コラム

 公開日: 2018-01-09 

発達障害の人が仕事を作るという発想

発達障害の方が雇用されると考えるとどうしても前回お伝えしたようなことを避けて通ることは出来ません。



しかし、一方でこれは相談を受けたわけではないので、一部どころか主観まみれかもしれませんが、とある業界では発達障害を持っている方が活躍されている場所もありますので、こちらを今回はご紹介したいと思います。



社長という選択肢


その業界とは、経営者です。

簡単に言うと、お金をもらっている側だと、発達障害の方は自分に合わせて仕事を調整してもらうことは難しい(『自分だけが楽をしようとするな!』などと言われてしまう)のですが、逆にお金を払う側になれば、「給料払っているんだから、フォローはちゃんとしてよ。逆に仕事なくなると困るのあなただよね」と立場を上から言うことが出来るのです。もちろんあえて上から物を言う必要はありませんが、ものの例えです。



要は人に使われるから、コミュニケーションが苦手なことが足を引っ張ることになったり、企業のやり方に自分を合わせなくてはいけないから、自分は浮いてしまうのです。社長であれば、それは社長だからみんなと違って当たり前です。



実は私自身色んな方とお会いするご縁をいただくことが多いのですが、結構経営者の中には、濃い薄いはありますが、発達障害の因子を持っている人が少なからず居られます。



またインターネットの世界のビジネスも習い、教えていますが、こちらの業界でもアフィリエイター(商品を紹介する人)と呼ばれる方やコンテンツホルダー(塾でやり方を教える人など)で、月収100万とか年商が億を超えている人の中には少なくない数の方が発達障害を持っているように感じます。



おそらくですが、1つのことをとことん突き詰めないと気がすまない性格が、ビジネスの世界と合致するとこういう能力を発揮するんだなと思うことがしばしばあります。



発達障害でも成功する経営者とは


誤解がないように、成功している全ての経営者が発達障害だと言っているわけではありません。



ただ、インターネットの業界では発達障害の方の割合が多いですし、経営者の中でも一定数居られます。



彼らの共通する成功の因子というのも簡単にお伝えしておくと、

・自分を外から見ることも出来る(突っ走るときがあったとしても)

・自分の足りないところ・苦手なところを理解している。

・それを補うための人やツールを知っている。

・上手く行くまで諦めない。

・上手く行かない場合はとことんまで分析する。



ということがあるように感じます。要は自分を知り、自分という車をよく乗りこなしているんですね。



なので自分を知ることは発達障害の方の社会適応の第一歩でもあり、全ての答えでもあるのです。自己の障害を認められない限り、その方はどうしても壁に、それも早い段階でぶつかります。



経営者と言っても


経営者と言っても、今は税務署に書類を2枚提出するだけで、「個人事業主」にはすぐなれます。従業員0でもいいのです。



先程少しお伝えしたアフィリエイターの方などは、人を雇っている人もいますが、自分でされておられる方も多々居られます。



なので文章を書く力が必要になりますし、そのためにはたくさんのインプットが必要なので速読をお伝えしているわけです。



自分を客観的に見るためにも文章を書くことは役立ちます。

まずは個人事業主という選択肢を考えてみてもいいかもしれません。

手帳を取得していても個人事業主にはなれます。



まとめ


究極社会に自分を合わせるか、自分に社会を合わせさせるかです。

ただ後者の場合は、ビジネスの根本であったり、あることを知らなければなりません。



これは塾生だけの内容なのでブログに書くことは出来ません。

入塾してからそういった選択肢が世の中にはあり、既に上手くやれている人が山ほど居ることも是非知ってもらいたいのです。



知らないだけで、あなたの生き方の選択肢は無限にあるのですから。


関連記事はこちらから

発達障害治療プログラム受講者の声はこちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CBT代表 臨床心理士 舩曳 泰孝(ふなびき たいこう)

公式LINE@           
https://line.me/ti/p/%40pzl5581m

お問い合わせ先
info☆cbtskill.com
(実際送付される場合は☆を@に変えてお送り下さい)

この記事を書いたプロ

CBT [ホームページ]

臨床心理士 舩曳泰孝

大阪府大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前第1ビル4階CB内 大阪市内にいくつかの相談室スペースをご用意しております。ご予約時、お近くの相談室をご案内します。 [地図]
TEL:06-6326-7951

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
サービス概要
生き方改革塾

生き方改革塾~発達障がいを持つ母子ための働き方・稼ぎ方スクール~❑子どもが発達障害(障がい)と診断された。❑我が子はコミュニケーションが苦手である。そ...

 
このプロの紹介記事
船曳泰孝(ふなびき・たいこう)さん

あなたの強みを生かす「一点突破」のセラピーで、人生を前向きにとらえましょう(1/3)

 「同僚や上司とうまくコミュニケーションがとれない」「一つのことに強くこだわってしまい、それ以外のことへ注意を向けられない」――。大阪市内でセラピスト業を営む臨床心理士、舩曳泰孝さんのもとには、組織や社会での「生きづらさ」を訴える人が数多く...

舩曳泰孝プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

豊富な経験と知識をベースに、実践的なセラピーを行います

会社名 : CBT
住所 : 大阪府大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前第1ビル4階CB内 [地図]
大阪市内にいくつかの相談室スペースをご用意しております。ご予約時、お近くの相談室をご案内します。
TEL : 06-6326-7951

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6326-7951

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舩曳泰孝(ふなびきたいこう)

CBT

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
究極の安定職業とは?
イメージ

よくテーマでも扱っていますが、発達障害を持つお子さんの保護者からのご相談で多いのが、将来の仕事のご相談です...

[ 発達障害支援-将来のこと ]

シンギュラリティ到来による、これから無くなる仕事・生まれる仕事
イメージ

先日、「シンギュラリティと教育の未来」というテーマのシンポジウムに参加してきました。というのも副題...

[ 自己理解と成長-コミュニケーション ]

場所によってすることを切り替える

今回はご本人からのご相談になります。【作業でも宿題でも最後まで終わらせられない自分】に対し...

[ 発達障害支援-マインド ]

発達障害の最適な職業選択の仕方
イメージ

発達障害を持つお子さんの保護者から多い相談として、『うちの子はちゃんと仕事に就けるんでしょうか?ちゃんと...

[ 発達障害支援-将来のこと ]

親亡き後、子どもの未来を考える

『自分が居なくなった後、発達障害を持つ我が子はどんな生活をしているのか?』『その時に困らないためにどん...

[ 発達障害支援-将来のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ