コラム

 公開日: 2015-03-09 

「許す」は「許さない」の裏返し

今日は よくメール相談で寄せられるテーマについて書きます。
それは夫の浮気をどうすれば許すことが出来るかという質問です。
これは、この浮気事件を終わらせた後の相談です。
浮気が発覚当時は、ある種の興奮状態も手伝って、とりあえず浮気を許す、許さないよりも、妻もその山を越える為に、急いで夫婦がやり直そうと誓い合う約束をします。
もう、これで夫はなんとなく無罪放免になった気になっていますし、妻も浮気云々よりも、「これから」ということに、思いを馳せます。
そして妻も浮気は過去のものにするという約束をしたおかげで、もう終わったことを蒸し返すことを出来ないのです。
でも、実際は落ち着けば落ち着くほど、過去の事がフラッシュバックのような悪い感情が蘇り、
あの時、あんな事を言われた、こんな事を言われたとか、落ち着いたからこそ思い起こす余裕が出てくるのです。
しかし、もうその時点で、妻は過去の事をこだわらないと約束をしてしまっているので、二度と自分の感情すら話せなくなってしまいます。
それに加え、夫の態度が何も無かったように、普通にしていることにも何か、イラっとしてしまう自分の感情の持って行き場を失ってしまいます
でもまだご主人が本当に普通にしてくれているなら、まだましですが、ご主人もそっけない態度であったり、何なら冷たいくらいなら、こんなに妻に苦労をかけていながら、妻を労わる事もしない事に腹まで立ってしまいます。
本当なら、今まで苦しめてごめんね、くらいの言葉も欲しいし、できれば倍ほど優しくして欲しいのに、それどころか浮気が始まる前よりそっけないと感じ、夫に対し、疎外感やら、苛立ちやら訳の分からない感情を一人で抱えだすのです。
そこで自分の中で拘りになっている浮気の事を再度、整理をつけるために「許す」という大岡越前的な(古っ!)地位に自分を持ち上げようとするようです。
つまり夫を許すという上からの大きい器になろうとしていますが、実は妻にすれば、この苦しみから解放されたいという「もう堪忍して」という心境が「許す」という置き換えをします。
これでもうお分かりかと思いますが、許すという気持ちは実は、妻の方が許してやるという強い立場になり、許してあげていると強がりを言っているだけということになります
これがタイトルにある「許すは許して欲しい」と同意語である、ということになります。
つまり、夫を許してあげたのに、夫がいつまで経っても優しくないと「何故なんだろうと」と私に聞かれますが、許してあげたから、お返し?に妻にやさしくするはずというのは妻の勝手な方程式です。
そして、浮気をして本当に反省しているなら、妻にやさしくするべきだし、出来るはずというのも、妻側の独特の考え方です。
男性というものは、浮気が終わったからと言って、右から左に、変わり身早く反省なんて出来ないのです。
だから、許したから、反省して妻にやさしくくらいはしてもいい筈というのは、すべて妻の描いたストーリーです。
本当の反省って、もう少し時間が掛かるものですし、何なら浮気は、まだ甘酸っぱい思い出なのに、
終わったからと言って、浮気を反省なんていう構図は妻の考えです。
確かに理屈としたら、家族を泣かし、妻を苦しめた浮気は褒められたものではありません。
でも男性って、いつも勝負にこだわっているので、浮気が見つかったからと言って、すぐに負けを認める動物ではありません。
まだまだ、突っ張っていたいので、自分の浮気を、素直に反省するって、負けを認めるような気分になり、自分の非を認めるようなことになります。
これが日頃から、夫に対し、妻の口調も強いタイプなら、尚更夫の妻には、頭が上がらなくなる関係性は真っ平御免。
と、なると、夫の強がりの態度は、益々アップしますし、妻が許してやったというスタイルにも屈したくないのです。
そういうことで妻の「許す」は実は許してやったという上から目線の現れですし、夫にすれば、「許してもらった」というマイナスポイントが1点、加わるということなのです。
妻にすれば本当は夫に裏切られ、傷つき、これ以上、心が離れるのはゴメンだと考えながら、実は妻の方も、自分の気持ちに正直じゃない。
許すとか、許さないとかはペナルティー的な考え方です。
それを理解した上で、実は許すと言いながら、一番この状態に参ったと思っているのは、本当に堪忍してよ~と思っているのは妻の方という事です。その上で奥の心理状態をいうと、許してやったのに
妻にもまだ冷たいなんて、コノヤローということなんです。
だから許すは許さないの裏返しと言っても過言ではないということです。
夫婦でフラットな関係を望んでいながら その妻こそも、実は心を偽っているという強がりになっています。これ以上の嘘や裏切りはもうゴメンだと思いながら、自分も何かしら偽っていることに気づいて下さい。
きっと、もう少し素直な向き合い方があるはずです。
では今日はここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

18

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

相談から2年が経ち、近況報告

村越先生 こんばんは、A子と申します。 2013年に往復6通...

A子
  • 女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

信じるということ

過ぎてみて分ることってあります、その時は分らなくても・・・・。私もこの年になって(ってか、年齢はあまり公...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ