コラム

 公開日: 2015-08-14 

信じることと、見抜くこと

浮気事件が終わったとして、これからは直ぐに夫を信じていきたいというのは、妻の希望だろうか?
信じないと この先 進めないとしたら それは夫側の指令ではないだろうか?

と、なると 浮気をされていた当初も、疑うことも許されず、結果的に浮気が発覚したあとは、早くも夫を信じないと、修復が出来ないとしたら それは誰からの要望なのでしょうか?

そんな浮気をされて、すぐに夫を信じられるはずがない。
それなのに 信じなければいけないなんて、それを無理難題と云えませんか?

その上で 信じなければ夫婦の修復にも入れないと言われたとしたら それは誰のことばでしょうか?

そうしなければ、夫婦修復も出来ないと 夫が断言したとしたら、私なら「お前が言うな」と、思います。

浮気が行われていたとする当初、そのことを疑っても、夫に否定されたり、シラを切られてきたはず。
しかし、結果的に浮気の事実が明白となり、やっと真実を巡って話し合いがなされた結果、
早くも浮気を止める宣言をされ、夫から これからは俺のことを信じろと、断言される。
何なら 信じなければ 妻との修復も出来ないぞ、と言われてしまう。

口調の強い、弱いの違いはあっても、これを脅かしと分からないと、この先の道で迷子になるとこになります。

普通、妻に浮気がバレたからと言って、それは浮気を止める理由にはならないのです。
しかし早くも浮気集結宣言をされて、もう「終わった話」にされてしまいます。
ここが本当に、終わっているならいいのですが、その確認ができていない段階で 終わった事と信じなければならないとしたら、本当に終わったかどうか、確信が持てませんよね。
でも その話を蒸し返す事すらできなくなる。

その結果、妻なら・・・・本当に夫に愛情があるなら・・・・・夫を信頼するなら・・・・・・
「俺を信じろ」と言われてしまうのです。

まだまだ払拭されない不安を現実の生活の中で、抱えながら 夫に忠誠を誓わされるのが妻なのです。

もちろん、それでも夫の言いつけ通り、信じていたいなら 私は何も言えません。
でも、信じたくても信じられないことがあり 夫にも聞けない関係になってしまっているから 当方に相談をされたのだと思います。

ここには もう私が唱える「見抜く力」。
これを身に付けるしかありません。

子供の時に、よく言いませんでしたか?
「見て分からんものは、聞いても分からん」

私が日頃、唱えている、「話し合ってはいけません」に通ずるものがあります。
そうです、浮気をしている?または 浮気をしていた当の本人に聞いても浮気の話を正直に答えるはずがないのです。

これは大事なことなので もう一度書きますね。
浮気をしている?または 浮気をしていた当の本人に聞いても浮気の話を正直に答えるはずがない。

ここが 相談者の人には、理解出来ない部分のようです。
う~~ん、理解できないというより、受け入れがたいと言うか、話し合いという「話」を夫としたいのでしょうね。
何故なら、これまで夫から避けられてきたから・・・・

しかし 話し合いどころか、夫からは何も言わずに信じろと、宣言されてしまった妻は、どうやって信じたらいいのか、と当方へ相談に来られますが、私にそれを聞くのが間違っている・・・・・

何なら、私は、信じるなとはいいませんが 信じる前にしておかなければならないことが、まだありますよという説を取る立場ですから、妻のどうやったら信じたらいいかという 問いには答えるすべがありません。

だから その代わりに、「見抜く力」を説いていきたいと思います。
ここで 見て分からないものは 聞いても分からないから、自分の眼力で見抜く力を付けましょうというのが 私の説です。

この見抜く力というのは 夫からの「信じろ」という言葉に、忠実になる必要はないということから
はじめましょう。
でも そうなると、夫の言葉に逆らいたくなりますが、これも逆らう必要もありません。
夫の言葉に逆らうという時点でそこも、すでに話し合っているのですから そもそも そこからが必要ないと言うことをわかると 逆らう状態も起きないと言うことです。

と、言うことで 夫の浮気が終わったかどうか、本当に信じられないなら、信じずに、見抜けばいいのです。
その見抜く方法というのは 今現在、起きている事象により、異なりますので 方法は様々です。
だから その細かな方法こそ、私に尋ねて欲しい部分ではありますが 実際はここが 夫の浮気が
終わったかどうかの、一丁目一番地の話です。

ここにこそ、夫婦修復の肝心かなめの話をしなければならないのですが 残念ながらこれこそが
個人差のある話で 一般論で話せることがありません。
だから、よくある「夫婦修復マニュアル」などは いくらネット上で簡単に手に入れられても、それは処せん、誰にでも言える一般論にしか過ぎません。

これこそが 悩める夫婦の数の分だけ、その方法は千差万別です。
これを理解した上で、「見抜く力」を身に付けたら 百万馬力です。

つまり、夫を信じると言うことを 善とし 信じないことを悪としないこと。
この覚悟を出来た人こそ、次のステージへ行くことが出来るのです。

夫を信じる事が「善」であり、「夫婦愛」であり、そしてそれが唯一の方法でベストと言うなら・・・・何が何でも夫を信じたい人なのです。

でも、もうそれは真実の愛ではなく、真実を見抜く事を放棄したことに等しい。
つまりそれを「盲目の愛」と呼びます。

そうなると その妻にとって、そこまで「盲信」するなら、その時点で夫は「教祖様」のようです。

ここまで 盲信するなら 妻は信者と同じで、何が何でも信じるなら それは「イワシの頭」と一緒です。

夫を信じたほうが 話は楽です。
夫を信じられた方が 話は美談で済みます。

でも 信じて信じて、その結果、やはり不協和音が拭えないなら、それはこれまでの信じてきた目を疑わないといけないのです。

これまでの 方法でダメだったら、これまでの方法を疑えばいいのです。
夫の言っている事で、しっくりいかないなら、夫の言っている説を疑えばいいのです。

やってみてダメだった事は また方法を変えればいいのです。

それなのに 当方に来られる相談者の妻は 
「夫を信じて、これまでやって来ましたが、うまく行かないので、どうしたら信じられるでしょうか」と 言って来られます。

どうしても 夫を信じることが、「善」だと 決めつけ、そこから出られなくなっているのです。

皆さん、信じると言うことは 人から無理強いされることではありません。
まして信じられないという体験をしてきているのに、その上で、信じるよう自分に自分で強要しているなら、それは カルト宗教と同じです。

いいんです。
信じられなければ、取り合えず 信じなくてもいいのです。
でも、何もしないわけには行きませんから、とりあえず、現状を分析すればいいのです。
その分析を、冷静に、掘り下げていけば、真実が見えて来ます。
そこで ひとつ、心に置いて欲しいのは、「信じる気持ちは一旦置いておく」事です。

信じたい気持ちが 邪魔をして、見える物も見えなくしてしまいます。

ね?ここまで読むと、もうわかると思います。
これまでは、見なけれはならないことを 「信じる」という気持ちが邪魔をして、見えなくさせていたと言うことがあると言うことを。

普通のカウンセラーなら 夫を信じて、夫とよく話し合い、何があっても、笑顔で夫を向かい入れなさいと、説いています。

何なら、夫の事を疑う事はやめて、信じてあげましょうというカウンセラーが多い中で私は その真逆を言っています。

ま~なんと過激な・・・・と思われる妻も多いとは思います。
そういう方は 私の唱える説は、奇をてらった、強気のアドバイスに思えるでしょう。

でも、ちょっと角度を変えて見る勇気がある人なら 私のいう説がちょっとは理解できるかもしれません。
つまり、何をするにも勇気が必要です。
勇気が出れば覚悟が出来る。
覚悟ができれば行動が決まる。

しかし 一般には、夫を信じるべしという神話が まかり通りすぎている為、違うことをすることに皆、臆病になっています。

亀のように 首を引っ込めて臆病になっているだけでは、何も変わりません。

一歩を踏み出すには 最低限の勇気と覚悟がなければ、アクションに繋がりません。

「今のままでは、今のまんま」

こういう意識を 今後は持って意識改革をしていきましょう。
それが見抜く力を養います。

でも、どうしてもこれが出来ない人は どうぞ、その方法を パーソナルにお教えしますから ご相談して下さいね。

当方は15分の無料電話相談をしております。
無料電話相談で解決策というパーソナルな部分にまでは行かないのが現実です。
この15分では 今後 相談をこのカウンセラーに任せられるかどうかの判断にしていただくくらいで、おおよそ 具体策の提案までには行きません。
だから 今後、改めて相談を申し込むかどうかの為の入口というくらいのサービスとお考え頂きたいのです。
でも 中には この無料相談で、浮気相手の排除の方法を教えて欲しいという方がいます。
実は そういう方こそが 色んな相談所にお電話され、お話しだけでも聞いて欲しいと相談所探しをされています。
でも 本当に個人差の塊である内容に、そう簡単に答えを言えるはずがないのです。
それでも 色んな無料相談所に相談をされると そこでの答えは 一般論しか言えないという事です。
多くの相談所巡りをされる方は、相談所ジプシーになっていませんか?
当たり障りのない事ばかりを言われて、時間だけが過ぎて行き、夫婦の仲はそれで改善したかどうかは、そのジプシーの足跡が物語っています。

そういう意味で 多くの相談所に積極的に、相談をされる方は 一見、アクティブに見えますが
本当は、現実的な一歩を踏み出す覚悟が出来ないタイプかもしれません。

相談所にも色んな流派があり、カウンセラーはその最たるものです。
心理学を中心に、メンタルカウンセラーもあれば 幼児体験などを 現在の全ての根源にあると考える、流派もあります。

士業(行政書士などの法務関係)という立場でも、中には 探偵会社の紹介所という立場の場合もあります。

意見や情報はなるべく多い方がいいと言って、色々なところの意見を聞きすぎて、余計にわからなくなっていませんか?

変な例えですが 洋服のバーゲンでも、ウインドウショッピングをしすぎると、最後は、訳がわからなくなり、結局何も選べずじまいという経験をしたことはありませんか?

世の中には 実際、タダの物はありません。
相談するにしても、電話代にしろ、人件費にしろ、どこかで何かの費用は発生しています。

最後まで無料というところは 恐らく世の中、どこにも無いでしょう。

しかし、公的な市民相談や、公的な夫婦問題相談所もありますが、これも国から人件費が出ているので、相談料金が無料と歌っていても、私達の税金から それは賄っているのです。

そういう意味で 無料だから、という理由で 多くの相談所をジプシーしても、貴方に合った回答が得られるかどうかは 疑問です。

公的機関というのは 市民の為に無くてはならないものではありますが、それだけに 公平を任務としていますので、本来は 暴力やネグレスト以外の個人的な夫婦の問題などには、あまり力を入れていません。

実は別に公務員さんを敵に回すつもりはありませんが、実際、私は役所に行って、穏やかな気持ちで帰れた時ばかりではありません。ちょっとその仕事ぶりに疑問を持ってしまう事もあり、公務員さんがゆえに サービス精神がないと感じる事も多々あります。
当然 サービス業ではないので仕方がないのですが やはりやればやっただけの手応えが 自分の評価や達成感に繋がる、民間サービスに勤めている方の方が 真剣度は違うと言いたい。

それでも そういう公的な相談所、中には法テラスの無料相談に行く方は、どちらかというと 話し相手を探しに行くような事になりがちです。
そういう公的機関を何軒はしごをしても パーソナルな回答は得られません。

何軒も相談所を掛け持ちする方は いい答えを探し求めている ポジティブな方のようで、実際は
具体的な答えに至るのを 怖がっている方とも言えます。

民間の相談所がよいとは言いませんが、何があっても、お給料がもらえる公的機関も如何なものか。
もちろん、真剣に働かれている方もいますが やはり 餅は餅屋で、そういうパーソナルな、特に夫婦の問題を、真剣に研究している公的機関は、今はないと言うことです。
結局当方に来られる方は 何軒も他所を回ってから来られます。
回り道はよくないとは言いませんが、何故 何軒も回るのかという自分の気持ちに気づいて下さい。

何でも経験すればいいというものではありません。
この相談所巡りという回り道が 学びとなればいいのですが、この時間が 夫婦の事態を悪化させることになっていませんか?
つまり 相談所ジプシーは、結局、一歩が出せていないという自覚も必要ではないでしょうか?

今日のコラムを 民間サービスを売り込むコラムと読むか、どうかはお任せしますが、そういう疑いの気持ちを持つなら、ネットの中の情報も、もっと疑って見てください。

誰の目にも止まるネットの中や 誰にでも通用する一般論を唱える公的には あなたへのパーソナルな答えはありません。

本当に個人的な具体策は、やはり 膝を突き合わせて話すのがベストだと思います。
さあ、この今日のコラムを、単なるセールスと読むか、否か、です。

今日はお盆で、明日は終戦記念日です。
私たちの、先人は、個人の意思などを持つ事も許されず、お国の為に命を捧げてくれました。
私たちは そういう先人の犠牲のもと、命を頂けました。
自分たちの命や人生を、大切に見つめ直してみたい週末です。

では、今日はここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

浮気問題が解決しました。

お返事、大変遅くなりました。 すみません。 長くなってし...

匿名希望
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

信じるということ

過ぎてみて分ることってあります、その時は分らなくても・・・・。私もこの年になって(ってか、年齢はあまり公...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ