コラム

 公開日: 2014-01-18 

浮気問題の傾向と対策

本気で浮気する人と、脅かしの違い私のメインの仕事は夫婦修復です。
しかし、夫の浮気が継続されたままでは、夫婦の修復はあり得ないという事は 口を酸っぱくして申し上げてきました。
なのに、夫の心を取り戻したいばかりに、夫の浮気は大きな問題じゃない、と妻と言う名の相談者は言われます。
何故でしょうか?
それは夫の不倫によって長い間の夫婦の間に流れた冷たい空気に耐え切れなくなったと言うのが大きな理由ですが、もう少し踏み込んで考えると、不倫は裏切りという事だけでなく、夫の立場による特徴があります。
浮気という遊びの段階では 夫も家庭を捨てようとはしないでしょう。
それが不倫であろうと 浮気心という軽いものであるか、その言葉の違いを今、説明する気はありません。
その線引きは、家庭を捨てるか、捨てないか・・・・・ここに大きな違いがあります。
夫も家庭を捨てようとするときに 次の生活を考えます。
不倫をして、その相手と次の家庭を持とうとするときに やはりその次の生活は少しでも余裕が欲しい物です。
その昔、骨のある男は捨てて行く家族には、すべての財産を渡し家を出たものです。
ある豪快な俳優は、3回も離婚し、その度に別れ行く妻子に全財産を与えたので 離婚するたびに丸裸になったと言うのは 有名な話です。
しかし 最近の男性は自分のことしか考えていないので、別れ行く妻子には 財産を分け与えるどころか、少しでも次の生活にお金を確保したいので、財産分与どころか、自分の不貞は認めないばかりか、性格の不一致という理由にして「妻のここが嫌だった」とか「妻のここが悪い、あそこが悪い」と言って 離婚理由を作ったのは 妻なのだと言わんばかり。

何故なら 妻が至らないから離婚になったという理由にすれば 夫である自分は慰謝料を払わなくてもいいじゃないですか。
謝って・…慰める・・・・それをお金で表す
これが慰謝料です。
しかし 自分は悪くない、悪いのは妻だと言えば、夫は慰謝料を払う必要が無くなります。
その為に、不倫後の離婚準備に入ったら、妻を痛めつけるいじめをし出すのです。
妻が悪い、妻のここに僕は耐えてきた。もう我慢の限界が来た。
こういう風に妻を凹まして、爪を抜いておいて、夫への攻撃の威力を取り除こうとするのです。
妻の人格否定に始まって、妻の子育てへの非難。
また別のタイプの言い方をすれば、妻は僕に優しくない。妻は子供にばかり関心があって夫の僕はほったらかされて寂しい。
そういう事を理由に挙げて、離婚へ事を運ぼうとします。
それに対しいきなり離婚ではなく、別居へという夫のタイプは「一人になりたい」「家庭には僕の居場所がない」と言い出します。
これ即ち 離婚へや別居などの 準備なのです。
つまり何が何でも離婚ありきで 事が進められるのです。
ここを、妻は 問題が起きたら 「話し合い」で解決するものと考えているので これを夫からの問題提議だと考えます。
要するに 問題提議をされたら それが解決のスタートラインだと思うのです。
しかし 夫の気持ちは、もう準備を粛々と整ったので 離婚の最終宣言をした、つまりおっとにとれば、離婚宣言した時点で もうそこはゴールなのです。
だから話し合おうと言っても そのテーブルには着きませんし、何を言っても夫は「ずーっと僕は我慢をしてきたから、もう無理」と話し合いをする段階ではない、と拒否をします。
こういう意識の違いを理解せずに、話し合いという手段が万能だと思う妻の傾向があります。
何度も言いますが 妻に取って夫の離婚宣言は 問題提議をされ、これからそれを話し合いで解決したいと考えますが 夫は それはもう最終的な死の宣告なのです。
私はこういう男性のやり方を擁護しているのではありません。
もちろん腹が立ちますが 男性とはそういう方が多い、という事です。
あ、断っておきますが すべての男性がそうだと言っている訳ではありません。
あくまでも私の所に相談に来る、離婚問題が浮気が原因のケースに限っての話です。
このご主人の離婚大作戦は、ある種、「モラルハラスメント」です。
妻の戦闘モードを芽を引っこ抜いておくモラハラです。
そうして妻を凹まして、かろうじて話し合いをしても もうそこはご主人の独壇場です。
こういう事などが私が話し合いをしてはいけません、という理由でもあるのです。
では、どうしたらいいか・・・・・
ここがやはり、各夫婦の特性を読み取り、計画を立てて、夫の思惑に負けないようにするのが私の手法です。
「えっ?夫に負けないように、とかそんな戦闘モードになりたくない?って」
それが もうすでに爪を引っこ抜かれて ご主人のひいたレールに乗ってしまっている事です。
何が何でも ご主人に逆らえと言っているのではないのです。
ご主人の計画ぐらいを読めないと 妻は自分の計画を立てられませんよ、という話です。
今日はまず 傾向と対策の第一歩の話でした。
では、また。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

24

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お礼&近況報告

ごぶさたしております。 今年一月くらいにメールを頂いてから...

N.K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

信じるということ

過ぎてみて分ることってあります、その時は分らなくても・・・・。私もこの年になって(ってか、年齢はあまり公...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ