コラム

2016-06-30

相続?争族?争いが起きるのは資産の大小ではない

争族という言葉を聞いたことがありますか?争族は相続をめぐるトラブルなどを表すときに使用される言葉です。読んで字のごとく、相続人同士、つまり兄弟姉妹との争いごとが中心になります。




肉親間での争族は根が深い


相続人とは通常、兄弟姉妹や親せきのことを指しますので、ここでの争いというのは基本的に親族間の争いということになります。歴史が証明しているように、兄弟での争いは大事になるケースも少なくありません。

このことを亡くなられた方、つまりお父さんお母さんは想定されていたでしょうか?当然、自分たちの子供なので愛情は平等ですし、まして子供同士の争いなんていうのは最も起きて欲しくないことでしょう。

ですが、こうした事態が起こることは少なくありません。これは亡くなられた方、つまり両親がきちんと財産の行き先を決めていなかったことが大きな原因なのです。

世話になった子供に多く譲りたい


先ほどの話と少し矛盾するかもしれませんが、面倒を見てもらった特定の子供に多くの財産を残したいというご相談は実は少なくありません。一番世話をかけた人に多く譲り、残りを他の兄弟に承継させたいということは人間心理としては仕方のないことかもしれません。

「うちの兄弟たちは仲が良いから大丈夫」という話もよく聞きます。

しかし、相続税の家庭裁判所での争いは5000万円以下の財産が全体の4分の3なのです。この数字が表しているのは、相続税がかからない人ほどよく揉めるということに他なりません。「金持ち喧嘩せず」という言葉がありますが、こう言った事実を見るとそれは本当のことかもしれませんね。

なぜ争族が起こるのか?


では一体どうして争族が起こるのでしょうか?一つは親が財産の行き先を決めていなかったというのが問題でした。そしてもう一つは単なる兄弟姉妹という間の問題だけではなく、一つ一つの世帯間での問題ということが言えるとおもいます。

簡単にいえば、相続財産のトラブルというのは、金銭的な問題だけではないということになります。争続を防ぐためには生前から周到に準備をし、相続人の間での話合いが重要なカギになります。

争族の中心となるのは遺留分に関してのこと


結局のところは遺留分と呼ばれる法的に認められた制度を活用するかできるかというところにも関係してきますね。

遺留分というのは、遺言などでも財産の侵害を侵されないための相続人の権利です。この権利を主張することによって、相続が争族になるということも言えますね。

私のところには様々な相談がきますが、まずはご家族構成からお話をさせていただいております。それで全体像を把握することが最も重要だと考えています。

何かお困りのことがございましたら、ご相談くださいませ。

自分のことに当てはめた場合、心配になるケースもあると思います。そんな相談に応えるべく私はFPとしてアドバイスを行っています。どうぞご遠慮なくご相談ください。

FP福田のプロフィールはこちら

この記事を書いたプロ

株式会社 プライムステージ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 福田稔也

大阪府羽曳野市栄町7-1近鉄プラザ4F 近鉄プラザ古市店4F保険テラス内 [地図]
TEL:072-979-7460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
福田稔也(ふくだ・としや)さん

事前の準備で相続トラブル回避。どんなお悩みにも誠意をもって対応します(1/3)

 相続問題って何のことかわかりますか? 「うちはそんなに資産もないし、関係ないよ」という方が多いかもしれません。国税庁の資料によれば、2014年中に亡くなった約127万人のうち、相続税の課税対象となった被相続人数は約5万6000人。確かに...

福田稔也プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

各士業と連携し、相続のあらゆる悩みに迅速に対応します

会社名 : 株式会社 プライムステージ
住所 : 大阪府羽曳野市栄町7-1近鉄プラザ4F [地図]
近鉄プラザ古市店4F保険テラス内
TEL : 072-979-7460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-979-7460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田稔也(ふくだとしや)

株式会社 プライムステージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
その相続税は払い過ぎかも?還付申告で相続税を取り戻そう!
イメージ

平成26年に相続税を支払った人は約56,000人います。亡くなられた人数が126万人いることを考えるとその率でいうとわ...

[ 相続 ]

生命保険に加入する際には税金の制度を活用①
イメージ

生命保険と税金の関係というのは、切っても切れない関係であると私は思っています。税金に関するところでいえば、...

[ 保険 ]

代襲相続とは?どこまで範囲になるのか?
イメージ

代襲相続という言葉を聞いたことはありますか?代襲相続というのは、生きていれば本来相続人になっていた人が相続...

[ 相続 ]

自営業者が加入すべき保険とは?
イメージ

生命保険の営業を長い間していると、色々なケースをこれまで見てきてまいりました。その中でもやはり公的保障の薄...

[ 保険 ]

投資初心者はドルコスト平均法からはじめよう!
イメージ

資産運用の入門編としてよく話題に出されることの多いドルコスト平均法ですが、投資というものに初めてチャンレン...

[ 資産運用 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ