コラム

 公開日: 2013-01-11 

夫婦は話し合ってはいけませんVol,4 【話しあう為に戦うのだ】


話し合うために戦うのだ!!
「話し合う為に戦うって?」ちょっとピンとこないかもしれません。
パートナーと向き合いたいと言う事なのに、またその目的は、夫婦間を円満なのに何故「戦う」なのか。
勇ましいと言うより 話し合いと戦いって真逆の事だと感じませんか。

これは私に寄せられる相談の中で一番ネックになる部分であり、一番理解してほしい事なのです。

誰もが「話し合い」と言う事のイメージは「平和的解決」です。
どうしても人は平和に友好的に問題を解決したいと望みます。

しかし、実際は、浮気問題が起きた時に、夫が(妻が)誠意をもってこちら側からの訴えに耳を傾けてくれなかったという事があったはずです。
つまり、話し合いが出来なかったというより、いかに避けられていたかを思い出して欲しいのです。

夫婦の問題にも、色々な分野がありますが、私の所に寄せられる問題のほとんどが浮気です。
まったく驚くほど、浮気が蔓延しているのです。
正直申し上げて、「どいつもこいつも色ボケ」状態です。
(すいません、少々下品でした)
そして、その結果起きて来る現象は、浮気をする本人はパートナーにばれる事を一番嫌がりますし邪魔されることを最も嫌います。
そして 浮気をいかに継続していくかと 嘘に嘘を重ねたり、仕事を装い会社に休日出勤のポーズで パートナーを欺きます。

つまり、浮気をする本人は一生懸命 嘘をつく努力をするのです。
これは具体的なアクションだと考えると アクションにはアクションで向き合うしかないのです。

如何に嘘で誤魔化そうかという相手に、話し合いを持ちかけても、それは無駄だという事になります。
ただ、こういう誤魔化すばかりの気の強い人ばかりではありません。
いつ、夫や妻に浮気がばれないかとびくびくしている当人は 何とかして
話し合いを避けようとします。
「話し合い」をすれば自分が責められる事は明白で、悪く行けば浮気を認め、浮気相手と別れないといけないと思うと、そんな話し合いなんてしたくないのです。

それがタイプにより、何とか口実を付けて逃げる人や 阻止しようとなると
逆切れをして話し合いをボイコットするのです。
こうして強気にボイコットするタイプに 話し合いを持ち出した方は 恐怖心を抱きますが
実は 一番怖がっているのは 浮気をした当人なのです。

このように書くと にわかには信じられないかもしれませんが 逆切れは 【窮鼠、猫を噛む】
のように 追いつめられている反撃なのです。
つまり 本当に怖がっている弱虫は 困ったネズミの方です。

ね、このように書くと 話し合いが一番ベストだと考える 正攻法の人には、ピンとこないとおもいます。

話し合いが、どんなケースにもよくないとは申しません。

夫婦の心のボタンの掛け違いが起こり、誤解が生じているなら 話し合いは大切です。
しかし 片や誠実に話し合おうなんて気持ちがサラサラない人には 話し合いなどは
効果はないのです。

それでもどうしても 話し合い路線を願う場合は その話し合いではぐらかされないように
前もって 逃げられない戦略を練って、準備をしておかないといけないという事です。

浮気相手と別れさせたいという事になると、まず浮気の事実を掴めていないと
しらを切られるだけです。
それならば 誤魔化されないように 先手を打っておかないといけないという事になります。

つまり、話し合いとは、何も平和的交渉だけではいけないという事です。

政治の外交と一緒で それなりの作戦と準備があってこその交渉なのです。

相手に誤魔化され、シラをきられるような話し合いは 話し合いではありません。

誤魔化させない、嘘を付かせない、まだこの期に及び、嘘でも付こうものなら、
そんなものはひっくり返してやる・・・・・
それくらいの根拠は持って話し合いに挑むべきです。

話合う前に 相手に逃げを許さないという姿勢は、勝つか負けるかの勝負です。
話合う前に、こちらが負けないように準備をしておかないといけない。
ね、とても挑戦的でしょ?
つまり話し合いとは「戦い」なのです。

「誠意を持って話せば 解ってくれるとか 家族にとってどれだけあなたが大切か、
こんな事件になった原因は自分にも原因があるから お願い、浮気相手と別れて」と
お願いしている段階で 勝負は負けです。
懇願は 下から上を崇めてするもので その立ち位置だけで、もう負けています。

浮気の解消は、懇願では中々叶いません。
話し合うために戦うのだ、とは、こういう意味です。

相変わらず 勇ましくてごめんなさい。
ではまた。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

25

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

浮気問題が解決しました。

お返事、大変遅くなりました。 すみません。 長くなってし...

匿名希望
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

テクニックに拘わるな。

今日のテーマはテクニックだけに拘っていませんか?という内容です。この度、個別の相談を少し休止すると発表し...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ