コラム

 公開日: 2013-03-11 

浮気を白状させる為に大切な事

話し合ってはいけません、話し合う為に戦うのだ不倫は嘘の塊です。
不倫をする側も  不倫相手にもある程度の嘘はつかないと
いけません。
特に妻や家族に嘘を付かないとまずは時間の捻出は出来ないので不倫は継続できません。
それが 残業や会社の飲み会や 出張を口実にしないと時間が作れません。

しかし妻もある程度勘の働く方だと、夫の口実に矛盾を感じるので、そこで浮気をしているかと
疑る訳です。
そして疑っても答えがないので、夫本人に聞いてみるという「話し合い」をすることになるのです。
そこには 話し合いで真実を知りたいという事もなりますが 同時に浮気を止めてというお願いになります。
そこでその真実を掴めてないという段階で話し合いをするとまずは その事実確認という事になります。
でも事実を確かめたいという作業が話し合いで成功するかどうかという事について、これは非常に難しい事なので その意味を説明をしていきます。
嘘を付かれた方の妻が、解決策を考える時は、夫から言われている嘘しか情報がなく、それを疑うならまだしも、その嘘を信じたままで、解決策を求める為に、何にも真実は解らないという事になります。

浮気問題は 算数と同じです。
ちょっとピンとこないかもしれませんが、浮気をしてる方は 隠したいから そのままが表に見えてはいけないのです。

だから 夫が表に出してくる物は むしろ 嘘ばかりだと思ってもいいくらいです。
しかし この嘘が妻は見抜けないどころか 鵜呑みにしてしまいます。
しかし 途中で どこかしら普通と違う感覚を感じ、妻が疑い出す訳です。
その頃には、妻はちょっと、第6感も働くようにもなり、その第6感を元に 夫にどんどん詰問をしていくようになります。
でも これは夫にすれば 逆に何も妻は知らないから質問をしてくるという事を夫が知る事になる訳なのです。
つまり 何も知らなくて聞くという事は夫の方は益々隠し上手なるという事です。

夫が浮気をしていて、それを確かめたいときは 自分で水面下で調べないといけません。
冒頭に不倫は嘘の塊と書きましたが、嘘で在る以上、嘘を付く夫に口頭で教えてと言っても
また嘘を付かれるという事になります。
嘘つきは
ふざけた事を言っているように聞こえるかもしれませんが、浮気を白状させると言うことは
警察の取り調べと同じなのです。
例えば犯罪を犯す犯人に犯行を白状させる時には 取り調べる警察は、犯人の手口はおおよそ解っているのです。
事件の結果を解った上で、その答え合わせをしていくのです。
だから誘導尋問はいけませんが 答えが解っているから 犯人が嘘を付いたら その事件の結果にならないので、嘘を付いてたり、誤魔化したら そこで警察は解るのです。

だから答えを知らないまま 尋問すると犯人は 自分の目指す方向へ嘘を付き通す事になります。
ある程度、嘘か本当か、解っているから 取り調べをするのであって 何も分からなければそれは単なる質問で 答え合わせのしようがありません。
つまり警察側は答えをすでに知っていて その結果になるかどうかを 根拠を突き止めていくという事だけを取調べというのです。
警察は概ねの事は解っているけれど それを自白させて、確かに~こうなるというつじつまが合うかどうかを確認することが 取り調べと呼んでいますが 実は取り調べは 分からない事を白状させるのではなく、警察は分かった上で その確認をしているだけです。
犯人が嘘を付いているかどうか解っていないと 答えが何か分からない為、聞いても正解かどうかわからないという事なのです。
それは取り調べではなく「お願い白状して」という懇願です。

ここまで読んで 夫婦の話し合いでありながら こんな取り調べのような関係性は嫌だという事はよく分かります。

大腿世の中は いつも二通りの人間に分かれます。
騙す方と騙される方。
嘘を付く方と付かれる方。
被害を受ける側と 被害を与える側。 
苛める方と 苛められる方。

そういう意味で 立ち位置によって夫婦の場合 出てくる答えは違います。
取り調べる方が強気で行かないとまたもや嘘で誤魔化されてしまいます。

夫婦でいながら 取り調べるだとか、とてもいかつい言葉で嫌だろうと思います。
普段から夫を疑わないから 嘘を付かれてしまったという事が言えますから そういう
心優しい妻は こういう取り調べというような荒っぽい言葉は、性格上、合わないかもしれませんが
それほど 浮気や不倫は心優しく質問をしていても拉致があきません。

そして妻の考え方のパターンとして 騙されるタイプである事が多いので、下記のような考え方をするようです。 
◆誠意をもって話し合えば分かり合える
◆妻が夫を愛しているという事を伝えれば夫は解ってくれる。
◆家族として夫が必要だという事を伝えれば解ってくれる。
◆妻の悪い所は直すから、何でも言って。
◆誠意は絶対に伝わると信じている

このように 白状してほしいと思いながら 取調官が 「お願いだから白状して」と土下座しているようなものです。
こんな取調官には 犯人は 舐めてきて何も誠実に向き合おうという

今回のこのテーマの結論になりますが 非常にショッキングな事ですが
「誠意は伝わるとは限りません。」

もちろん、時と場合によるとは思いますが、事 浮気をしている夫に 誠意をもって
お願いすれば正直に白状してもらえると考えるのは 大間違いです

不倫は嘘の塊です。
その不倫を止めさせようという手段が 「お願いモード」だけでは無理なのです。
浮気をする夫は どうしたら浮気を妻に邪魔されずに継続できるか、必死で考えています。
その夫にお願いをしても 夫も浮気をづけられるかを願っているから お互いの願いが
一致しないのです。

夫が妻の願いを理解して 浮気を止めて家族の元へ帰還するという事は 誰しもの願いです。
でも夫にも願いがあるということですから 妻の願いだけを聞き入れるという事にはなりません。

妻が夫にお願いする事だけで浮気を止めさせるという事は ほぼ難しいと思います。
妻の願いが夫を動かすという事は少ないですがそもそも、妻がお願いをして浮気を止めて家族の元へ
帰還するという誠実な人は そもそも浮気はしないのです。

もちろん、魔がさす 出会い頭のような浮気もありますが 妻が尋問しないといけない段階の
浮気をする夫は、恐らく妻の願い出だけで 浮気を止めない人です。
そういう意味で 浮気防止や 浮気相手と別れさせたいと思う場合は まず妻の意識を変えないといけないでしょうね。
では今日は ここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

58

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

相談から2年が経ち、近況報告

村越先生 こんばんは、A子と申します。 2013年に往復6通...

A子
  • 女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

テクニックに拘わるな。

今日のテーマはテクニックだけに拘っていませんか?という内容です。この度、個別の相談を少し休止すると発表し...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ