コラム

 公開日: 2014-07-04 

ののちゃん議員に見る嘘の構造,VOL2


昨日に引き続き、ののちゃん議員のニュースがワイドショーを賑わせています。
海外ニュースでは、笑い草になっていますし過去の公費800万円の不正使用で その真偽が問われています。段々問題が広がって行っていますね。
でもここは真偽を問う前に、不正使用の証拠を握っていたら、下手な言い逃れはさせなくて済んだと思うのですが、やはり人はまず人を信じるという性善説がありますから 最初から疑って掛れないという事で事実を問うという順番になるようです。
これは夫婦関係にも似た部分があり、いい機会ですので今日もこの題材を使って、説明をしていきたいと思います。
まず、人間は嘘を付くとき、疑う人に対して、上から目線で抑えつけるか、情に訴えるかのどちらかのスタイルになるようです。
例えば妻は夫の不審な言動に疑念を抱き、疑いの言葉を浴びせたとしたら その反応は、逆切れで今後の疑いをシャットアウトするか、「俺を信じて欲しい」と歩み寄りか、どちらかですが、この歩み寄りが真実である場合もあれば、これがポーズである場合もあります。
では これがどちらなのか、判断の分かれ目は、たった一回の謝罪時の態度より、その後の日常の言動となるでしょう。
要は口では何とでも約束出来るのですが やはり言動一致か、どうかなのです。
妻に冷たいかどうかという、表面的な事ではなく、実際疑わしい行動がないか、どうかが大事です。
つまり 浮気は終わったと言いつつ、相変わらず帰りが遅かったり、休日出勤と称し、休みも家を
空けているかどうかも判断材料となります。
もちろん、実際に浮気後、心を入れ替えて、夫も仕事に精進するという事はありますし、要らぬ事を考えないように、仕事に没頭するという事の為に、休みも返上し、仕事に出かけるという事もるでしょう。
でも そういう場合は本当に帰宅した時の目の色や、労働の跡が見えます。
肉体労働の場合は 特に汗の臭いもあります。
つまり 人の心は意外と「におい」が 言葉以上の力を発する時があります。
そして、文字通り何か怪しい時は「臭う」と言います。
そうです、人の言う「臭う」とは 嗅覚で感じる「臭い(におい)」ではなく、「匂う」という感覚で感じる物です。
それを、言葉だけに真実を求めるから 話し合いをしたりしますが、言葉は何とでも言えます。
むしろ言葉を裏付けるものは おかしいと感じる感覚です。
それを話し合いで答えを求めると、その感じる事をも、逆切れで禁じられてしまうのです。
それを、盲信と呼びます。
要は、疑いを持つな、と脅かされてしまうのです。
みなさん、ののちゃん議員の言葉は、信じられましたか?
あの嗚咽をしながらの釈明に その言葉に信憑性を感じましたか?
記者会見で最初、記者さんへの名刺提出を命じた時の威圧的な態度。
追求されると、質問をした記者へ名指しで、反撃。
最終的に、説明がつかなくなったら、泣き叫ぶという支離滅裂。
どれも言葉は、公費の不正使用を否定するものでしたが、言葉以上に態度は怪しさばかりが募ります。
皆さんが夫婦で話し合いをする時に 大事な事は 言葉ではなく、その人の態度から推し測れる事が多々あります。
実際、本当に反省をし、浮気を終わらせて、修復に成功した夫婦もいます。
そういう人の場合と、浮気は終わらせたと約束していながら、実際は続いていたという人と、どう違うのでしょうか?
浮気は終わったという言葉は一緒でも、態度が違うのです。
もちろん、浮気が終わったからと言って 次の日から何も無かったように妻に優しく出来る夫がいたらそれこそ、「嘘っぽい」のですが 目の穏やかさが違います。
これまで 妻を睨みつけるような冷たい目線であったご主人が、まるで憑き物が落ちたように、落ち着いた目の色をしています。
でも この目の色と言うのは 我々日本人ですから 急にブルーに変わる訳ではなく、あくまでも感覚的なものです。
この感覚を、夫の言葉とかを盲目的に信じようとすると、言葉と感覚との間に、ずれが起きて、無理クリ、感覚に蓋をしようという事になります。
不安があるのに、夫を信じられない妻・・・・・
そうなると もう半分うつ状態になり、訳が分からなくなります。
でも 言葉は嘘を言えても、態度や行動は嘘がつけません。
夫婦の会話はサイレントナイト行動を見たら そこそこ真実が見えて来ます。
あの泣き叫ぶののちゃん議員は、信じて貰えそうにないから、話をすり替えて、信じて欲しいと訴えるのです。
これがもっと、気の強い人なら、机を蹴って会見場を出て行ったでしょう。
要は、信憑性の無い事は 恫喝して脅かすか、支離滅裂なすり替えしか、逃げられないのでしょうね。
と、いう事は 気の強さと逃げは表裏一体だという事です。
強い口調だから、強い人ではありません。
だから 多少逆ギレされたって、怖がる必要はないのです。
犬だって同じ。大型犬はあまり吠えません。
小型犬ほどキャンキャン吠える。「弱い犬ほどよく吠える」・・・・昔の人はよく言ったものです
あの、ののちゃん議員の会見、要は何が言いたかったと言うと、意味が聞き取れたのは「苦労して議員になった」という事だけでした。
幼い頃もお菓子屋さんで欲しい駄菓子をねだり 駄々をこねて親を困らせていたのじゃないかな?
では今日はここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お礼&近況報告

ごぶさたしております。 今年一月くらいにメールを頂いてから...

N.K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

信じるということ

過ぎてみて分ることってあります、その時は分らなくても・・・・。私もこの年になって(ってか、年齢はあまり公...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ