コラム

 公開日: 2018-04-02 

自信を持つために重要なポイント

生き方改革塾 臨床心理士の舩曳です。



失った自信を回復させる方法について今回はお話ししたいと思います。



なぜ人は自信を失うのか


幼少期の母子関係から、成功体験の乏しさ、発達障害の影響など原因は様々言われていますが、原因を過去に求めると、過去の出来事は変えられないため、自信回復のためには視点を変える工夫が必要だと言えます。



セラピーやカウンセリングで扱うものは、「(過去は過去として受け止めた上で)今ここで」起こっている感情ですし、同じく受容されつつ「じゃあ次に自信を持ちやすくするためにはどうしたらいいのか」ということを扱っていきます。



原因という悪者探しをするだけではなく、一緒に改善方法を提示していくことも、大事なことです。もしあなたが今仮に自信回復のための支援を受けていて、原因探しに終始している場合には、セラピストやカウンセラーに「じゃあどうしたら自信回復出来ますか?」と次のステップも確認しながら進めていきましょう。



自信回復のために


自己実現の項目ではよく出てくる、自信回復のためのファーストステップですが、





【目線を下げる】



ことをご提案しています。



例えば子育てで自信を失っている方に対しては、怒らないことよりも「怒った後に、褒める(注:怒った後にごめんなさいを言えたら褒めてあげることは、難しいことではありません)」ことを提案します。そうすると怒った後からでも、キャッチアップ(フォローすること、追いつくこと)が出来ますので、怒ってしまった体験だけではなく、「怒った後にフォロー出来た成功体験」として、自己イメージを高く保つことが可能になります。



また仕事で失敗続きで自信を失っている方の場合には、マインドとして、「その上手く行かなかった方法を当時の自分が選択したのは、次に同じ失敗で取り返しがつかなくなったかもしれない。その可能性を早めに洗い出せた」と考えるようにします。そのうえで、次に同じ失敗を繰り返さないための原因分析をしていきます。



まずは失敗に対するポジティブな意味付けをしていくことが重要であると考えます。



自信回復のための仕込み


青学の長距離マラソンの原監督は「ランクを下げる」ということを言っています。

補足すると、「最終的な目標は変えなくてもいいので、期限を決め、それに合った目標を設定する」ことが重要だと、原監督は説いています。



成功体験が自信を作り上げるため、高い目標を掲げ失敗するよりは、小さな目標に分けることで、達成可能な目標にしていくことがとても重要です。



長い目では、エベレストに登る目標を立てることはいいですが、期限や今の自分では達成が難しそうと感じた際には、まずは富士山を、富士山で厳しければ、金剛山(関西圏で山登りで有名な山です)をと目線を少しずつ下げていくことが重要です。



そして原監督より一歩考えを進めて(原監督は自信を持つための初心者に対する教えとして上記を説いたのであり、上級者にはこの話をしていると思われます)目線を下げることを次のスモールステップに分けるでお伝えしたいと思います。



自信を持つためのスモールステップ


上記したランクを下げるとは、期限を決めたなら、その間に達成可能な目標にすることを指します。期限に合った、それこそ身の丈にあった目標設定がランクを下げるです。





今回お伝えするスモールステップはもう少しその先の話しです。



例えば30才までに結婚するという目標は、相手があってのことなので、あまり望ましくありません。



ここでのスモールステップとは、結果ではなく、



【自分が出来る行動に焦点を当てる】



ということです。



望ましい成果(例えば結婚)とは、その成果を出すための行動全て(結婚の例であれば、身なりに気を使う、髪型に気を使う、自分に似合うメイクを考える、出会いの数を増やすなど)をやり続けた結果起こるものです。



営業でいくらうまい営業マンでも、一発でうまくいくものではありません。

アポの取り方から、その時に事前に話した仕込みトークであったり、当日の自分の振る舞い、クロージング等全てのことが影響して、その成果に至ります。



そのため、目標をスモールステップに分ける上で、成果に至るために自分の行動が明確かどうかというのも1つのポイントとなります。



「頑張る」とか「数を当たる」はファジーであり、行動に落とし込めていないがむしゃらな行動は、決して自信には結びつかないことを是非知っておいて下さい。



ランクを下げるのではなく、自己実現のために自己分析、特に結果に至る行動について、きちんと考え、その行動を明確とし、継続することが自信を持つためには必要となります。



そういった自信を持つためにも自己実現は非常に有効な方法なので、是非行動に落とし込むようにして下さい。



これらの内容については、動画の中でも扱っていますので、こちらも参照して下さい。
動画はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発達障害の治療と支援【生き方改革塾】
代表 臨床心理士 舩曳 泰孝(ふなびき たいこう)

公式LINE@           
https://line.me/ti/p/%40pzl5581m

お問い合わせ先
info☆ikikai.net
(実際送付される場合は☆を@に変えてお送り下さい)

この記事を書いたプロ

生き方改革塾 [ホームページ]

臨床心理士 舩曳泰孝

大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル4階CB内 大阪市内にいくつかの相談室スペースをご用意しております。ご予約時、お近くの相談室をご案内します。 [地図]
TEL:06-6326-7951

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
サービス概要
生き方改革塾

生き方改革塾~発達障がいを持つ母子ための働き方・稼ぎ方スクール~❑子どもが発達障害(障がい)と診断された。❑我が子はコミュニケーションが苦手である。そ...

 
このプロの紹介記事
船曳泰孝(ふなびき・たいこう)さん

発達障害者が、自ら望む生き方の出来る社会を目指して(1/3)

 ミスや忘れ物が多い、「空気を読む」のが苦手、衝動的に行動してしまうことがある……。これらはADHD(注意欠陥多動障害)、ASD(自閉スペクトラム症)など、発達障害によくみられる特性で、学校や職場での対人関係にしばしば問題を生じさせます。...

舩曳泰孝プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

コミュニケーションスキルを獲得し、発達障害の強みを伸ばします

屋号 : 生き方改革塾
住所 : 大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル4階CB内 [地図]
大阪市内にいくつかの相談室スペースをご用意しております。ご予約時、お近くの相談室をご案内します。
TEL : 06-6326-7951

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6326-7951

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舩曳泰孝(ふなびきたいこう)

生き方改革塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【日程】オンライン説明会後のご相談会、ご質問説明会のご案内

発達障害の治療と支援【生き方改革塾】舩曳です。今年度前半のオンライン説明会後のご相談会・ご質問会日程を...

[ お知らせ(スケジュール) ]

発達障害と雑談スキル

発達障害の治療と支援【生き方改革塾】臨床心理士の舩曳です。最近発達障害の方から、「周りの人と何をど...

[ 発達障害支援-コミュニケーション力 ]

発達障害の改善と支援のプロとして読売新聞様にご紹介いただきました
イメージ

生き方改革塾 臨床心理士の舩曳です。今回読売新聞のマイベストプロのコーナーで発達障害の...

[ お知らせ(スケジュール) ]

子どもの才能を伸ばそうと必死になっていませんか?
イメージ

発達障害の改善と支援 生き方改革塾臨床心理士の舩曳です。こちらのカリキュラム内でもお伝えしています...

[ 発達障害支援-子育て全般 ]

潜在意識を活用し、一瞬で自信を身につける方法とは
イメージ

自己実現セラピー 臨床心理士の舩曳です。「自信を付けたい」「前向きに生きたい」「自分らしく生きたい...

[ 自己理解と成長-潜在意識活用 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ