コラム

 公開日: 2018-06-12 

文部科学省がこれからの人材育成指針を発表!


大阪西区・京都桂川のプログラミング教室
ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。

『ゲームを「遊ぶ」と「作る」で何が違う?』
というお母様方の質問に答えるシリーズが
継続中ですが、
お耳に入れたい情報が舞い込んでいたので、
シリーズを中断して(笑)
お知らせします。

文部科学省が日本の人材育成指針を発表!

先週の6月5日、
文部科学省のウェブページで、
新しい人材像についての
重要発表がなされました!

その名も、
ソサエティ5.0に向けた人材育成~社会が変わる、学びが変わる~
なんでも、林 芳正文部科学大臣の下、
昨年11月から有識者も含めて、
議論をすすめ、この度まとめられたものだそうです。

Society5.0(ソサエティ・ゴー・テン・ゼロ)
というのは、日本政府が作った造語。

(1)狩猟社会(Society 1.0)
(2)農耕社会(Society 2.0)
(3)工業社会(Society 3.0)
(4)情報社会(Society 4.0)←今
と進んできて、今度は

「超スマート社会(Society 5.0)」

になると。
我が国が目指すべき未来社会の姿として、
日本の内閣府が、提唱しました。
分かりやすく、一言で言うなら、
「AIによって、なんでも便利になり、
リアルとヴァーチャルもつながっていく、
SFのような社会」
でしょうか。

政府広報が、今年のお正月にも
動画を公表して、
いろいろ広めようとされていますね。
この動画は、当プログラミング教室のブログでも
何度も取り上げてきています。
「ソサエティ5.0」
実際のところ、周りの人たちに聞いてみても、
ほとんど知らないというのが現状ですが…。

経済産業省からも、
先々週の5月30日に、
「新産業構造ビジョン」
が発表され、その中で、
今求められることとして、
ソサエティ5.0が打ち出されています。

「SFのような社会が来たとき、
どんな教育をしていくと良いのか?」
ということですね。

内閣府が先頭となって旗を振り、
政府広報、総務省、経済産業省が
それに続く中、
文部科学省もいよいよ
方向性をまとめてきたということですね。

ソサエティ5.0を目指すために?!

今回は速報なので、
ざっと、ポイントだけ抽出して並べてみます。
結構、ざっと見ただけでは分かりにくいですね。

中身をよく読んで、
またこのブログで
分かりやすいまとめを
報告していきますね。

「学びのありかたの変革」

取り組むべき政策の方向性
(1)公正に個別最適化された学びの実現
(2)基盤的な学力や情報活用能力の習得
(3)大学等における文理分断からの脱却

具体的な施策
◆医療で用いるカルテのような個人個人の学習の内容を蓄積していく「スタディ・ログ」から見えてくる自分自身にあった学びとして「学びのポートフォリオ」を活用する
◆異年齢・異学年の協働学習を実施していくためにパイロット事業(試験事業)を行う
◆EdTech(エドテック:Education×Technology)と呼ばれる教育における様々な新しいテクノロジーを活用した教育の質の向上

これからなすべきこと

この文部科学省の方針発表の中では、
「さらに検討を進め、
速やかに進められるものについては、
平成31年度概算要求に必要な内容を盛り込むなど、
順次具体化を進めていく」
とされています。

文部科学省では、2020年(平成換算で32年)から、
「プログラミングの義務教育化」を含めた
教育改革が実施予定ですね。
他にも、小学校での「新学習指導要領」や
「大学入学共通テスト」の実施が予定されます。

ですので、またいろいろ変化が
起きていきますね。
正直、2020年の
「プログラミング教育の義務教育化」
だけでは心もとないところがあったので、
方向性としては歓迎ですね。
小学校・中学校・高校・大学の教育に
どれくらいかかわるのかは書かれていませんが、
「個人の教育カルテ」や
「異年齢・異学年の協働学習」といった
言葉があるだけに、
学校教育を前提にした施策は
出てくるのでしょうね。
現場はたいへんそうです。

我々も、大阪・京都で小学生・中学生・高校生の
子どもたちを教えていくうえで、
必要な社会の流れ、日本の方向性を見極め、
将来、子どもたちがより安心して輝くよう、
学校をサポートする立場として、
調査と教育活動を行ってまいります。

小学生から始める
大阪西区・京都桂川のプログラミング教室
ITえき塾 塾長 一階良知(いっかい よしとも)



無料体験講座はこちら!

この記事を書いたプロ

ITえき塾 [ホームページ]

プログラマー 一階良知

大阪府大阪市西区江戸堀1-23-8 イッカイビル2F ビルを入ってすぐの階段を上がり、2階右側の教室をお訪ねください。 [地図]
TEL:080-2084-4397

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
これからのIT社会を安心して生き抜く力を養うプロ 一階良知さん

教育機関出身者が教えるIT・プログラミング教室(1/3)

 「SinθやCosθがゲームに必要な知識だと知っていたら、勉強がちょっと楽しくなっていたと思いませんか」。大阪市西区で、Scratch(スクラッチ)というプログラム言語を使った子ども向けのIT・プログラミング教室「ITえき塾」を開く塾長の...

一階良知プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

IT技術者と教育者の2つの視点でプログラミング教室を展開

屋号 : ITえき塾
住所 : 大阪府大阪市西区江戸堀1-23-8 イッカイビル2F [地図]
ビルを入ってすぐの階段を上がり、2階右側の教室をお訪ねください。
TEL : 080-2084-4397

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-2084-4397

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

一階良知(いっかいよしとも)

ITえき塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

Iくんのお母様からのお手紙

「プログラミング教室」と聞いて、始めはすごく反対でした。 ...

Iくん
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ゲームを「遊ぶ」と「作る」で何が違う?(4) 実行力
イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。お母様方の質問に答えるシ...

[ 教育 ]

ゲームを「遊ぶ」と「作る」で何が違う?(3) 問題解決力
イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。お母様方の質問に答えるシ...

[ 教育 ]

ゲームを「遊ぶ」と「作る」で何が違う?(2) 創造力
イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。お母様方の質問に答えるシ...

[ 教育 ]

ゲームを「遊ぶ」と「作る」で何が違う?(1) 主体性
イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。久々にお母様方の質問に答...

[ 教育 ]

Scratchでアクションゲームを作りました♪
イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。当プログラミング教室で、...

[ 教育 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ