大塚謙太郎

おおつかけんたろう

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所

[ 大阪市生野区 ]

職種

コラム一覧 :おすすめの本

1件~9件(9件)

おすすめの本:『「子育て」という政治』  少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか?

イメージ

 上尾保育所事件を、綿密な取材で深く掘り下げたルポルタージュ『死を招いた保育』で、日本保育学会第49回日私幼賞・保育学文献賞を受賞した著者が、待機児童と政治に焦点を当て、数々のデータを交えながら、生む前から保育園探しが始まるという異常な状況を、保活に臨む親の視点に立って検証す... 続きを読む

おすすめの本

2015-10-29

おすすめの本:『誰がこの子を受けとめるのか』

イメージ

 先日、こども環境学会のエクスカーションで、東京サレジオ学園を拝見したことから、児童養護施設について知りたいと思い本書を手にした。ご承知の通り、児童福祉施設は「保護者のない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを擁護し、あわせて退所した者に対す... 続きを読む

おすすめの本

2013-06-21

おすすめの本:『人生満開』

イメージ

 私は保育の実務経験がないので、保育論の是非には口をはさまない。しかし、保育所建築として大好きな園舎はいくつかある。 福岡にある「のぞみ愛児園」の園舎を名作だと思っている。1階の保育室に連続して屋根つきのテラスがあるのだが、子どもたちがいなくても、彼らが遊ぶ光景が手に取るよう... 続きを読む

おすすめの本

2013-02-02

おすすめの本:『私は2歳』

イメージ

初版が1961年であるので、私の生まれる前に書かれた本である。ひょっとすると、母も私を育てるにあたり読んだかもしれない。 2歳児の子育ては一番難しいが、同時に一番可愛らしい時期だとよく言われる。この本は、2歳児「坊や」を主人公にしながら、彼らをとりまく家族や親戚・近隣住民やお友達、... 続きを読む

おすすめの本

2013-01-25

おすすめの本:『発達障害の子どもたち』

イメージ

筆者は児童青年期精神医学が専門で、長年にわたり発達障がい児の治療に取り組んできた医師だ。「発達障害の治療に関する誤解と偏見」があまりに多く、「本当に必要なことが伝わっていない」と筆をとったそうである。冷静な目で個別の症例を見つめ、対応方法などを具体的に解説する一方で、教育や保... 続きを読む

おすすめの本

2012-11-29

おすすめの本:『スウェーデンのスヌーズレン』

イメージ

 スヌーズレンというと、耳に馴染みのない言葉かもしれない。「人間のもつすべての基本感覚を刺激し、統合させ、機能させるための環境設定法」と、本書では定義されている。 一般的な設備としては、明かりをおとした小部屋にウォーターベッドを敷いて、様々な光や音の出る装置を置いたものが多い... 続きを読む

おすすめの本

2012-09-17

おすすめの本:『赤ちゃんの不思議』

イメージ

「赤ちゃん学」という学問がある。 筆者は東京大学の教授で、その道の第一人者だ。実は、「赤ちゃん」について科学的に未解明な点が多い。私にも経験があるが、娘が赤ちゃんの頃、私があかんべーの要領で舌を出すと、彼女は同じように可愛い舌をぺろっと出したことがある。これは、「新生児模倣」... 続きを読む

おすすめの本

2012-09-03

おすすめの本:『虫眼とアニ眼』

イメージ

 本文もさることながら、巻頭口絵がおもしろい。「養老さんと話してぼくが思ったこと」と題した宮崎氏の絵が載せられている。保育園やホスピスに始まり、理想のまちづくりまで語るその数々は、建築に関わる者にとって強烈な刺激であると同時に、強力な援護射撃でもある。 宮崎氏の描く保育... 続きを読む

おすすめの本

2012-07-11

おすすめの本: 『あなたが変える室内遊び』

イメージ

 筆者は、都内の区立保育所の保育士として、様々な遊具の研究と実践を行い、退職後、遊びの環境づくりアドバイザーとして活躍中である。こども環境学会でもご一緒させていただいている。本書は、筆者が研究開発した手作り遊具を、写真や図面とあわせ紹介する、遊具のレシピ集のような一冊であ... 続きを読む

おすすめの本

2012-06-14

1件~9件(9件)

RSS
実績(新築)
東喜連保育園

土間スペースのある玄関や、コーナー保育向けの大広間などの大面積のお部屋と、スヌーズレンや押入下や階段下のかくれがコーナーなどの小部屋を設け、気持ちに応じて居...

実績(改修)
てしま保育園

床面積を増やさずに保育室を拡張し、定員を増やしたプロジェクトです。こどもたちが生活しながらの改修となりましたので、騒音・振動・塵埃等などに留意しながらの慎重...

 
このプロの紹介記事
大塚 謙太郎(おおつか けんたろう)さん

こどもたちの育ちの空間を保育士の先生方とともに考えます(1/3)

 JR環状線の「桃谷駅」の東約500mにあるビルの3階が「ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所」です。杉やヒノキ、漆喰(しっくい)など天然素材を多用したロフト風のオフィス。そこで代表の大塚謙太郎さんは「私たち、ちびっ子計画は保育園の設計...

大塚謙太郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

先生方との対話を通して保育方針に沿った保育園を設計する

事務所名 : ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市生野区勝山北3-2-25 いたやビル303号室 [地図]
TEL : 06-4965-4365

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-4965-4365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚謙太郎(おおつかけんたろう)

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「保育園設計者の挑戦」
イメージ

 保育園をはじめとする、こどもたちのための建築を手掛ける全国の有志で結成したチーム「わいわい子ども広場」が...

[ 保育園設計の考え方 ]

『あたらしい働く理由をみつけよう What is your salary?』
あたらしい働く理由をみつけよう

『あたらしい働く理由をみつけよう What is your salary?』というタイトルの本が16日、いろは出版から発売されます...

[ お知らせ ]

おすすめの本: 『あなたが変える室内遊び』
イメージ

 筆者は、都内の区立保育所の保育士として、様々な遊具の研究と実践を行い、退職後、遊びの環境づくりアドバイザ...

[ おすすめの本 ]

おすすめの本:『虫眼とアニ眼』
イメージ

 本文もさることながら、巻頭口絵がおもしろい。「養老さんと話してぼくが思ったこと」と題した宮崎氏の絵が...

[ おすすめの本 ]

日々の雑感:プラッチックトロンボーン
イメージ

私のトロンボーン歴は26年で、実は建築歴より長い。ここ2年ほど、忙しさに感けて御無沙汰しているところに先日発見...

[ 日々の雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ