大塚謙太郎

おおつかけんたろう

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所

[ 大阪市生野区 ]

職種

コラム一覧 :日々の雑感

1件~11件(11件)

日々の雑感:保育園は迷惑か

 ある児童公園の隣に住む高齢者が、公園で遊ぶこどもたちの声が喧しいと、市役所に再三にわたって訴えたところ、役所は「声を出して遊ばないように」との立札を建てた。やがてその場所では誰も遊ばなくなった。公園で黙って遊べというのは、かなり無理な注文である。喋らずに電話しろと言うのに近... 続きを読む

日々の雑感

2013-06-25

日々の雑感:美しくない表現

 わが娘「おんちゃん」は、私が仕事に忙殺されている間に3歳になった。まわりの人から「2歳が一番かわいいのよ」と言われていたので、3歳になるとかわいくなくなるのかと思いきや、以前より増してかわいいではないか。その美貌はさらに磨きがかかっている様子で、ハゲあがっていた頭も、今や豊かな... 続きを読む

日々の雑感

2013-05-02

日々の雑感:建築と保育

イメージ

 先日、2年前に設計させていただいた保育園の定期点検に立ち会った。和の雰囲気を取り入れた木造園舎で、本物の材料にこだわったつくりである。 障子を提案させていただいたものの、こどもが破ってしまうのではないかと少し心配だったのだが、2年前のまま変わっる様子はない。あまりにきれいなの... 続きを読む

日々の雑感

2013-04-28

日々の雑感:変わらないもの

イメージ

先日、仕事の都合で斑鳩方面へ出かけた折、法隆寺に立ち寄り、遠足の中学生にまじって久しぶりに参詣した。言うまでもない世界最古の木造建築群である。推古天皇の世に聖徳太子の発願で建立されて以来、1400年の月日が流れた。「五重塔」や「夢殿」も素晴らしいが、私は西院伽藍の「廻廊」が大好き... 続きを読む

日々の雑感

2013-04-25

日々の雑感:中学2年生

 先日、ある公立中学校の「キャリア学習」という講座で1時間喋ってくれないかという依頼があった。たまたまその日の予定が空いていたので受けさせていただいたが、受けてから中学2年生にどのような話をすればいいのか、と考えこんでしまった。 乳幼児には、仕事で毎日のように会っているので慣れ... 続きを読む

日々の雑感

2013-02-07

日々の雑感:美しい表現

 わたしの娘「おんちゃん」は美しい2歳児である。言うまでもなく容姿はかなり美しいのだが、その言動はさらに美しい。 「おんちゃん」は、私と風呂に入るのが大好きである。彼女にとって風呂は水遊び用のプールであると考えられている(であるから、なかなか湯を使わせてくれず、シャワーからは... 続きを読む

日々の雑感

2012-12-18

日々の雑感:重要でない文化財

イメージ

 役行者が開いたとされる、生駒山宝山寺。修験道の霊気が立ちこめるこの聖地に、突如として姿を現す擬洋風の客殿がある。明治17年に宮大工の手によって造られた、重要文化財『獅子閣』である。世にも珍しい史学科出身の建築士である私が、その薀蓄をたれるかと思いきや、そうではない。この『獅子... 続きを読む

日々の雑感

2012-11-12

日々の雑感:包丁の切れ味

イメージ

 早期教育の是非には諸説あって、これという定説はないようだ。私は、この議論には皆目興味がなく、ただ我が子が興味を示す時に、ほんものを与えてあげようと思うだけである。ものすごくかわいい私の娘は2歳である。仮に「おんちゃん」としておく。美形であるため、モーニング娘にスカウトされる... 続きを読む

日々の雑感

2012-09-25

日々の雑感:ちびっこ国宝

イメージ

先日、国宝に登城した。井伊の赤備えで名高い彦根城である。関ヶ原の後、向いの佐和山にあった石田光成の居城を廃して新たに建てられた。一度として戦に遭わなかった城で、美しい天守閣が現存している。 天守へは、ほとんど垂直ではないかと思える急階段で昇る。梯子でよかったのではないかとも... 続きを読む

日々の雑感

2012-09-10

日々の雑感:プラッチックトロンボーン

イメージ

私のトロンボーン歴は26年で、実は建築歴より長い。ここ2年ほど、忙しさに感けて御無沙汰しているところに先日発見したのは、なんとオールプラッチック製のトロンボーン。その充実のカラーラインナップは、きんぴかの真鍮製高級トロンボーンたちの間でひときわ鮮やかな、赤・青・黄・緑の4色。スラ... 続きを読む

日々の雑感

2012-08-02

日々の雑感 : 光る泥団子

 保育園をお訪ねするとよく見かけるのが、こどもたちの作った「光る泥だんご」である。もちろん私も持っている。以前にタイルメーカーINAXの常滑研究所で作らせてもらったものだ。その完全なる球体は、上質の鼻の油と無添加の耳の油でもって長年磨き続けられているので、その滑らかな土肌は深遠... 続きを読む

日々の雑感

2012-06-22

1件~11件(11件)

RSS
実績(新築)
東喜連保育園

土間スペースのある玄関や、コーナー保育向けの大広間などの大面積のお部屋と、スヌーズレンや押入下や階段下のかくれがコーナーなどの小部屋を設け、気持ちに応じて居...

実績(改修)
てしま保育園

床面積を増やさずに保育室を拡張し、定員を増やしたプロジェクトです。こどもたちが生活しながらの改修となりましたので、騒音・振動・塵埃等などに留意しながらの慎重...

 
このプロの紹介記事
大塚 謙太郎(おおつか けんたろう)さん

こどもたちの育ちの空間を保育士の先生方とともに考えます(1/3)

 JR環状線の「桃谷駅」の東約500mにあるビルの3階が「ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所」です。杉やヒノキ、漆喰(しっくい)など天然素材を多用したロフト風のオフィス。そこで代表の大塚謙太郎さんは「私たち、ちびっ子計画は保育園の設計...

大塚謙太郎プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

先生方との対話を通して保育方針に沿った保育園を設計する

事務所名 : ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市生野区勝山北3-2-25 いたやビル303号室 [地図]
TEL : 06-4965-4365

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-4965-4365

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大塚謙太郎(おおつかけんたろう)

ちびっこ計画・大塚謙太郎一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「保育園設計者の挑戦」
イメージ

 保育園をはじめとする、こどもたちのための建築を手掛ける全国の有志で結成したチーム「わいわい子ども広場」が...

[ 保育園設計の考え方 ]

『あたらしい働く理由をみつけよう What is your salary?』
あたらしい働く理由をみつけよう

『あたらしい働く理由をみつけよう What is your salary?』というタイトルの本が16日、いろは出版から発売されます...

[ お知らせ ]

おすすめの本: 『あなたが変える室内遊び』
イメージ

 筆者は、都内の区立保育所の保育士として、様々な遊具の研究と実践を行い、退職後、遊びの環境づくりアドバイザ...

[ おすすめの本 ]

おすすめの本:『虫眼とアニ眼』
イメージ

 本文もさることながら、巻頭口絵がおもしろい。「養老さんと話してぼくが思ったこと」と題した宮崎氏の絵が...

[ おすすめの本 ]

日々の雑感:プラッチックトロンボーン
イメージ

私のトロンボーン歴は26年で、実は建築歴より長い。ここ2年ほど、忙しさに感けて御無沙汰しているところに先日発見...

[ 日々の雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ