コラム

2015-03-03

川崎中1少年殺害事件に思う

今日は夫婦関係のテーマとはちょっと離れますが、私の思いを書かせて下さい。

少年法の改正が検討され、施行目前にして、残忍な事件が起きました。
子供を持つ親として、こんなに無残なことはありません。

私は大人の世界においては自己責任を強く思うのですが、未成年の起こす事件にはやはり親の責任を感じずにはいられません。
今回の事件ほど、犯人の親の顔が見たいと思ったことはありません。
子供の頃、私の母が「あんたの身体は生んだけど、性格は生んだ覚えはない」とよく言っていました。
なので子供心に、何をしても自己責任だという風に考えて育ちましたから、何でもかんでも親のせいとはいいません。しかし何故自分の息子の行動に気づかなかったか、犯人の親もさる事ながら、遼太君の親子の関係性にもやや疑問が残りましたが今は大事な息子さんを亡くされ、批判は簡単ですから、ここは遼太君の死を悼みたいと思います。

さ、話を元に戻しますが親は自分の子供が見えていないだと思います。
そんな中、犯人の父親のインタビューがテレビなどで流れています。
何かちょっと巻き舌口調で息子をかばう言葉ではあるけれど、これまた、息子の姿が見えてない親と感じずにはいられません。犯人逮捕の前にSNSには 書き込みがいっぱいあり、マスコミより早く犯人の予想を立てていた友人達。
殺された上村君は、自分の家に犯人たちが来ることを、とても恐れたようです。
このような事件を聞くと上村君の親は何をしてたんだとつい、考えてしまいますし、そんな中一くらいの年齢でなぜ、そんな不良グループと深夜遊んでいたのかと親との関係性にいささか疑問はありますが、上村君はそれなりに親のことを心配し家庭に被害を及ぼすことを身を以て守り、親にも打ち明けず暴力に耐えていたのだと思います。

そもそも事件の発端になった、上村君への暴力を犯人に抗議しに行った知り合いたちがいたという。
これらの人たちも、ちょっと血気盛んな知人であったかもしれませんが、少なくともこのネットの書き込みに友情も心配も、そして助け合おうとした仲間がいた事も事実です。
今はネットの普及で、親以上に友人などがSNSで子供同士の心情を理解しあっているように思えます。
一緒に暮らしている家族より、ずっと親密に上村君を心配し、またそういう外の人たちに助け舟も上村君は求めていたのです。
そうやって思うとネット社会の弊害ばかりを唱えている大人は 何なんだろうと思ってしまいます。
警察に行けば暴力事件を摘発しよう・・・何でも言ってきてくださいというポスターがいっぱい貼ってあります。窓口の対応にも差があるのかもしれませんが、児童相談所においても児童虐待の告発をいくら求めても、実際にそういう家に行きインターホンを押しても「子供は寝てます」の一言で引き返してくる相談職員では、絶対に実態は見えません。
と、いうことは大人がどんどん鈍感になってきていると思えます。
そうなると 何か、ずっとネットの方がリアルだし、ネットの助け合いの声かけの方が、素早い動きをしています。家族以上にネットが話しやすいのだとしたら、家族ってなんだろうと考えてしまいます。

上村君のお母さんは離婚をして離島から自分の実家のある神奈川に転校したという。
前の校長が、彼ほどの見送りを受けた離島の生徒を見たことがないと言っていたくらい、人には好かれていた彼。
その彼が、なぜそんな不良グループとつるまないといけなかったか、出会い頭の運の悪さもあるかもしれませんが彼の寂しさもあったのではないでしょうか。

その彼は自分の家族に、家庭に迷惑が掛かることを恐れ、最後まで親には本当のことが言えなかったし、親にSOSを出せなかった・・・・・・そんな水臭いというか、要らぬ親孝行です。

私も男の子を2人育てました。
思春期の頃の男の子って、母親には何も話しませんし、手の付けられない部分もありました。
それでも、たぶん道を反れなかったのは、立派な教育をしたわけでもなく、いい子だった訳でもありませんが、最終的に親に心配をかけたくないという親子の絆くらいはなったかな、と思います。
今にして思えば最後は運だけのようなもの。
そういう悪い運命に足を突っ込まなかったという紙一重の運が大きいと思います。

ただ、私も青春時代、好奇心に駆られて嫌がおうなしに悪い誘惑に負けそうになったことはありました。
若気の至りです。
でも、結局いろいろ踏みとどまれて、今があるのは、最後は親の顔が浮かんだということです。
苦労をして育ててくれた親を悲しませることはしたくない。
ただそれだけが 悪いことに踏み留めたと思います。

そういう風に考えると、上村君もたぶん親に迷惑をかけたくないと、親の顔が浮かんだのだと思います。
こんなことになるくらいだったらお母さんだって、どんな苦労をしても息子を助けてやりたかったはず。
親には迷惑をかけないなんて、そんな水臭いこと言わないでほしいと今では思っているでしょう。
そういう悪い運命に足を突っ込まなかったという紙一重の運が大きいと思います。

犯人逮捕の前にSNSには 書き込みがいっぱいあり、マスコミより早く犯人の予想を立てていた友人達。
そもそも事件の発端になった、上村君への暴力を犯人に抗議しに行った知り合いたち。
これらの人たちも、ちょっと血気盛んな知人であったかもしれませんが、少なくともこのネットの書き込みにこれらの人たちも、ちょっと血気盛んな知人であったかもしれませんが、少なくともこのネットの書き込みに友情も心配も、そして助け合おうとしたことは事実です。一緒に暮らしている家族より、ずっと親密に上村君を心配し、またそういう外の人たちに助け舟も上村君は求めていたのです。そうやって思うとネ会の弊害ばかりを唱えている大人は 何なんだろうと思ってしまいます。
何か、ずっとネットの方がリアルだし、話しやすいのだとしたら、家族ってなんだろうと考えてしまいます。


悪いことをした時に親の顔が目に浮かぶ親との関係性。
これがとても大事です。
親が何を思おうが、子供の胸が痛まないなんて、悲しい。
でも今回みたいに、上村君は親の顔が目に浮かんだんですよね。
だから身を張って、家族には内緒にしたんですよね。
こんな親孝行なら親不孝のほうがずっとまし。

このコラムを子供たちが目にすることはないでしょうけれど、子供は遠慮なんて必要ないし、親には苦労を掛けるものです。親を思って、親に甘えられないなんて親孝行でもなんでもない。

だって上村君のお母さん、そして離婚したお父さん。
この方たちには この後の人生に幸せなんて来ません。
失礼を承知の上で言いますが、こんな形で子供を亡くし、親が自分たちの幸せを願うなんて出来ないと一生後悔しながら生きていかれると思います。
そして上村君をかばって抗議しに行ってくれた先輩だって、そのことが犯人からの逆恨みを買い犯行のきっかけになったとしたら自分達のとった方法が間違いだったと十字架を背負って生きるでしょう。

こうして誰もが幸せになれないこの事件。
そして親だからこそ、見えていない子供たちの心。

だって、中一ですよ。
この前までランドセルを背負っていた子供が、なぜ母親に無条件で甘えられなかったか?

あえて夫婦問題カウンセラーとして言いたい。
離婚はだめよ。
子供って自分のせいで親が喧嘩すると考えます。
だから自分がいい子になったら、親は離婚せずにすんだのかと考えます。
そして、なるべく親には迷惑をかけたらいけないと、甘えることもできないのです。
幼い子供って自分が悪いから親がもめると思っているんです。
それなのに、夫婦の間でもめ事が起きて、それを全部見せる親。
何なら夫の浮気を子供に相談する母親。
子供と一緒になって夫を阻害する妻。

確かに浮気は夫が悪い。
どう考えても夫が一番悪い。
でも、二番目に悪いのは母親です。
同罪といっていいくらい。

私のところに寄せられる相談で、夫の浮気が子供にも知るところとなり・・・・なんて書き方をしてあったら
腹が立ってしかたがありません。

子供が幼いのであれば、子供が寝てから喧嘩をすればいい。
思春期のものの解る年齢の子供になら、なおさら「夫婦の問題だから、あなたは心配しなくていい」と
子供を巻き込まないのがルールです。

子供に聞こえないようにすることなんて、いくらでもできます。

それなのに、夫の親に夫の浮気を相談しました、という妻。

夫はいくら自分が悪いことをしても、年老いた親には心配かけたくないのです。
それを言うなんて、夫にすれば自分の親に告げ口して悲しませた妻には、今後愛情なんて持てるはずがない。
そしてもっとよく聞くと、日ごろから夫の母親とは嫁姑の関係で仲は良くない。
これでは相談ではなく、言いつけと同じ。

夫が浮気をしたときによく言う言い訳。
「俺には居場所がなかった」
「この家では落ち着かない」

これは 自業自得とは言え、確かに妻が子供も巻き込んで家族が一丸となってお父さんに冷たい態度をとれば
針のむしろになり居心地が悪いのは当たり前。
浮気をしたお父さん自身が自分でまいた種とは言え、それを家族全員で責められたら、家にも帰ってきたくなくなります。

世の奥様方は、浮気はやめてほしい。
家族のもとへ帰ってきてほしい。
でも、子供たちにも夫の悪行を告げて、父親の威厳を失わさせる・・・・・・
いったい、戻ってきてほしいのかどっちだといいたい。

夫の親や自分の親兄弟に全部相談という名の告げ口をしていながら、今後、夫とは仲直りをして
やり直すことってできますか?
ご主人の浮気を全部ばらして、親戚一同にお披露目し、夫の面目丸つぶれ。
今後、甥っ子や姪っ子の結婚式で、その夫は何もなかったように参列できるとしたら、それはすごい心臓の持ち主です。
妻の父親がもし病気になって、婿として平気で見舞いに行けますか?

妻と夫は たとえ浮気という苦労があっても、乗り越えることができます。
何なら雨降って地固まるで、修復も可能ですし、もっと言えば夫婦はセックスというスキンシップで、
ご主人にすれば名誉挽回もできます。
でも、妻の父親からすれば男同士ですから、娘を不幸にした奴という印象は消えないのです。
つまり妻の家族からは、表面的な付き合いしか出来なくなるのです。
もっと言えば夫の母親からは「ごめんね、不出来な息子があなたに苦労を掛けて」と、嫁に謝るのです。
男性という生き物は たとえ自分が悪いことをしていても、母親が人に頭を下げるような親不孝はしたくないのです。

いいですか、妻が周辺の人に夫の浮気を言うのは相談でもなんでもありません。
自分の味方を多くして、官軍を引き連れたいだけです。
そして夫の威厳を損失させ、家に帰ってきにくくさせるのです。
子供にも尊敬されることがなくなってしまうのです。
親戚一同集まる法事では夫は、過去浮気をした人という汚名を背負って出席するのです。

自分が蒔いた種とは言え、そんな居心地の悪い生活なんて、まっぴらだとご主人は思うでしょう。

それなのに、妻は夫に家族の元に戻ってほしいというのです。
ご主人に居場所を無くさせて帰ってきてほしいはないでしょう。

誰かに相談したい気持ちはわかりますが、矛盾していませんか?
いいですか、何度も言いますが夫婦は修復するチャンスはあっても、親戚縁者にはご主人はずーっと恥をかいたままなんです。
そんなご主人に居心地を悪くさせなくても、とっちめる手立てはありますよ。
どうか、子供にだけは夫婦の実態を見せないで下さい。
子供は二面性をもって育ってしまいます。
よく、「お兄ちゃんはしっかりしているからお父さんのことを相談し、探偵まがいの事を長男としました」と涼しい顔をしていう妻がいます。

私はこのことを聞いてぞっとしてしまいます。
これは恐らく夫に頼り、甘えてきた妻だったのでしょう。
これは悪いことではありませんが、これまではこれまで、です。
つまり甘えという依存を夫から長男に変えただけです。

これでは夫の浮気が収まったとしても 長男はお父さんを二度と尊敬しなくなります。
そうなると、ご主人は依存症の妻と、尊敬もされなくなった子供たちのところに帰ってきたいと思うはずがないのです。

だから どうか ご主人の名誉挽回の機会を根こそぎ取らないで上げてほしい。
妻のご主人の浮気相手から奪還を希望するなら、せめて家族にはご主人のメンツを守ってあげてほしい。

今日は、中一の・・・私からすれば幼い子供の背伸びの親孝行への私見を述べました。
夫婦カウンセラーとして言いたいことは 離婚はこういう風に親孝行な子供にさせてしまうということです。

遠慮なく親に甘え、わがままを言えなくさせる離婚て何なんでしょう。
今回の事件はいろんな事情を差し引いて考えても、根っこは夫婦の離婚も関係していると思わざるを得ません。
子供は子供らしく親に甘え、親の事なんて心配しなくていいんです。
ただ、一つだけ、忘れてはいけないことは、親が悲しむ顔です。
ここが本当に目に浮かぶ関係性を親子では保っておかないといけません。
親はペアレントの両親ですが、もう一つの良心でもあります。
本当の良心の呵責とは難しい道徳心やなにかではなく、道を踏み誤りそうになったときに
親の顔が目に浮かぶということが、物事のブレーキになります。

どうか、みなさん、家族で親の顔が目に浮かぶ関係性でありたいものだと、つくづく思います。
それにしても、上村遼太君、よく頑張ったね、空の上では幸せになってね。
                          合掌

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

相談から2年が経ち、近況報告

村越先生 こんばんは、A子と申します。 2013年に往復6通...

A子
  • 女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

中村橋之助さんの謝罪会見は新型?

これまでの有名人の不倫は、社会や業界や不安に向けての謝罪でした。その目的はとりあえず芸能活動をする為の会...

[ 不倫論 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ