コラム

 公開日: 2014-01-17 

何故話し合ってはいけないのか?

話し合いの弊害今日は 何故夫婦が話し合ってはいけないかを、そのメカニズムを通じて説明します。
夫の浮気問題に悩まれる方にお伝えしたい。
私の所にご相談をして頂くなら 出来るだけ早い内にお願いしたいと 言っています。営業モードのお勧めではないので 誤解しないで頂きたい。

夫婦が話し合いをする事の弊害を知って頂きたいのです。
誰でも こういうプライベートな問題は出来るだけ人に相談するのではなく自分で解決したいと思うものです。
その際の手段として 話し合いが一番平和な方法だと考えるのは理解できますが、平和的交渉が、逆に、ご主人が離婚に持っていくための条件が高まるという事になることが よくありあります。

話し合いが前向きな交渉となればいいのですが妻からの話しが 逆に疎ましく思う事になります。
その結果、夫から離婚宣言をされ、慌てて 私の所に相談に来られた時には、時すでに遅しで
ご主人が離婚の準備を整えてしまったという段階に入っているという事がよくあります。

実はご主人だって、どんな事も自信満々ではないのです。
探り探りなのです。
妻に対しても浮気がどの程度、ばれているかびくびくです。
そして 浮気相手に対しても、どの程度相手の女性が 自分を受け入れてくれているのか、
万一妻と離婚をした場合、バツイチの自分と一緒になってくれるのか、不安でもあるのです。
それを手さぐりする間に、どちらにしようか、と振り子のように揺れるのです。

変な言い方ですが 妻が話し合いという事で改善策を求めているつもりでも、ご主人は振り子ですから、強い風を感じると、益々浮気相手の方に 振れてしまうのです。

しかし 妻がご主人に話し合いを持ちかければ、持ちかける程、ご主人は 相手の女性とも会議をするわけです。

つまり妻は前向きな話し合いのつもりでも、ご主人に取れば、後ろめたさもあり、どうしたら妻の手の中から、抜け出せるかを必死で家庭から逃げる事を考えだします。
この段階で先手を打つよう、むしろ ご主人とではなく、私と会議をしてほしいと思うのです。

少し 不倫をする人の心中を解説しますと、軽い浮気心の場合は、妻にばれないように遊びの範囲で、文字通り、遊びます。
しかし 私がいつも言う「相手がある事だから」という言葉を知ってほしいのです。

ご主人がたとえ遊びでも 相手の女性にも「心」があるのです。
普通の女性であれば、愛し、愛された、その向こうには結婚を望むものです。
例え それがW不倫であっても、今、好きな人とその恋を成就したいと思います。
相手の女性は セックスマシーンでも、お人形さんでもなく、心を持った女性です。
あなたのご主人がまともな人であれば、あるほど、好きになる女性は それほど
不真面目な女性は選ばないはずです。
だから、普通に妻と恋愛していた時と同じく 浮気であれ、その女性にも将来を誓いたくなるものなのです。

男性は 浮気に対しては 軽い感覚ですが 女性は恋を遊びとは思わない生き物です。
また男性も 最初から家庭を捨てようと思って浮気はしません。
出来れば、妻にばれない範囲で遊びたいと思っていますが相手女性にも意思があるのです。
最初、ご主人は遊びのつもりでも 相手の本気度を知って、段々抜き先ならなくなるのです。

「私の夫は優しい人ですから 今の冷たい態度が信じられません」という妻ほど
知ってほしいのですが 妻に優しかった人は 浮気相手にも優しい物です。
相手女性が真面目であれば、冷たくできなくなってしまうのです。
「夫は人が変わったよう・・・」と言いますが優しさの矛先が移動しただけなのです。

ここで妻がよく言う言葉があります。
「妻子がありながら そんな浮気をするのか理解が出来ない」と。
そんな事を言ったところで 浮気とはそういう物です。
私は学者でもないし、私自身も女性ですので 浮気をする男性心理は理解しにくいものです。
男性の特性でしょう。
でも そういう事に 「何故?何故?」と疑問をもっても解決にはなりません。

そんな時にご主人と話し合いという会議ばかりをすると、ご主人は当然悪い事をしているのを知っていますから、その後ろめたさから、妻に責められていると思うのです。

妻にすれば夫は悪い事をしているので、責められて当然と思うかもしれませんが ご主人はそうではありません。
益々居心地が悪くなり居場所がなくなるのです。

夫が 「家には僕の居場所がない」とか「家庭は落ち着かないから 独りになりたい」というのは
浮気男性の常套句なのです。
浮気をしているから、いつばれるか落ち着かないのです。
もし、ばれていたとしたら 自分の不倫を妻に邪魔されないか、ビクビクなのです。

だから その妻と一緒に居ると 休まらないのです。
休まらない家庭を、居場所がないという表現をするのであって、それは家庭というスペースの話ではなく、良心の呵責の意味です。

そうして、益々妻に目を合わせられなくなります。妻にしたら 益々、心の距離を取り戻したくて
話し合いをしますが この話し合いはご主人を益々遠ざける意味になります。
妻には話し合いのつもりでも ご主人には自分の嘘がばれるかもしれない拷問なのです。
だから そういう嘘がばれる前に 別居という形で家を出て行こうとするのです。

居場所がない・・・・一人になりたい。
これは 「僕は浮気をしています」という代名詞です。

「浮気相手とは別れたが それとは別に妻とはもう一緒に居たくない」
こういう事をいうご主人も 「僕は浮気をしています」と言っているようなものです。

つまり 離婚をする為に とりあえず 先に浮気の尻尾を掴ませなくしておいて
落ち着いて離婚の話し合いに入ろうとします。
これがご主人の言う話し合いです。
自分の浮気が原因の離婚ではないのだ、というのを立証させたくって 別居をするのです。
そして、別居期間で時間稼ぎをし、「もう夫婦関係は破綻をして長い」という時間の助けを得るのです。

また、ずるい人は 別居してからの浮気は 浮気とは呼べないという事を盾に取って、とりあえず
妻の元を去り、万一女性との浮気がばれても 「家を出た後知り合った」とか「家を出てから
深い仲になった」というように いかにも妻と一緒に居る時には 女性の存在は無かったという事を言う為に 別居をします。

あくまでも離婚請求の理由は 自分の浮気ではなく、妻の性格の悪さや 妻とは合わないという
性格の不一致にすれば とりあえず慰謝料は発生しません。

別居とはそういう物なのです(あくまでも浮気問題がある場合の別居ですが)


話し合いは交渉です。
それなのに、つい責めてしまうのは 感情的になるからです。
感情をぶつけられたら 夫は逃げるしかなくなります。
それが別居です。

つまり話し合いと思っていることが それは話し合いでも何でもなく
夫を攻め立てているという事になるのです。
厳しい言い方ですが 普通の妻は 夫の浮気を冷静に話し合いで終わらせるというような事は
上手くできないのです。

浮気を止めさせる話しあい・・・・・これすなわち交渉です。
交渉がうまくできるのは 海外なら交渉人という仕事があるようですし
日本で それに匹敵するのは 弁護士です。

そのプロの弁護士ですら 交渉の難しさを知っています。

しかし妻の場合は こういう交渉の仕方を知りません。

夫に対して「誠意をもって家族としての大切さを唱えたら、分かってくれる」と妻は感じています。
怒ったり、静止したり、浮気を止めてと懇願するだけで 本当の交渉の仕方を知りません。
当たり前の事ですが 妻がこういう交渉を話し合いというつもりで、やってしまうと
ご主人は この話し合いから逃げたくなります。
それで益々、浮気相手に癒しを求めてしまうのです。

そうなると 浮気相手もご主人を助けないと、という母性本能が芽生えますから
二人の浮気が更に本気になってしまうのです。

こういう意味で 話し合いをするなと、口を酸っぱくして言っているのは
浮気問題は話し合いでは何も解決する事は出来ないのです。

夫婦の心が合わないとか、価値観が違うというような ボタンの掛け違い程度の
ことは 夫婦は話し合いをすべきですが、問題が浮気の場合、話し合いで解決するという事は 数少ないです。
それほど そんな話し合いに長けた妻等はいないのです。

そういう意味で 浮気かな、と思ったときは自分自身で話し合いで解決したいというのは
よくわかりますが、浮気相手のタイプも、セフレのような 快楽主義の女性ならその浮気の種類も軽いものです。妻が涙ながらに家庭の大切さを唱えると、簡単に別れてきてくれるかもしれません。
母性的な人か

しかし、ご主人が一生懸命に嘘を付いて 残業だ、出張だと外泊を繰り返されてきた場合、ご主人だって、その浮気を成就させるために並々ならぬ努力をしている訳です。
相手女性も 独身で結婚願望のある人なら その人にとれば、命の恋かもしれないのです。
ご主人も元来優しい人なら 妻の涙にも良心は痛みますが、その浮気相手の涙の訴えにも
応えたくなるはずです。
妻子ある自分だから その恋はいけない事だと解っていても、本当に心から悪い事だと解っていれば、浮気はしません。
だから 「してはならない浮気」という理由で 始まってしまった浮気は止める事が出来ないという事も言えるのです。


何度も申しますが 話し合いが夫婦の気持ちのすれ違い程度なら効果があるのですが
長期間、話し合いをすると ご主人の気持ちは益々浮気相手に向かってしまいます。

ですので夫婦は話し合いをしてはダメという意味をご理解頂けたでしょうか?

では、どうしたらいいか、という事を考えたら、慰謝料とかの話を女性にするぞと、ご主人に悟られない段階で 私と作戦を立てないといけないと思いました。

探偵を雇い、自分でご主人に問い詰め、その結果、ご主人がへそを曲げてしまってから私の所に相談に来ていただいても遅いのです。
できれば調査もばれないように 水面下で進めないといけませんが 中には調査員を雇い、その結果を自分自身でご主人にぶつけるという事などは言語道断ですが、中には調査をしたという後ろめたさから その動揺は隠せず、ご主人にどこからか調査の事がばれてしまう事は在ります。

何故なら それまでに嫌と言う程話し合いをしているから ご主人は当然警戒している訳です。

その警戒心で妻を見た場合、妻の方が正直者だから 目から表情からすべてご主人に調査をしたことがお見透しになるかもしれないのです。

妻も必死で調査の事を隠しても、夫は妻の性格ぐらいお見透しです。
そういうつもりで ご主人も妻の身辺をちょっと探れば 調査のこともばれてしまいます。
何故なら、妻は普段から そんな調査など、大それた事は出来る人間ではないので、
ご主人は、普段と違う妻の様子で 何か解ってしまうのですが 大事な事はその事を
ご主人に逆に離婚理由にされてしまうという事なのです。
夫婦の争点が 「調査をしただろう・・・・そんなに夫を信じられないのか」という因縁を夫に付けられてしまうのです。
もちろん 本題は調査をしたか、どうかではなく、何か妻の悪い所を見つけて 妻を遣り込めようとする夫の狙いがあるのですが 妻にすれば調査をした後ろめたさで 何も言えなくなってしまうのです。

つまり ご主人は 離婚という交渉をするのに、どうしたら妻の攻撃の爪を、抜いておけるかという事を必死で考えています。

何が何でも離婚をするという 満身創痍で妻をやっつけに来ます。
ね、そのように考えると ご主人は話し合いに応じる時点で、もう離婚へ気持ちを固めていると言えるのです。

焦る気持ちがあり 自分で調査員を雇い、調査もしました、という相談を受けます。
真実を知りたいという気持ちは尊重します。
しかし 調査をして、その後どうしようと考えていたのでしょうか?

中には 調査をして、その事実を夫にぶつけ「もう浮気の証拠は在るのだから・・・」と
息巻いて、玉砕する妻が居ます。

つまり調査そのものは 腕のいい探偵なら 誰でもいいのです。
それよりも その調査の結果をどう活かすか、これが問題ですから 調査をする時に
その後、どうしようかを 決めておかないといけません。

それなのに、証拠を掴んだからと、強気になって 自分自身で交渉をすると ご主人にすれば
「そこまで ばれているならもういいや」と 開き直ります。
「浮気はばれているけれど、それが何か?」と聞いてくる始末です。

調査をする段階で 次の事を考えないといけません。
当然考えているから調査をするのだと思います。

しかし、大方の人は 「調査をして証拠を握りましたが もう夫が離婚だと言っています」という結果を私に相談されます。

どうか、お願いです。
自分で話し合いをしないで下さい。

そして調査や証拠押さえという事も 好き勝手にして その後面倒見て、と言われても
もう、手の内どころがないと言う段階に来ている場合もあります。

調査もやり方一つで 毒にもなります。

調査とか証拠どりとは 探偵業の前に 妻がどうしたら 調査の事を活かせるか、夫に調査のことがどうしたら、ばれずに済むかという 心の持ち様や その態度の事までも 総合的に考えないといけません。

どうか 調査を考える方は 調査をする前から 私にご相談下さい。
調査中も 調査のその後も トータルで考えて行きます。
もし自分で何でもできると自信満々なら、むしろ 私のお手伝いできることはありません。
自分で感情に任せて夫や浮気相手の女性に直談判した後で、玉砕し、「どうしたらいいでしょう」では 私の出る幕がありません。
何度も言いますが浮気問題は 話し合いや調査や 弁護士など、縦割りのぶつ切りでは解決しません、
すべてを最初からトータルで解決策を アドバイスさせて下さい。
途中から 部分部分だけ手伝って、と言われても いい結果は生まれません。

でも、もっと困るのは 自分で調査員を雇って調査しましたが その後話し合いもし、弁護士の所にも相談に行き、おまけに夫にも開き直られました、どうしたらいいでしょう、という相談です。
やる事をすべて やってしまい、ごちゃごちゃになってから どうしましょう、は 手の打ち様がありませんが 一番困るのは どうしたら夫婦が元に戻れるでしょうか?というのを 電話無料相談の
15分で教えてくれという方がいる事です。

15分の無料相談は、あくまでもここに相談しても良いか、どうかの判断に使ってほしいのです。
正直 お電話では 夫婦問題の深い部分は私も聞きだせません。
夫婦の修復方法なんて 15分では お伝えする事は 無理です。
「夫が浮気をしました、女性と別れさせるにはどうしたらいいですか」という相談をよく受けますが
私が お手伝いするには まず 結婚当初のお話から、お互いの性格、そして何があったの?などを、詳しくお聞きして 同じ浮気でも 浮気のタイプがあります。
浮気相手が 結婚願望の在る独身か、否か。
色んなお話をお聞きし、個々のケースによって 浮気停止の作戦を立てます。

本当に謝ります。
15分で 浮気相手を排除する方法を教えて欲しいという要望には 応えられないのです。
本当に真剣な方は デパ地下の感覚で 「ちょっと味見」は このような相談業では無理かな?
では、また・・・・。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

浮気問題が解決しました。

お返事、大変遅くなりました。 すみません。 長くなってし...

匿名希望
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

信じるということ

過ぎてみて分ることってあります、その時は分らなくても・・・・。私もこの年になって(ってか、年齢はあまり公...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ