コラム一覧 :発達障害理解と支援

1件~15件(21件)

過去の15件

治療の予後が良い方の特徴

以前も簡単に、ご本人に発達障害が(例え軽度であっても)ある自覚がある方の方が、治療は早くより適応的になりやすいとお伝えしました。今回は、予後の良い方の特徴についてお話したいと思います。 自覚がないと困り感も持続もない 発達障害における治療とは「自己に気づき変容する... 続きを読む

発達障害理解と支援

2018-01-05

困り感がない発達障害を持つ、パートナーのお悩み

今回は成人の方の発達障害の困り感の番外編として、発達障害のパートナーを持つ方の困り感について、お話したいと思います。実は、大人の発達障害の問題の多くは、職場でのコミュニケーションと、パートナーとのコミュニケーションの2つに分けられます。今まで職場でのコミュニケー... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-27

発達障害にとっての「継続は力なり」

カウンセリングで境界性人格障害(BPD)の方の治療でも「継続すること」の大切さは説明するのですが、今回は発達障害の方における「継続性の意味」をお伝えしたいと思います。ここが腑に落ちるとお子さんの能力が一気に開花する可能性が高いですので、是非覚えておいて下さい。 す... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-26

発達障害物を忘れることへの対処法

発達障害のお子さんは、例えばADHDと診断されていても、どこかしらASD(自閉スペクトラム症)の要素を持っていたり、逆にASDであってもADHDの要素を持っていたりするものです。今回はよくご相談を受ける、よく物を忘れてしまうということについて、お答えしたいと思います。 発達... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-24

得か損かで考える考え方

塾内カリキュラム内では発達障害とオンラインの相性の良さについて伝えているのですが、その際によく使う例として、「どっちが得か損か」という話をさせてもらうと響くことが多いです。今回は事例をあげながら、発達障害の方の世界の見え方を伝えてみたいと思います。発達障害にと... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-23

集中したときの能力は天下一品

一定経験された大人の発達障害の方はご理解いただけると思うのですが、ゲームであれ、パソコンであれ、発達障害の方の、1つに没頭した時の力というものは、非常に高いものがあります。格闘技や音楽などもそうですが、パターンを淡々とこなしていったり、その時のシミュレーションを何度も何... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-22

自分を傷つけないために【割り切る】

過去の「トラウマ(とみなさんおっしゃいます)」からなかなか抜け出られない方は多いです。また同様の理由で、職場や学校で「友だちが出来ないことへの悩み」をずっとお持ちの方も多いです。今回はより幸せになるための考え方として、【割り切る】というテクニックをお教えします... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-21

終わりにすることが苦手なお子さんへの対処法

ゲームやマンガなど、遊びに限らず、終わりにすることが苦手なお子さんは発達障害に限らず、一定数居られます。今回は、終わりにすることが苦手なお子さんへの対処法をお伝えします。仕込み事前約束のことです。保護者が先に、『ゲームは一日○時間まで!』でも、『遊ぶのは宿題は... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-19

発達障害児童のための環境調整

今回は少し込み入った話をしたいと思います。というのも、今回お伝えする、お子さんの行動の先読みという技術は、ある程度の経験が必要だからです。例えば感情的にならないまでも、身近に発達障害のお子さんと接していたら、可愛いけど、何かしら感情的に逆なでする行動を取ることが多い... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-19

脱線しがちなお子さんへの軌道修正方法

「そういえば実は他にも・・・」ということでご相談いただく内容で、多いのが発達障害児童への説明を聞いているときに脱線させられることが多いということです。今回は脱線時の軌道修正方法についてお話したいと思います。脱線を修正するのにエネルギーを必要とする例えば、ASDで... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-18

困り感が本人にない場合の対処法

これは、ご本人というより、保護者や学校の先生、支援機関のスタッフからよく質問されることです。もしも困り感がご本人にない場合、あるいはご家庭に発達障害と気づいておらず、学校や支援機関での不適応行動から発達障害が疑われる場合、どのように診断に繋げたらいいのかということにつ... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-15

不適応行動への対応について

イメージ

先日、大阪市内の小学校で児童の不適応行動に対応するための問題解決手順というテーマで研修をしてきました。学校現場で今お困りのこととして多いのは、不登校問題と、集団における発達障害の不適応行動(クラスを乱す、授業の妨害をする、興奮すると手に負えないなど)のようです... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-15

子どもが一方的に話してしまうときには

学校場面でも、家庭の場面でもよくあることですが、【子どもが一方的に話してしまうこと】にお困りの方が多いようです。話したい気持ちを抑えるべきか学校や幼稚園など一定のルールがある場所で起こりがちなのが、先生などの価値観などによる、「人が話すときは黙って聞い... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-14

職場にいる「困った人」についての対応・考え方

イメージ

臨床心理士の舩曳です。専門家によるニュース解説サイトJIJOCOさんに掲載されることとなりました。テーマは、【職場にいる「困った人」についての対応・考え方】です。実はブログ記事からの社員への接し方に頭を悩ます経営者や社長向けに普段お話してい... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-05

発達障害の治療と支援

イメージ

 【発達障害の治療と支援】 以前から少しずつお伝えしていた、発達障害の治療と支援生き方改革塾のHPが完成しました。http://ikikai.net/シンプルにどんな内容なのかを見たい方はこちらをどうぞ。http://ikikai.net/about全12回で、発達障害の根本となる治療... 続きを読む

発達障害理解と支援

2017-12-04

1件~15件(21件)

過去の15件

RSS
セミナー・イベント
サービス概要
生き方改革塾

生き方改革塾~発達障がいを持つ母子ための働き方・稼ぎ方スクール~❑子どもが発達障害(障がい)と診断された。❑我が子はコミュニケーションが苦手である。そ...

 
このプロの紹介記事
船曳泰孝(ふなびき・たいこう)さん

発達障害者が、自ら望む生き方の出来る社会を目指して(1/3)

 ミスや忘れ物が多い、「空気を読む」のが苦手、衝動的に行動してしまうことがある……。これらはADHD(注意欠陥多動障害)、ASD(自閉スペクトラム症)など、発達障害によくみられる特性で、学校や職場での対人関係にしばしば問題を生じさせます。...

舩曳泰孝プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

コミュニケーションスキルを獲得し、発達障害の強みを伸ばします

屋号 : 生き方改革塾
住所 : 大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル4階CB内 [地図]
大阪市内にいくつかの相談室スペースをご用意しております。ご予約時、お近くの相談室をご案内します。
TEL : 06-6326-7951

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6326-7951

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舩曳泰孝(ふなびきたいこう)

生き方改革塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
敵意がないことを伝えよう

発達障害の治療と支援【生き方改革塾】臨床心理士の舩曳です。今回は発達障害の方が苦手だけど、非常に効...

[ 発達障害支援-コミュニケーション力 ]

コミュニケーショントレーニング公開

発達障害の治療と支援【生き方改革塾】臨床心理士の舩曳です。コミュニケーションで悩む発達障害のお子さ...

[ 発達障害支援-コミュニケーション力 ]

腹が立つ行動など不適応行動への適切な対処法

発達障害の治療と支援【生き方改革塾】臨床心理士の舩曳です。きょうだいがいる場合に、より自分に注目を...

[ 発達障害支援-しつけ ]

大阪地震に学ぶ発達障害の避難対策【震災対策】

発達障害の治療と支援【生き方改革塾】臨床心理士の舩曳です。この度の震災に際し、皆様にお見舞い申し上...

[ 発達障害支援-身の回りのこと ]

大阪地震による臨時休業のお知らせ

発達障害の治療と支援【生き方改革塾】臨床心理士の舩曳です。今日はみなさんの安全を考え、またオフィス内...

[ お知らせ(スケジュール) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ