大塚謙太郎

おおつかけんたろう

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所

[ 大阪市生野区 ]

職種

コラム

2012-12-28

保育園を考える:研究集会で発表しました(後)

既製品のベビーサークル(写真7)は、低年齢児の現場ではよく使われているが、やはり檻の中にこどもを入れているようで、抵抗を感じる先生方もおられるようだ。




▲写真7

この事例のように段差を上手く用いれば、保育上のマイナスイメージを払拭する一助にもなる。設計者としては、低年齢児室に段差を設けるのは、少々勇気が必要かも知れないが、綿密な打合せを行って保育とリンクさせていけば、上手く活用していただける。依然としてここには落下防止の柵は設けられていないし、もちろん既製品のサークルも用いられていない。また、この園では写真6のように、0・1歳児保育室だけでは処理しきれなかったレベル差をホールにも利用し、舞台として活躍している。




▲写真6

【おわりに】
 段差は人間の行動を制限するから、福祉のまちづくり条例などバリアフリーやユニバーサルデザインの考え方に反する部分がでるので、各々のケースに応じて、園児の受入れ場所や、それに至る動線検討が重要であることは言うまでもない。しかし、人間の行動にある一定の指向性を与えることもできる。それが円形であれば求心性が生まれるし、高さの差が大きければ領域性が生まれる。それらを保育の目的に応じて制御した設計を行えば、それはバリアではなく、少しでも保育をサポートできる有益な要素に変貌し得るはずだ。

※1、平成20年厚生労働省告示第141号の保育所保育指針第一章2項(1)号に記載がある
※2、低年齢児の行動範囲を限定するため、木格子などの環状の囲いを設け、その中に園児を入れて保育する道具のこと。

(大塚謙太郎)

この記事を書いたプロ

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 大塚謙太郎

大阪府大阪市生野区勝山北3-2-25 いたやビル303号室 [地図]
TEL:06-4965-4365

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
実績(新築)
東喜連保育園

土間スペースのある玄関や、コーナー保育向けの大広間などの大面積のお部屋と、スヌーズレンや押入下や階段下のかくれがコーナーなどの小部屋を設け、気持ちに応じて居...

実績(改修)
てしま保育園

床面積を増やさずに保育室を拡張し、定員を増やしたプロジェクトです。こどもたちが生活しながらの改修となりましたので、騒音・振動・塵埃等などに留意しながらの慎重...

 
このプロの紹介記事
大塚 謙太郎(おおつか けんたろう)さん

こどもたちの育ちの空間を保育士の先生方とともに考えます(1/3)

 JR環状線の「桃谷駅」の東約500mにあるビルの3階が「ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所」です。杉やヒノキ、漆喰(しっくい)など天然素材を多用したロフト風のオフィス。そこで代表の大塚謙太郎さんは「私たち、ちびっ子計画は保育園の設計...

大塚謙太郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

先生方との対話を通して保育方針に沿った保育園を設計する

事務所名 : ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市生野区勝山北3-2-25 いたやビル303号室 [地図]
TEL : 06-4965-4365

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-4965-4365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚謙太郎(おおつかけんたろう)

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「保育園設計者の挑戦」
イメージ

 保育園をはじめとする、こどもたちのための建築を手掛ける全国の有志で結成したチーム「わいわい子ども広場」が...

[ 保育園設計の考え方 ]

『あたらしい働く理由をみつけよう What is your salary?』
あたらしい働く理由をみつけよう

『あたらしい働く理由をみつけよう What is your salary?』というタイトルの本が16日、いろは出版から発売されます...

[ お知らせ ]

おすすめの本: 『あなたが変える室内遊び』
イメージ

 筆者は、都内の区立保育所の保育士として、様々な遊具の研究と実践を行い、退職後、遊びの環境づくりアドバイザ...

[ おすすめの本 ]

おすすめの本:『虫眼とアニ眼』
イメージ

 本文もさることながら、巻頭口絵がおもしろい。「養老さんと話してぼくが思ったこと」と題した宮崎氏の絵が...

[ おすすめの本 ]

日々の雑感:プラッチックトロンボーン
イメージ

私のトロンボーン歴は26年で、実は建築歴より長い。ここ2年ほど、忙しさに感けて御無沙汰しているところに先日発見...

[ 日々の雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ