コラム

2013-02-03

結婚時の約束は守られない?

家事協力について

負のスパイラル
女性の考え方にときどき「癖」を感じることがあります。
それは深く考え過ぎということです。
普通、深く考えるということは 良い事としますが、こと、夫婦においてはこれがあまり良い効果を生まないことを私は知っています。

例えば夫が、家事に対して非協力的だったとします。
そうしたら、「この人は家庭を大切に思っていないのじゃないか?」と思ってしまいます。
ただ単に夫も疲れていたり、そもそも家事を手伝いたくないだけなのかもしれないのに、です。
特に自分自身が疲れていたりして、妻が夫に家事協力をお願いしたとしても同じことが起きます。
夫が手伝わなかっただけで「この人、私がお願いしているのに、それに応えてくれないのだわと、→と、いうことは 私のことはどうでもいいのだわ→と、言うことは家庭のことすらも大切に思っていないのだわ」と言うようにドンドン考えがネガティブに落ち込んでいくことを 「負のスパイラル」と呼んでいます。

往々にして男性はそれほどマメではありません。
よほど綺麗好きであったり、きちんとした独身生活を送っていた男性でない限り、それほど家事協力には積極的ではありません。
しかし 結婚するときは共働きなどであれば、「僕も家事協力はするよ」とつい、イイカッコしてしまうのです。
でもその約束を守らなかったとしたら 妻は「約束したのに・・・」とか もっときつい場合は「私を騙した」とまで感じてしまいます。

これは約束したと感じるから、その反対には裏切ったと感じるだけで、たいてい結婚するときや、口説くときには男性は つい、イイ恰好してハードルを上げているに過ぎないのです。

これを、裏切った、騙した、と感じるのは考え過ぎで、男性はそこまでの強い約束とは感じていませんし、そもそもそんな約束すら忘れています。
しかし、女性はこういう約束をしっかり覚えている性格がありますから こんな約束をした、と思いがちです。

これが結婚の前のご主人のアプローチも同じことを言えますが これがその後、とても大きな影響を与えます。
これがどういうことかと言いますと、夫婦に溝ができ、離婚を考えだしたときに、夫婦の間にはとっくに隙間風以上、もう破綻していても結婚する前のご主人の愛情の深さを約束のように記憶をしている妻は 夫の愛情という押印を押されたという風に身体に刻み込んでいます。
あれほど私を愛してくれた、私を求めてくれたとということを、一生変わらない愛情を約束してくれたように考えるため、何か夫婦に問題が起きた時に、現状を受け止められません。
夫が例えば浮気をしたとしても、あれほど自分を必要としてくれたという記憶を一生愛し続けると約束してくれたと感じる妻は、現実に起きていることが受け止められなくなります。

ここで 負のスパイラルが起きて、夫が浮気をした→つまり妻を愛さなくなった→家庭を大切にしていないのだわ→→→

と、なるといいのですが 妻は自分に不利なことが起きているときは この負のスパイラルは起きません。

つまりこの負のスパイラルは自分の都合の良い時にしか起きないのです。
深く足元を見つめないといけないときには この負のスパイラルは何故か起きないのです。

人間は現実にふたをしたい時と そうでない時とがあります。
これを都合よく自分で使い分けて生きているのです。

夫婦間で受け止めたくない事件が起きた時に まさかこんなことが起きるはずがないという考えが起きます。
妻は、特に結婚時に夫に強く求められた事が、記憶にあり、今、夫が離れていこうとすることを 受け入れられず、「あれほど私を愛してくれた人がまさか浮気なんかするはずがない」という風に現実を受け止められません。

例えばこれが浮気だけでなく、夫の性格が妻の知っていたそれとは違っている場合も同じです。
現実、妻が考えていた人間像と違う夫の人物像が顔をのぞかせた途端に 私の知っている夫と違うという風に、過去知っていた自分の記憶にある夫を求め始めるのです。

こんなはずじゃなかった・・・・ということは逆に言えば ○○○と約束したじゃない、ということに 自分の考えている人物像を約束ととらえてしまうのです。

つまり 人はみんな、自分の記憶を「約束されたもの」と感じる癖があります。
この傾向は特に女性が強いのです。

この傾向は実は 私自身も結婚していた時に 自分で自分を苦しめていた縛りでした。

夫が生活費を入れなくなったことがありました。
これは決して褒められた事ではないのですが、それ以上に負のスパイラルで、この人は
家庭がどうなってもいいのだわ、という夫婦に究極のところまで行ってしまうのです。

これは単に、ギャンブルでお小遣いを使いすぎて生活費に手を出しただけと、見抜けていたら、実はそこを解決すればいいだけなのに、家族を大切にしていないというような抽象的なことに陥ると ピンポイントで解決すればまだ簡単なことでも、わざと遠回りの考え方をしてしまうから、焦点がぼやけてしまうのです。

こういうように 負のスパイラルというのは 一見深くほりさげて物を考えているようですが、実は何も深くなく、自分勝手な解釈だということです。

今日は深く考えることが本当に深いのか、どうかということと、過去のことを約束と捉える女性の考え癖の特徴と知っていただきたいということをお話ししました。
では、今日はこれまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

15

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

浮気問題が解決しました。

お返事、大変遅くなりました。 すみません。 長くなってし...

匿名希望
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(14

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

中村橋之助さんの謝罪会見は新型?

これまでの有名人の不倫は、社会や業界や不安に向けての謝罪でした。その目的はとりあえず芸能活動をする為の会...

[ 不倫論 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ