Q&A(このプロの回答)

思春期の男の子について
高校3年生息子についてですが 普段は優しくよく話もし普通なんですが、一つ気に入らないことがあると爆発し、ものをたたく大声で叫ぶなど豹変します この時期独特のストレスがあるとは思いますが 対応に困ります ものに当たっても何も変わらないからやめるよう注意しましたが たまってきてどうしようもないようです カラオケで大声出したり ランニングなど自分で発散していますが この年代はこんなもんでしょうか? 上の息子はこんなことがなかったので 下の息子は甘やかしたかなとも思いますが アドバイスお願いします
投稿日時:2013-04-16 18:52:44
医療・健康

新藤初子 しんどうはつこ

新藤初子の回答

行為だけを注意し、共感する姿勢で本音を聴いてみませんか。

つつじ様
 こんにちは。色彩の力で心と暮らしを豊かにする新藤初子です。

私が持っているスキルと高校生の男の子を持つ親の先輩の話として、
多少なりとも参考になれば幸いです。


感情が高ぶり発散したくなる事は、誰にでも大なり小なりありますよね。
例えば、喧嘩している時には、
冷静な時なら言わないような余計なコト~失言~をしてしまいがちです。



お子様に注意する時、「こんなことでは将来どうなるか?」
など心配を拡散させ感情的になるのではなく、行為だけを注意するのが大切です。
注意する時には子どものいい所を褒めることも忘れないで下さい。
人は当たり前に出来ていることには目がいかず、足りない部分に目がいくものです。
いい所を認めてもらえると自己肯定の気持ちが生まれ、自分を大切にすることができるでしょう。


ストレスの原因を知りたいなら・・・
間違った行為の中にも子どもなりの理由があるので、コトの善悪だけで終わらせず、
まず子どもの気持ちを理解しようとする姿勢で話を聴いて下さい。
共感して話を聴いてもらえると(同情ではありません)、本音が言い易くなります。
また、本音をぶちまけるだけでお子様の気持ちがすっきりするかもしれませんよ。

この時、子どもの話に突っ込みたくなっても、子ども目線に立って、
「(私なら違うけど→言わない)あなたの気持ちは、そうだったのね~。私は聴いてますよ」
というニュアンスで気持ちを汲み、頷いたり視線を合わせ共感する姿勢をとります。

必ずしも、お子様の話を聴いて親が解決策を提供するのが必要とは限りません。
ただ受容して聴くことで、話をしているお子様は自分自身のことが整理されることもあります。
問題を解決する必要がある場合も、親が押付けるよりも
本人が考えたり、選択肢の中から選ぶようにするなど、当人を尊重する方法をお勧めします。

子どもとの会話で
「あなたは○○だからやめなさい!!」よりも「○○だから、私は困ってます(心配です等)」
つつじ様の一番の感情(子どもを思って心配する気持ちかな?)を伝えてみてください。
「you」メッセージで一方的に言われるよりも「I」メッセージで話す方が
相手が受け容れ易く反発しにくいかもしれません。


 また、誰もが当てはまるのですが、「気持ちを落ち着かせる」練習を普段にしておくのもいいでしょう。
親も子もカッとなって限界の時には、深呼吸をする。とか、
相手から離れて一旦、別室で気持ちを沈める時間を作るのです。
予め決めておき、怒りが爆発する前に行います。お互いの気持ちが落ち着いてから会話をします。


不満があるとモノに当たる子どもが、私の周囲には性別問わず数人いました。
中には拳骨で壁を叩く足で蹴る等で、穴が開いてしまったケースも(男女とも)。
でも、普段はいたっていい子でしたよ。
その子たちは、大人になってからはそういう事もなくなりました。


以上、色々と申し上げましたが何か参考なることがあれば幸いです。

回答日時:2013-05-01

質問者

ありがとうございます

プロの方からコメントをいただき少し安心しました 何事も言い方ひとつですから 自分もこの時期もんもんとしていたことも思い出します なんとか大学受験を乗り越えられるよう応援していきます 有り難うございました

返信日時:2013-05-04 15:25:19

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

大東市立北条人権文化センターでの子育て中のママさんたちに向けた講座。前回はパステルアートをご依頼いただきましたが、今回は自己発見と子どもとの関わり方について...

講演・研修
イメージ

心身の健康のために暮らしの中に活かせるカラーを提供します。例えば、パステルを使ったワークで達成感を得たり、転倒事故を防ぎ心地よく暮らすための色彩提案、カラー...

 
このプロの紹介記事
新藤初子(しんどう はつこ)さん

色彩で心を潤しませんか(1/3)

 「マイペースで叱っても懲りないんだから!」と声を震わせて叱るママ。 「それは好奇心が強い創造タイプの子どもによく見られる傾向です」と色彩心理コンサルタントとして子育て支援を続ける新藤初子さんは話します。 「創造タイプはアイデアマンで夢...

新藤初子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

自らの介護経験を生かし、「色彩の力」を暮らしに活用する

会社名 : カラーハーモニー
住所 : 大阪府大阪市港区 [地図]
TEL : 090-3724-4396

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3724-4396

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新藤初子(しんどうはつこ)

カラーハーモニー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
カラー分析で自社の特色を明確に~学習塾編 パート1
イメージ

色彩の力で心と暮らしを豊かにする新藤初子です。少子化と言われながらも沢山の学習塾を目にします。各々の...

[ カラー分析・コンサルティング ]

色の力で一番伝えたいママの言葉を発信!
イメージ

色彩の力で心と暮らしを豊かにする新藤初子です。幼い頃に使ったクレヨンでワークをするとついうっかり...

[ 子どもとのコミュニケーション・ワーク他 ]

PTAで講演「カラー診断で発見!子どもが伸びるコミュニケーション法」
イメージ

色彩の力で心と暮らしを豊かにする新藤初子です。PTAなどママの組織で子育てにお悩みのお母さんにむけて発信する...

[ PTA・ママの気持が楽になる講座 ]

介護予防、生涯学習等で楽しく色彩ワーク
イメージ

色彩の力で心と暮らしを豊かにする新藤初子です。色彩の効果で心と豊かな暮らしの提案、活動をしています。色...

[ 介護医療施設・生涯学習・各種団体での講座 ]

就職活動のために色彩心理でコミュニケーションを考える講座

色彩の力で心と暮らしを豊かにする新藤初子です。就職活動では自己アピールとマッチング、コミュニケーション...

[ 就職活動支援での講座・ワーク ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ