コラム

 公開日: 2016-07-12 

住宅取得資金贈与の特例について

かなり税制面で有利に働く制度の一つに住宅取得資金の特例という制度があります。この制度を使えた場合、贈与によって相続財産の評価を一気に下げることができますね。この制度について説明しましょう。



住宅取得資金贈与の特例とは


住宅取得等資金の非課税枠をご存知でしょうか?もちろん条件はありますが、国の省エネルギー基準やバリアフリー基準など国の基準を満たす住宅を購入する場合、最大で1500万円までを非課税で贈与できるという制度です。

この1500万円の非課税枠は段階的に限度額が設定されています。2015年1月から12月末までは1,500万円です。前年2014年の1000万円から500万円も引き上げられました。

今現在の2016年の1月から9月末までは、いったん引き下げられて1200万円になっています。また2016年10月から翌年9月末までは、消費税増税の影響を考慮しまして3000万円にまで引き上げられる予定でしたが、消費税の延期が決まりましたので、非課税枠の1200万円が2017年9月末まで延長されました。

その後、段階的に引き下げられる予定になっています。2019年6月末で終了します。なお、一定基準を満たさないものや中古住宅の場合はこのような非課税枠にはならないので注意が必要です。

受贈者の要件

贈与を受ける人にも条件があります。まずは、20歳以上の直系卑属(子や孫)であり、その配偶者などは含まれません。さらに年収が2000万円以下であることが必要です。

あくまでも富裕層ではないのが、条件にしたいのでしょうが、2000万円以下というのは公務員の給料内にしておきたかったのでしょうか?

非課税の特例を受けるための手続き

非課税枠の特例の適用を受けるようとすれば、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間、つまり確定申告の提出期間内に非課税の特例の適用を受ける旨を記載した贈与税の申告書に一定の書類を添付して提出しまし。計算明細書、新築や取得の契約書の写しなど一定の書類になり、納税地の所轄税務署に提出しなければなりません。

しかし、実際のところでは、工期の遅れなどで提出期限に間に合わなく、非課税枠を利用できなかったケースもあると聞きます。もし実行しようとするのであれば、できるだけ提出期限に間に合うよう、準備をきちんとする必要があると思います。

住宅資金贈与の特例は利用できるのであれば、かなりの効果をもたらしますので、不公平感をなくすことができれば利用するに越したことはないでしょう。しかし、ここでも相続は人の心の問題であるということをしっかりと考えておく必要がありますね。

自分のことに当てはめた場合、心配になるケースもあると思います。そんな相談に応えるべく私はFPとしてアドバイスを行っています。どうぞご遠慮なくご相談ください。

FP福田のホームページはこちら

この記事を書いたプロ

株式会社 プライムステージ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 福田稔也

大阪府羽曳野市栄町7-1近鉄プラザ4F 近鉄プラザ古市店4F保険テラス内 [地図]
TEL:072-979-7460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
福田稔也(ふくだ・としや)さん

事前の準備で相続トラブル回避。どんなお悩みにも誠意をもって対応します(1/3)

 相続問題って何のことかわかりますか? 「うちはそんなに資産もないし、関係ないよ」という方が多いかもしれません。国税庁の資料によれば、2014年中に亡くなった約127万人のうち、相続税の課税対象となった被相続人数は約5万6000人。確かに...

福田稔也プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

各士業と連携し、相続のあらゆる悩みに迅速に対応します

会社名 : 株式会社 プライムステージ
住所 : 大阪府羽曳野市栄町7-1近鉄プラザ4F [地図]
近鉄プラザ古市店4F保険テラス内
TEL : 072-979-7460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-979-7460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田稔也(ふくだとしや)

株式会社 プライムステージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
その相続税は払い過ぎかも?還付申告で相続税を取り戻そう!
イメージ

平成26年に相続税を支払った人は約56,000人います。亡くなられた人数が126万人いることを考えるとその率でいうとわ...

[ 相続 ]

生命保険に加入する際には税金の制度を活用①
イメージ

生命保険と税金の関係というのは、切っても切れない関係であると私は思っています。税金に関するところでいえば、...

[ 保険 ]

代襲相続とは?どこまで範囲になるのか?
イメージ

代襲相続という言葉を聞いたことはありますか?代襲相続というのは、生きていれば本来相続人になっていた人が相続...

[ 相続 ]

自営業者が加入すべき保険とは?
イメージ

生命保険の営業を長い間していると、色々なケースをこれまで見てきてまいりました。その中でもやはり公的保障の薄...

[ 保険 ]

投資初心者はドルコスト平均法からはじめよう!
イメージ

資産運用の入門編としてよく話題に出されることの多いドルコスト平均法ですが、投資というものに初めてチャンレン...

[ 資産運用 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ