大塚謙太郎

おおつかけんたろう

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所

[ 大阪市生野区 ]

職種

コラム

 公開日: 2013-04-28  最終更新日: 2014-05-23

日々の雑感:建築と保育

 先日、2年前に設計させていただいた保育園の定期点検に立ち会った。和の雰囲気を取り入れた木造園舎で、本物の材料にこだわったつくりである。
 障子を提案させていただいたものの、こどもが破ってしまうのではないかと少し心配だったのだが、2年前のまま変わっる様子はない。あまりにきれいなので貼り替えていただいたのかと思い、園長におたずねしたところ、そうではないらしい。
「まったく問題ありませんよ。他の園さんでは、破れの心配から採用されないケースが多いのかもしれないが、私たちの園では逆の発想です。むしろ保育の材料として活用しています。障子を取り入れてよかった。」とのコメントをいただいた。園長の話では、こどもたちは硬い素材と柔らかい素材を敏感に感じ取り、木の柱と障子とでは触れ方が違うという。ものの扱い方を、素材から感じ取っている様子がうかがえる。 
 3歳未満児であるからこそ可能だったのかもしれないし、もう少し検証が必要だと思うが、建物そのものを教材にしてしまうという保育が存在しえるということがわかって、嬉しい気持ちでいる。しかし逆に言うと、無意識下で悪い教材を与えてしまっている場合があるということでもあり、設計者として喜んでばかりはいられない。
 ずっと保育所の設計を仕事にしていると、保育のスタイルが一様でないという当然のことに悩まされる。保育スタイルが違えば、設計も自ずと違うものになるわけだから、経験を積めば積むほど答案が増えて正解が見えにくくなるという矛盾の中で、さまようことになる。
 また、保育そのものについて、どこまで設計者が踏み込むべきかということについても、判断が難しい。第三者として客観視できる立場であるからこそ踏み込むべきなのかもしれないし、保育の実務経験のない素人だから言えてしまう余計なお世話なのかもしれず、提案するということは実に難しい。
 設計とは決断の連続である。そしてその決断の一つ一つが保育やこどもたちの生活に影響を与える。嵐のような年度末を終えて一息ついたところで、いままで設計させていただいた園舎を振り返る時間を取らせていただき、検証してみたいと思っている。事業主様には失礼な物言いになるが、間違った決断を下している場合も多くあるだろうと思う。その一つ一つを反省し、今後につなげていければと思う。
(大塚謙太郎)

この記事を書いたプロ

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 大塚謙太郎

大阪府大阪市生野区勝山北3-2-25 いたやビル303号室 [地図]
TEL:06-4965-4365

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
実績(新築)
東喜連保育園

土間スペースのある玄関や、コーナー保育向けの大広間などの大面積のお部屋と、スヌーズレンや押入下や階段下のかくれがコーナーなどの小部屋を設け、気持ちに応じて居...

実績(改修)
てしま保育園

床面積を増やさずに保育室を拡張し、定員を増やしたプロジェクトです。こどもたちが生活しながらの改修となりましたので、騒音・振動・塵埃等などに留意しながらの慎重...

 
このプロの紹介記事
大塚 謙太郎(おおつか けんたろう)さん

こどもたちの育ちの空間を保育士の先生方とともに考えます(1/3)

 JR環状線の「桃谷駅」の東約500mにあるビルの3階が「ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所」です。杉やヒノキ、漆喰(しっくい)など天然素材を多用したロフト風のオフィス。そこで代表の大塚謙太郎さんは「私たち、ちびっ子計画は保育園の設計...

大塚謙太郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

先生方との対話を通して保育方針に沿った保育園を設計する

事務所名 : ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市生野区勝山北3-2-25 いたやビル303号室 [地図]
TEL : 06-4965-4365

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-4965-4365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚謙太郎(おおつかけんたろう)

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「保育園設計者の挑戦」
イメージ

 保育園をはじめとする、こどもたちのための建築を手掛ける全国の有志で結成したチーム「わいわい子ども広場」が...

[ 保育園設計の考え方 ]

『あたらしい働く理由をみつけよう What is your salary?』
あたらしい働く理由をみつけよう

『あたらしい働く理由をみつけよう What is your salary?』というタイトルの本が16日、いろは出版から発売されます...

[ お知らせ ]

おすすめの本: 『あなたが変える室内遊び』
イメージ

 筆者は、都内の区立保育所の保育士として、様々な遊具の研究と実践を行い、退職後、遊びの環境づくりアドバイザ...

[ おすすめの本 ]

おすすめの本:『虫眼とアニ眼』
イメージ

 本文もさることながら、巻頭口絵がおもしろい。「養老さんと話してぼくが思ったこと」と題した宮崎氏の絵が...

[ おすすめの本 ]

日々の雑感:プラッチックトロンボーン
イメージ

私のトロンボーン歴は26年で、実は建築歴より長い。ここ2年ほど、忙しさに感けて御無沙汰しているところに先日発見...

[ 日々の雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ