コラム

 公開日: 2017-03-29 

妊娠中は絶対に解雇できない?

Q・ある女性社員が部下を日常的に怒鳴りつけるなどパワハラをしています。注意してもやめないので解雇しようと思いましたが、その女性社員が妊娠していることがわかりました。妊娠中は解雇できないと聞きましたが、育児休業から復帰したら解雇できますか??

A・産前産後休業+30日間は解雇できませんが、それ以外の期間は、解雇は不可能ではありません。ただし、解雇の理由が妊娠等ではないことを会社側が証明する必要があります。

妊産婦については、労働基準法と男女雇用機会均等法(以下「均等法」といいます)によって解雇が制限されています。
●『産休期間+30日は解雇できない』
 まず「産前産後休業中の期間およびその後30日間」は解雇できないことになっています。これは労働基準法による強い禁止規定です。会社の経営難でも、労働者に非があって懲戒解雇にできるような場合でも、この期間は解雇が許されません。それほど強い禁止規定です。
 唯一認められるのは、天変地異その他のやむを得ない事由のために事業の継続が不可能になり、その事由について労働基準監督署の認定を受けたときだけです。
●『妊娠中+産後1年の解雇は要注意』
 均等法では、妊娠・出産等を理由として解雇やその他の不利益な取り扱いをすることを禁止しています。
 また、「妊娠中または産後1年」を経過していない女性労働者については、さまざまな理由をつけて解雇することを防ぐため、解雇を原則無効とし、会社側が「妊婦・出産等を理由とする解雇ではない」ことを証明した場合に限り解雇が有効になるとしています。
●『育休等終了から1年以内は原則違法』
 さらに、平成27年に指針が改正され、解雇に限らず、契約の更新をしないとか、減給や降格など不利益な取り扱いについても、その事由の終了から1年以内におこなったものは原則違法と判断されることになりました。妊娠・出産だけでなく育児や介護に関する制度を利用したことを理由とする不利益な取り扱いも対象です。
 たとえば、育児休業を取ったのであれば、育児休業の終了から1年以内におこなった解雇や降格は原則違法。次の例外に該当することを会社側が証明できた場合のみ認められるとしています。

【例外①】業務上の必要性から不利益取扱いをせざるをえず、業務上の必要性が不利益取扱いの影響を上回る特段の事情があるとき
【例外②】本人が同意し、有利な影響が不利な影響を上回り、事業主から適切な説明があるなど、一般的な労働者なら同意するような合理的な理由が客観的に存在するとき

例外②は、育児との両立で大変だろうという配慮から、本人に説明した上で、残業の多い管理職から一時的に降格させるといったケースです。

●『解雇OKとなったケースも』
 冒頭のQ&Aのケースは、例外①に該当するかどうかを検討することになるでしょう。
なお、妊娠中の女性労働者が、ほかの従業員を怒鳴るなどしてたびたび注意を受けていたのに態度を改めず解雇された事案について、一審では解雇無効でしたが、二審で有効と逆転判決が出た裁判例があります。

この記事を書いたプロ

ドラフト労務管理事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 鈴木圭史

大阪府大阪市東成区中道3丁目15番16号 毎日東ビル4階 [地図]
TEL:06-4307-3931

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
優良派遣認定支援

 優良派遣事業者認定制度をご存じでしょうか。ドラフト労務管理事務所では優良派遣事業者認定の取得支援を行っています。そして、平成27年度に関与した会社が認...

ブラックでない証明

ブラック企業でもないのにその汚名をきせられていませんか?お困りの企業はご一報を。 そして、安心してください。問題をソフトランディングで改善しましょう。...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鈴木圭史(すずき・けいじ)さん

意欲を持って働ける職場を設計(1/3)

多くの経営者は企業を経営するのに経理財務を中心としたお金の管理を優先し、労務管理をおろそかにしがちですが、「職場を大切にしないと企業の存続はできませんよ」とドラフト労務管理事務所(大阪市東成区)代表で、社会保険労務士の鈴木圭史さんは忠告しま...

鈴木圭史プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

労務リスクをチェック、改善。トラブル発生でも最小限に抑える。

会社名 : ドラフト労務管理事務所
住所 : 大阪府大阪市東成区中道3丁目15番16号 毎日東ビル4階 [地図]
TEL : 06-4307-3931

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-4307-3931

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木圭史(すずきけいじ)

ドラフト労務管理事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

意識不明と労災認定と障害年金

日頃から体調の不良を私の娘が訴えていました。 仕事が非常に...

K
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(35

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
残業前の休憩時間は必要?

 定時の終業時刻の後、残業を始める前に15分や30分の休憩時間を設けている会社があります。法律上、残業をさせる...

[ 労働基準法関連 ]

年休取得率はあいかわらず低い水準

 厚生労働省が平成29年2月28日、「就労条件総合調査」の結果を発表しました。平成27年の年次有給休暇(年...

[ 労働基準法関連 ]

複数の会社から給与をもらうと社会保険はどうなる?

 Q:会社の経営者をしていますが、子会社を設立し新事業を始めることにしました。今後、二社から役員報酬を受け...

[ 社会保険 ]

3,500事業所で月80時間超の残業

 厚生労働省は平成29年1月17日、長時間労働が疑われる事業所に対する重点監督指導の結果を公表しました。●対象...

[ よもやま話 ]

勤務間インターバル制度について②

●『トラブル発生など緊急時は?』 トラブル発生時など、緊急時はどうするかについても検討しておきましょう。緊...

[ よもやま話 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ