コラム

 公開日: 2016-07-10 

遺言は相続対策の事前アイテム

遺言という言葉を聞いたことがあると思います。遺言は相続にまつわるもので最初にしておくべき行動ですね。ではこの遺言について説明していきましょう。


相続対策の基本はまずは遺言!

遺言と遺書は違います。遺書のように,死の間際にした意思表示という意味ではありません。

一般的には亡くなる人が自らの死後のあとのことを自分の最終意思を記した言葉や文章のことを遺言というのです。また、一般的には「ゆいごん」の方がよく聞く言葉だと思うのですが,法律用語では「いごん」と読みます。

遺言は遺言者の自由な最終意思を確保するための制度です。よって、遺言は代理人によってはできません。あくまでも、一定の事柄かつ厳格な方式によるものであり、亡くなる方の単独行為になります。

その遺言の方法は3種類あるのをご存知でしょうか?以下の方法が遺言として認められた3通りの方法です。

1.自筆証書遺言
2.公正証書遺言
3.秘密証書遺言

以上の3方式です。

遺言者が,相続においてご自身の意思を反映させることができる唯一といってよい方法です。その遺言の中でご自身の財産を誰に渡すのかを記すことができます。それには3つの方式があるのですが、それぞれメリットとデメリットがあります。これを詳しく見ていきましょう。

1.自筆証書遺言
読んで字のごとく、自分で書く必要のある遺言です。自筆証書遺言によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付、氏名を自筆で記載し押印する必要があります。当然自筆ということですのでワードや文書作成ソフトなどで作成したものは認められません。

メリット
遺言を作成するのに費用がかかりません。自分で書けばいいので何度でも作り変えることも可能です。また訂正したい時も作り直すだけです。

デメリット
自分で作るということになるので、正しいやり方でできているかがわかりません。作成したはいいけど認められていなければ作成した意味は全くなくなってしまいます。

2.公正証書遺言
この方式が最も多い方法になります。遺言書を公正証書にして公証人役場で保管してもらう方式です。証人を2人立てる必要がありますが、その立会人の元、遺言者が公証人に遺言内容を説明して公証人が書面化して読み聞かせ、遺言者と証人がその書面が正確であることを確認して署名・捺印し、さらに公証人が署名・押印する必要があります。

メリット
確実に遺言として残すことができます。また保管が確実ですし、自分で作成しないので不備が出ません。

デメリット
公正証書を作成するので費用がかかるのと、また証人を2人立てる必要があるので時間がかかることがあります。

3.秘密証書遺言
秘密証書遺言とは、遺言はするがその内容は死ぬまで秘密にしておきたい場合に適した方法です。

メリット
自筆証書のように自分で描く必要はありません。さらに記した内容を秘密にできるので死ぬまで秘密にしておきたいことを隠すことができます。

デメリット
検認手続きが必要ですので費用がかかります。また、証人を2人立てる必要があります。さらに自分で保管する必要があるので紛失の恐れもあります。

ただし自分の意思を反映させる遺言でも万能というわけではないのです。遺留分という制度があったり、いろいろなことを検討した上で遺言を残すと効果ははるかに大きくなると思われます。

自分のことに当てはめた場合、心配になるケースもあると思います。そんな相談に応えるべく私はFPとしてアドバイスを行っています。どうぞご遠慮なくご相談ください。

FP福田のホームページはこちら

この記事を書いたプロ

株式会社 プライムステージ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 福田稔也

大阪府羽曳野市栄町7-1近鉄プラザ4F 近鉄プラザ古市店4F保険テラス内 [地図]
TEL:072-979-7460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
福田稔也(ふくだ・としや)さん

事前の準備で相続トラブル回避。どんなお悩みにも誠意をもって対応します(1/3)

 相続問題って何のことかわかりますか? 「うちはそんなに資産もないし、関係ないよ」という方が多いかもしれません。国税庁の資料によれば、2014年中に亡くなった約127万人のうち、相続税の課税対象となった被相続人数は約5万6000人。確かに...

福田稔也プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

各士業と連携し、相続のあらゆる悩みに迅速に対応します

会社名 : 株式会社 プライムステージ
住所 : 大阪府羽曳野市栄町7-1近鉄プラザ4F [地図]
近鉄プラザ古市店4F保険テラス内
TEL : 072-979-7460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-979-7460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田稔也(ふくだとしや)

株式会社 プライムステージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
その相続税は払い過ぎかも?還付申告で相続税を取り戻そう!
イメージ

平成26年に相続税を支払った人は約56,000人います。亡くなられた人数が126万人いることを考えるとその率でいうとわ...

[ 相続 ]

生命保険に加入する際には税金の制度を活用①
イメージ

生命保険と税金の関係というのは、切っても切れない関係であると私は思っています。税金に関するところでいえば、...

[ 保険 ]

代襲相続とは?どこまで範囲になるのか?
イメージ

代襲相続という言葉を聞いたことはありますか?代襲相続というのは、生きていれば本来相続人になっていた人が相続...

[ 相続 ]

自営業者が加入すべき保険とは?
イメージ

生命保険の営業を長い間していると、色々なケースをこれまで見てきてまいりました。その中でもやはり公的保障の薄...

[ 保険 ]

投資初心者はドルコスト平均法からはじめよう!
イメージ

資産運用の入門編としてよく話題に出されることの多いドルコスト平均法ですが、投資というものに初めてチャンレン...

[ 資産運用 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ