コラム

 公開日: 2014-04-10  最終更新日: 2014-06-20

嘘とすり替え

あなたは嘘をついた事はありますか?
この問いに 「いいえ」と答えた方は ウソつきです。
人間はうそつきな生き物です。
人が最初に着くウソって言うのは だいたい幼い子供の頃だそうです。
何か家の物を壊して お母さんの怒りを目にして おどおどして、嵐の過ぎるのを待ちます。
「誰?これ、壊したの?」
それに対し、「僕じゃないよ」
たいてい そんなくらいのものです。
嘘と言っても 他愛ないもので 単に責任逃れ的なものです。
でもここでスルーされてしまうと嘘がまかり通る現実を体験してしまうのです。
そうなると段々嘘も巧妙になります。
 最初は責任逃れからの嘘であっても
これが 大人になると 責任転嫁へと変わっていきます。
最初の嘘は 自分の為の物です。
自分の罪を逃れるものです。
しかし それが高じて行くと、人をだますという事にまで 嘘が成長します。
段々 人へ「騙してやれ」という事になります。
そういう意味で言うと 例えば夫婦間の嘘は 最初、ご主人は
自分のお小遣いの使い過ぎを 弁明する事であったり 毎日お酒を飲んだり遊んだりすることへの いい訳であったのに対し、段々それが 進んでいくと 自己弁護の嘘ではなく
妻を騙すという嘘に発展を遂げます。
でも 幼いころにきちんと 嘘を着いた時に 親がそれを指摘し、検証していたら
【嘘はばれちゃうな】という事を 体で学ぶのですが、親が甘いと 嘘を付けばスルーされるという道を覚えてしまうのです。
ですので 例えば夫の浮気問題があって 幼児体験で 嘘がまかり通ってきた人と
親が その都度軌道修正してきた人とでは 嘘に対する罪の意識は違います。
よく、「何故 私の夫は本当の事を言わないのでしょうか?」と問われます

でも この質問の中にもう答えはあります。

答えは本当の事を言いたくないからです。

何か禅問答のようになるでしょうけれど ご主人は嘘を付く事で 自分をかばっているのです。
ただ、それが なぜか分からないというのは 妻が「夫が嘘をつく理由」が分からないのではなく、嘘を付いて守りたいものが 何か分からないと言う事なのです。
だから夫は浮気相手と別れた、という事で 妻からの問いを遮り、この事を
終わりにしたいという気持ちがあります。
①それは 本当に終わったから、みなまで言うな、という事なのか、

②終わったという事にして 浮気相手をかばいたい。

③もしくは 浮気は終わっていないから、隠したい。

答えは この3つしかありません。
そこで 相談者の質問は 何故浮気が終わったのに夫は冷たいのかという事に及びます。
でも この3つの中で ①と③は ま逆の事です。
①のように本当に終わった浮気なのに、夫が冷たいというのは そもそも
終わったという根拠はどこにあるか?
そうなると ③ならば 答えになると思うのです。
つまり 浮気が終わったという事は夫の言葉だけで 根拠はないのです。
検証もせずに信じるという事を 【鵜のみ】というのです。
でも愛する夫ですから 盲信することは悪い事ではありません。
しかし 盲信するなら 最後まで信じ続けるしかありません。
だって、本当か嘘か それは検証なく 信じるという道を 選んだのですから
そこは 鰯の頭だって信じるしかないのです。
そのうえで 後になって 何かおかしいと疑問を持っても、そもそも

鰯の頭にご利益があると信じたことから振り返らないと 本当の答えは見いだせません。
これは 相談者の信じたいという気持ちを 叱っているのではないのです。
辛い苦悩の時間から 早く抜け出したいという事で 取り合えず夫を信じるという事で
夫へも 誠実さを求めるという ギブアンドテイクの関係を早く作りたかったという事は
理解できます。
しかし ここは 気持ちが分かるとしても やはり 何らかに目をつぶり、勇み足で

通り抜けてしまったという事は否めません。
もちろん ご主人も、実際浮気が継続中か、終わっているかは別として、そんな事は

答えたくもないはずです、
そうなると 夫も妻も、皮肉にも思いは一緒。

お互い畳み込むように、蓋をしようという事になります。
さあ、そこで 今日、私が書きたかった事は そんなことではないのです。
いつもながらのミーハーですいません。
小保方さんの記者会見を見ていて感じたことを一言。
何か心の奥に言うと都合が悪い事がある人は 同じような事を言うのだな、と
感じるのです。
これは 夫婦関係の事も同じで 奥歯に物が挟まっている時は人は
こんな事になるのだと感じました。
我々一般人は、STAP細胞などと言われても ちんぷんかんぷんです。
素人だからこそ、単純に考えるのですが 科学と言っても化け学の方は
再現したり証明できたりしないといけません。
だから 小保方さんもそんなに 疑われて心外だったなら 再度証明すればいいのです。
信じてもらえずに それほど苦しかったなら、200回も他にしろ成功しているなら

小保方さんの力を添え、再度挑戦すればいいだけです。
それの答えは 「時間が掛かる」って何?
何年も掛かるなら ちょっと困りますが そもそもはSTAP細胞の発表があってから
90日間くらい 姿をかくしていたので もう少し時間が掛かっても それは構わないと思うのです。
少し時間は 掛かりますが、と言いながら なるべく再現したらいいと思うのです。
それなのに 疑いをもたれた事が心外だと 弁護士を付けて ねつ造だと言われた事を

名誉棄損で 押し返すって、何?って感じです。

信じられないなら 信じない者が悪いと言わんばかりの理屈です、
でも そんなに信じてもらえず悔しいなら 信じてもらえるように 証明すればいいのであって、信じない者へ、法的に反論するって・・・・・
これを すり替えでないとしたら、何なんでしょう。
あれっ?これってどこかで聞いた事ないですか?
そうです、夫側が浮気をして 妻と喧嘩になった時のやり取りと似ています。
妻は夫が浮気相手と別れたと聞いても、相変わらずの冷たい態度の夫に、浮気が終わったという事は、にわかには信じられず、つい疑ってしまいます。
そうすると 夫は「そんなに信じないなら、もう離婚だ」というのです。

妻にすれば 信じろというなら 信じさせてよと 言っているのに それを何も証明してくれないというのが 妻の気持ちです。
それに対し、夫は そんなに信じないなら それは妻が悪いと言わんばかりです。
もちろん、無いものを 無いと証明することは難しいものです。
しかし 本当に終わった事なら 何とか努力して 終わった事を妻に分かるように

見せてあげるべきなのです。
でも見せられないのです。
何か 昨日の会見を見ていて 裏切ったら 信用を取り戻したい方が

努力をすべきなのに 何故我々が 一生懸命に信じる努力をしないといけないのか

何か腑に落ちない気持ちで画面を眺めていました。
何か都合が悪い事がある人間の態度って、他にすり替えるんだな~て。
では今日はここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

22

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

浮気問題が解決しました。

お返事、大変遅くなりました。 すみません。 長くなってし...

匿名希望
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

テクニックに拘わるな。

今日のテーマはテクニックだけに拘っていませんか?という内容です。この度、個別の相談を少し休止すると発表し...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ