コラム

 公開日: 2014-05-07  最終更新日: 2014-06-20

嘘を着く方が簡単?

今日は「修学旅行中止、バス手配ミス」の事に付いて書きます。
このニュースを見ていて、ふと 私の結婚生活の事を思い出していました。
このニュースはご承知の通り 修学旅行の請負先である旅行会社の男性社員が バスを手配するのを忘れて、行き詰って、生徒のふりをして自殺予告の手紙で修学旅行を中止させようとした事件です。
これを聞いて 私に限らず ここまでの事をするより、何故正直に謝罪をしなかったのか?と考えるでしょう。私も同じです。
こんな風に結局大ごとになるくらいなら 正直に謝る事が何故出来なかったか?と誰しも思います。
つまり 謝る事の方が簡単とは言いませんが こんな大それた芝居をするより正直に謝る方がましだろうと考えますが、その旅行会社社員にすれば、謝る事が社会人生活が絶たれる致命傷になると考えたのでしょう。恐らく誤魔化して抜け切りたかったのでしょう。
でも これは誤魔化せると思っただなんて 何て大胆な、と考えますが、恐らく大胆でも何でもなく、
むしろ行き当たりバッタリだったいう事の方が正しいかもしれません。
実は このニュースを見て 私の結婚生活で元夫に対して同じような思いを抱いた事を思い出しました。
ご多分の漏れず、私も当時は元夫の浮気に苦しんでいました。
それはすでに、浮気の発覚から数か月が経ち、元夫は浮気は終わった、女性とは別れたと言っていた時期でしたが 実はそれは真っ赤なウソでした。
私もそれは薄々感じていて、猜疑心にさいなまれる毎日でした。
その結果、元夫の行動を逐一、監視すると共に 詮索するという事で、帰るコールも強要したものでしたが、当時は今のような携帯電話は無く、公衆電話で毎日、元夫の帰宅時間を会社から出た時間から換算して、一人胸をなでおろしたものです。
しかし それは本当に浮気が終わっていたら元夫もいらぬ工作はしなくて済んだのですが ここが不明な部分で元夫は 使途不明時間を沢山 作りました。
つまり工作をしている時点で 浮気は終わっていないという事イコールなのです。
元夫は色んなアリバイ工作をしたのですが ある程度の時期からはそのパターンも見破る事が出来ていたのでそこからは、いたちごっこのような事で、嘘を付かれては行動を縛るという悪循環に陥りました。
当時の嘘は、どうしてそんな見え透いた、すぐにばれるような嘘を付くのか、私には理解出来ませんでした。
どうせ、私にばれて、繰り返される嘘に対して、また元夫を縛るという事になるのに、そんな嫌な喧嘩が毎回起きる事を繰り返すのは苦痛じゃないのか?
ばれてはまた、詮索されるのが解っているのに どうして同じような事を繰り返すのか?
そんな嘘を付いて苦しくないのか?
その場しのぎの嘘を付いて それがばれた時には、その後どうするつもりなのか?
家族も大切で 子供も大事だと言いながら どうして嘘を付いてまで浮気相手と別れられないのか?
そんな事を毎日毎日 私は自分に問うていましたが 本当に答えて貰いたい元夫からは答えはありませんでした。
何故?何故?どうして?
いくら考えても 答えは出ません。
今にして思うと それは当たり前です。
だって 私は不倫も浮気もしたことが無く 私の考える経験則はゼロだったわけで、いくら頭をひねっても分かるはずはありませんでした。

そして結論は・・・・
今にして思うと 元夫は何も考えていなかった、という事です。
目の前の事だけで精一杯で、この嘘をついたら ばれた時にどうなるか、そんな事何も考えていなかったと言うのが結論です。
行き当たりバッタリ、ばれたらばれた時。
我々、普通の物差しで考えると 嘘を付く事の方が苦労するのに やはり隠し事をしたい人は
本当の事を言う方が簡単なはずなのに、わざわざ嘘を付く・・・・これが私の感覚では理解を越えていて、何故何故ばかりに囚われていました。

今回の修学旅行キャンセルにさせた旅行会社社員も 【ごめんなさい】って謝って事前に白状していたら少なくとも犯罪にまではならなかったと思うのです。
これを考えていたら、「あ~人って目先の事にいっぱいいっぱいになると思考がめちゃくちゃになるのだ」と分かりました。
家族が大事だったら、浮気なんて出来ないはずだ。
妻が泣いて止めてくれと言っているから 浮気を止めてくれるはずだ。
仕事の影響も考えると そんな浮気なんていつまでも出来ないはずだ。
そんな私の屁理屈でいくら考えても解るはずがない。
結局 私と 元夫とは別人格なのだ
こういう事が、結局の所、結論でした。

そういう意味で、いくら考えても分からない人は それは私達の人間性とは違うという事です。
浮気をする人もいれば 一生しない人もいます。
本当に 人それぞれ、です。
では今日はここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

21

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

浮気問題が解決しました。

お返事、大変遅くなりました。 すみません。 長くなってし...

匿名希望
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

テクニックに拘わるな。

今日のテーマはテクニックだけに拘っていませんか?という内容です。この度、個別の相談を少し休止すると発表し...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ