこれは相談を受けたわけではないので、一部どころか主観まみれかもしれませんが、とある業界では発達障害を持っている方が活躍されている場所もありますので、こちらを... 続きを読む

発達障害支援-将来のこと

2018-01-09

発達障害の最適な職業選択の仕方

イメージ

発達障害を持つお子さんの保護者から多い相談として、『うちの子はちゃんと仕事に就けるんでしょうか?ちゃんと働けるんでしょうか?』というものがあります。障害者枠での就労という選択肢もあるとは思いますが、最近はそれも厳しい現状があるようです。発達障害の子を採用するよりは、... 続きを読む

発達障害支援-将来のこと

2018-01-08

大人の癇癪。アンガーマネジメント法について

成人の発達障害相談を受けていると、「僕こんな本を見つけたんですが」とアンガーマネジメントの本を持って来られる方が居られます。書いてある内容は本当のことだと思うんですが、発達障害の方にその方法だと伝わらん!と思うこともしばしばあります。今回は発達障害の方のための... 続きを読む

発達障害支援-性格

2018-01-07

親亡き後、子どもの未来を考える

『自分が居なくなった後、発達障害を持つ我が子はどんな生活をしているのか?』『その時に困らないためにどんな準備が必要で、今出来ることとは何なのか?』『何を助けてもらえて、何を助けてもらえないのか?』こういった質問が後を断ちません。おそらく、これ以外にも気にな... 続きを読む

発達障害支援-将来のこと

2018-01-06

治療の予後が良い方の特徴

以前も簡単に、ご本人に発達障害が(例え軽度であっても)ある自覚がある方の方が、治療は早くより適応的になりやすいとお伝えしました。今回は、予後の良い方の特徴についてお話したいと思います。 自覚がないと困り感も持続もない 発達障害における治療とは「自己に気づき変容する... 続きを読む

発達障害理解と支援

2018-01-05

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。とかく2017年は発達障害という単語をよく聞き、また解決に向けて動き出す組織(や行政)が多い一年だったと感じています。正直多くのサイトや他社さんをじっくり読ませてもらっていますが、本質的なところの... 続きを読む

お知らせ(スケジュール)

2018-01-04

困り感がない発達障害を持つ、パートナーのお悩み

今回は成人の方の発達障害の困り感の番外編として、発達障害のパートナーを持つ方の困り感について、お話したいと思います。実は、大人の発達障害の問題の多くは、職場でのコミュニケーションと、パートナーとのコミュニケーションの2つに分けられます。今まで職場でのコミュニケー... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-27

発達障害にとっての「継続は力なり」

カウンセリングで境界性人格障害(BPD)の方の治療でも「継続すること」の大切さは説明するのですが、今回は発達障害の方における「継続性の意味」をお伝えしたいと思います。ここが腑に落ちるとお子さんの能力が一気に開花する可能性が高いですので、是非覚えておいて下さい。 す... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-26

発達障害物を忘れることへの対処法

発達障害のお子さんは、例えばADHDと診断されていても、どこかしらASD(自閉スペクトラム症)の要素を持っていたり、逆にASDであってもADHDの要素を持っていたりするものです。今回はよくご相談を受ける、よく物を忘れてしまうということについて、お答えしたいと思います。 発達... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-24

得か損かで考える考え方

塾内カリキュラム内では発達障害とオンラインの相性の良さについて伝えているのですが、その際によく使う例として、「どっちが得か損か」という話をさせてもらうと響くことが多いです。今回は事例をあげながら、発達障害の方の世界の見え方を伝えてみたいと思います。発達障害にと... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-23

集中したときの能力は天下一品

一定経験された大人の発達障害の方はご理解いただけると思うのですが、ゲームであれ、パソコンであれ、発達障害の方の、1つに没頭した時の力というものは、非常に高いものがあります。格闘技や音楽などもそうですが、パターンを淡々とこなしていったり、その時のシミュレーションを何度も何... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-22

自分を傷つけないために【割り切る】

過去の「トラウマ(とみなさんおっしゃいます)」からなかなか抜け出られない方は多いです。また同様の理由で、職場や学校で「友だちが出来ないことへの悩み」をずっとお持ちの方も多いです。今回はより幸せになるための考え方として、【割り切る】というテクニックをお教えします... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-21

1件~15件(78件)

過去の15件

RSS
セミナー・イベント
サービス概要
生き方改革塾

生き方改革塾~発達障がいを持つ母子ための働き方・稼ぎ方スクール~❑子どもが発達障害(障がい)と診断された。❑我が子はコミュニケーションが苦手である。そ...

 
このプロの紹介記事
船曳泰孝(ふなびき・たいこう)さん

あなたの強みを生かす「一点突破」のセラピーで、人生を前向きにとらえましょう(1/3)

 「同僚や上司とうまくコミュニケーションがとれない」「一つのことに強くこだわってしまい、それ以外のことへ注意を向けられない」――。大阪市内でセラピスト業を営む臨床心理士、舩曳泰孝さんのもとには、組織や社会での「生きづらさ」を訴える人が数多く...

舩曳泰孝プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

豊富な経験と知識をベースに、実践的なセラピーを行います

会社名 : CBT
住所 : 大阪府大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前第1ビル4階CB内 [地図]
大阪市内にいくつかの相談室スペースをご用意しております。ご予約時、お近くの相談室をご案内します。
TEL : 06-6326-7951

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6326-7951

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舩曳泰孝(ふなびきたいこう)

CBT

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
究極の安定職業とは?
イメージ

よくテーマでも扱っていますが、発達障害を持つお子さんの保護者からのご相談で多いのが、将来の仕事のご相談です...

[ 発達障害支援-将来のこと ]

シンギュラリティ到来による、これから無くなる仕事・生まれる仕事
イメージ

先日、「シンギュラリティと教育の未来」というテーマのシンポジウムに参加してきました。というのも副題...

[ 自己理解と成長-コミュニケーション ]

場所によってすることを切り替える

今回はご本人からのご相談になります。【作業でも宿題でも最後まで終わらせられない自分】に対し...

[ 発達障害支援-マインド ]

発達障害の人が仕事を作るという発想

発達障害の方が雇用されると考えるとどうしても前回お伝えしたようなことを避けて通ることは出来ません。...

[ 発達障害支援-将来のこと ]

発達障害の最適な職業選択の仕方
イメージ

発達障害を持つお子さんの保護者から多い相談として、『うちの子はちゃんと仕事に就けるんでしょうか?ちゃんと...

[ 発達障害支援-将来のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ