コラム一覧 :活動

1件~4件(4件)

将棋の日 in プログラミング教室

イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。当塾の大阪西区肥後橋教室で、3月26日(月)に将棋のイベント「将棋の日」を開催いたしましたので、その様子をお伝えします。 なぜプログラミング教室で、将棋?! と、お感じの方もいらっしゃ... 続きを読む

活動

2018-04-13

2月度 えき塾ボードゲーム会 開催しました!(プログラミング教室とボードゲーム)

イメージ

大阪市西区・肥後橋のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。毎月、当プログラミング教室で開催している「えき塾ボードゲーム会」。2月分が2月3日の節分の日に開催されました。 えき塾ボードゲーム会の状況 今回は、3家族、8名の方にご参加いただきまし... 続きを読む

活動

2018-02-09

ITえき塾 紹介動画 「小学校プログラミング教育が必修に!子どもさんも安心できる未来へ!」

イメージ

大阪市西区・肥後橋のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。このたび、当塾の紹介動画を作成いたしました。塾生の子どもさんたちが、夢中で楽しそうに授業を受けている様子を、教室の雰囲気をご覧になっていただければ幸いです。当塾ホームページからも... 続きを読む

活動

2018-01-31

2020年小学校義務教育化「プログラミング教育」について講演しました(西船場幼稚園にて)

イメージ

大阪市西区・肥後橋のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。1月10日(水)、大阪市立 西船場幼稚園のPTAの皆さんに、講演をさせていただきました。私ごとですが、私がお世話になった園であり、今も娘が年長さんで通っている幼稚園です。もちろん私が通っ... 続きを読む

活動

2018-01-16

1件~4件(4件)

コラムのテーマ

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
これからのIT社会を安心して生き抜く力を養うプロ 一階良知さん

教育機関出身者が教えるIT・プログラミング教室(1/3)

 「SinθやCosθがゲームに必要な知識だと知っていたら、勉強がちょっと楽しくなっていたと思いませんか」。大阪市西区で、Scratch(スクラッチ)というプログラム言語を使った子ども向けのIT・プログラミング教室「ITえき塾」を開く塾長の...

一階良知プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

IT技術者と教育者の2つの視点でプログラミング教室を展開

屋号 : ITえき塾
住所 : 大阪府大阪市西区江戸堀1-23-8 イッカイビル2F [地図]
ビルを入ってすぐの階段を上がり、2階右側の教室をお訪ねください。
TEL : 080-2084-4397

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-2084-4397

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

一階良知(いっかいよしとも)

ITえき塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

Sくんのお母様のご感想

◆入塾前のお悩み 息子が時間にルーズだなと思っておりました...

S君
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
地震とIT・AI(大阪府北部地震を受けて)
イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。昨日6月18日、大阪府北部...

[ 教育 ]

ゲームを「遊ぶ」と「作る」で何が違う?(4) 実行力
イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。お母様方の質問に答えるシ...

[ 教育 ]

文部科学省がこれからの人材育成指針を発表!
イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。『ゲームを「遊ぶ」と「作...

[ 教育 ]

ゲームを「遊ぶ」と「作る」で何が違う?(3) 問題解決力
イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。お母様方の質問に答えるシ...

[ 教育 ]

ゲームを「遊ぶ」と「作る」で何が違う?(2) 創造力
イメージ

大阪西区・京都桂川のプログラミング教室ITえき塾 塾長の一階(いっかい)です。お母様方の質問に答えるシ...

[ 教育 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ