コラム

2016-08-28

相続に空き家問題はつきもの!空き家対策を考える!

空き家問題というのは、今後日本の人口が減少していく中では避けては通れない問題です。昨今は人口は減少しているものの世帯は増えているという現象も怒っているくらいですから、家を相続しないところが増えているということですね。この空き家問題と相続が絡んでくる点について説明しましょう。




空き家対策特別措置法が施行

2015年5月に空き家対策特別措置法が施行されています。昨年は「空き家対策元年」とも呼ばれていますね。相続税の改正も去年ですから、国が本腰を上げて問題となっている「空き家対策」に取り組む姿勢を見せているのかと思います。

空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例とは?

2016年4月から、相続人が相続により取得した古い空き家を売却した場合に、一定の条件において、譲渡所得から「3,000万円の特別控除」をする制度が適用されています。

その一定の条件というのは次のようなものです。
1.1981年5月31日以前に建築された(旧耐震基準)家屋
2.被相続人が一人で、亡くなる際に一人で暮らしていた家屋
3.空き家を解体または耐震リフォームをしている家屋
4.相続の時から譲渡の時まで、居住・貸付・事業などに使われていないこと
5.相続の開始の時から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売却すること(譲渡期限は平成31年12月31日までと決まっています)
6.売却価格の合計額が1億円を超えないこと

以上のような要件がありますが、これを満たすことにより特別控除を受けることができるのです。要するにきちっと次に有効利用できるようにすれば控除をしてもらえるということになります。

どれくらいの節税が可能か?

相続になる時には概ね5年以上住んでいるものと思われるため、長期譲渡所得に区分されることが多いと思います。そうすると最大の節税額は以下の計算になります。

3000万円×20.315%=609万4,500 円

実際のところで言いますと、4000万円を超えるような譲渡所時になる場合は、この特別控除が適用できる可能性があります。控除を受けれる可能性のある方は相続後に検討されても良いかもしれませんね。

どのように申告するのか?

確定申告の際に、相続した空き家の所在地の市区町村等の役所が発行している確認書を添付して提出します。

居住用財産の税率軽減の特例も使える?

この3000万円特別控除の対象となる居住用財産を譲渡する際に更なる減税を受けられることもあります。それはその所有していた期間が10年を越えていれば、特別控除プラス税率の軽減措置も受けることができます。

つまり要件を満たして長い間所有した不動産については、「3000万円控除の特例」と「軽減税率の特例」の両方を受けることが可能になることもありますね。

自分のことに当てはめた場合、心配になるケースもあると思います。そんな相談に応えるべく私はFPとしてアドバイスを行っています。どうぞご遠慮なくご相談ください。

FP福田のプロフィールはこちら

この記事を書いたプロ

株式会社 プライムステージ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 福田稔也

大阪府羽曳野市栄町7-1近鉄プラザ4F 近鉄プラザ古市店4F保険テラス内 [地図]
TEL:072-979-7460

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
福田稔也(ふくだ・としや)さん

事前の準備で相続トラブル回避。どんなお悩みにも誠意をもって対応します(1/3)

 相続問題って何のことかわかりますか? 「うちはそんなに資産もないし、関係ないよ」という方が多いかもしれません。国税庁の資料によれば、2014年中に亡くなった約127万人のうち、相続税の課税対象となった被相続人数は約5万6000人。確かに...

福田稔也プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

各士業と連携し、相続のあらゆる悩みに迅速に対応します

会社名 : 株式会社 プライムステージ
住所 : 大阪府羽曳野市栄町7-1近鉄プラザ4F [地図]
近鉄プラザ古市店4F保険テラス内
TEL : 072-979-7460

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-979-7460

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田稔也(ふくだとしや)

株式会社 プライムステージ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
その相続税は払い過ぎかも?還付申告で相続税を取り戻そう!
イメージ

平成26年に相続税を支払った人は約56,000人います。亡くなられた人数が126万人いることを考えるとその率でいうとわ...

[ 相続 ]

生命保険に加入する際には税金の制度を活用①
イメージ

生命保険と税金の関係というのは、切っても切れない関係であると私は思っています。税金に関するところでいえば、...

[ 保険 ]

代襲相続とは?どこまで範囲になるのか?
イメージ

代襲相続という言葉を聞いたことはありますか?代襲相続というのは、生きていれば本来相続人になっていた人が相続...

[ 相続 ]

自営業者が加入すべき保険とは?
イメージ

生命保険の営業を長い間していると、色々なケースをこれまで見てきてまいりました。その中でもやはり公的保障の薄...

[ 保険 ]

投資初心者はドルコスト平均法からはじめよう!
イメージ

資産運用の入門編としてよく話題に出されることの多いドルコスト平均法ですが、投資というものに初めてチャンレン...

[ 資産運用 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ