コラム

 公開日: 2015-08-17 

弱い犬ほどよく吠える?

一昨日が終戦記念日と言うこともあり、ここ一両日は多くのテレビ局が戦中戦後の題材を扱った番組を放映していました。
その中で、パラオ諸島の中のペリリュー島で その昔、終戦を知らずに洞窟の中で身を潜めていた日本兵が、助けられた米兵と最近、アメリカで再会した話を流していました。
洞窟から出たときには、米兵に殺されるだろうと覚悟の上、どうなるかは、全く読めなかったそうです。2ヶ月近くの、食料もない潜伏生活の中で、体力も武器もなにもなく、捕虜になるくらいなら、自決覚悟で出て行ったそうです。
屈強な身体の米兵はジープに乗り、日本兵には銃を向けながら 近づいてきたそうです。
そのあとの記憶は その日本兵にはなく、体力も尽きて、気を失ったそうです。
その後も戦後と言うことで その米兵とはそれっきりで その日本兵は米兵の顔も覚えてないそうです。
そこで 最近、その二人が高齢だがお互い、会うことを望んでいた為、再会が実現しました。
その二人が 口にしたこと・・・・・
その元日本兵は 投降をする時点で死を覚悟しているから 捨て身だったと。
そして銃を手にしている米兵の方が 丸腰で降伏している日本兵の事が怖かったと。
武器もなにも持たずに、米兵に向かってくる日本兵が怖かったと。

これは戦争時代の話ですから、色々正常じゃなかった精神状態だとしても 勝利した米兵が、カラダも小さい日本兵を恐れていたのです。
当然互角に戦得はずはないのですが 手ぶらで死を覚悟して、米兵に向かって来るなんて日本人の侍魂は何なんだと。
正気の沙汰には見えなかったのでしょう。銃を向けながら 米兵が日本兵を恐れていたなんて 今だから言える話で、当時はそういう当事者も何だか分かってないはずです。

このテレビを見ていて私は、何か夫婦の関係性の事を思い出していました。
私は夫婦関係・・・・特に浮気問題を扱っている中で 妻が夫に詰め寄る場面を何度か見聞きしてきました。
そんな中、夫が逆ギレし、妻は声を震わせて訴えている。
この構図を見ると、当然夫が、イカっていて、妻が涙目。
でも 本当に怖がっているのは 夫なのです。
これは この日本兵の話によく似ていますが、イカツイ米兵が夫だと思って下さい。
妻に「俺をそんなに信じられないのか?」と 自分のやった浮気の話をまるで 反らすかのように、強い口調で妻を叱ります。
これでは どちらが悪いことをしたか分からない感じですが、実は 妻と夫のどちらが怖がりか、お分かりでしょうか?
そうです。
夫の方が妻を怖がっているのです。
勇気って何なんでしょうね。
捨て身の方がある意味突進していって、守りの方が事態を怖がっている。
でが 夫は何を守っているのだろうか?
家庭?家族?妻?
いえいえ、それなら、妻にはもう少し優しく出来るでしょう。
と、いう事は、強く出る者を叩いておかないと、何かをなくすると 恐れている夫が、怖がっていると言うことがわかいます。
では、何を失くすというのでしょうか。
とても、ざっくりしたことですが、恐らく浮気をやめる気はないということです。
そこには 妻がいくらこれまでの生活態度を反省しても 子供にとって父親の必要性を説いても、家庭を省みて欲しいと言っても、それが浮気を止める動機付けにはならないのです。
最初から 浮気は家族を裏切っているから、それが悪いことかどうかくらいは分かっています。
しかし その背信行為が 刺激であったり、切なくある訳です。
この少し、センチメンタルな、恋は、家庭では味わえないものだから、浮気をするのであって、そこに家庭に戻れといっても
夫にとれば、大事なおもちゃを取り上げられるようなもの。
ここを道徳観や 倫理観の話をしても 通じるとは思いません。
それどころか、夫にとって、今や妻は「人の恋路を邪魔する存在」なのです。
だから 妻の説教にも似た、お願いを聴きたくないから、逆ギレするのです。
この逆ギレの正体は 恐怖心です。
つまり夫は妻が怖いので、妻を遠ざけるのです。
でも、妻は 話し合いたいと、夫に近づく。
そうなると夫は キレて、話もしない、疑うことも許さない。今後また夫の行動を詮索してみろ、二度と話もしないぞ、と
いう脅かしを言ってくる、その夫が誰よりも怖がりなのです。
だから 夫が少々キレたって、妻は怖がる必要はないのです。
妻が逆らい?さえしなければ、夫がキレる必要もないのです。
と、言うことで 妻には強い口調でいう夫ほど、チキンハートなのです。
そういう事で、これからは夫が強い口調で 何か言っても恐れることはありません。
むしろ 偉そうに言っている時は怪しいと思えば ある意味、それが信号になりますからね。
これを目安に・・・と考えると 少しは気が楽になりましたか?
では、今日はここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お礼&近況報告

ごぶさたしております。 今年一月くらいにメールを頂いてから...

N.K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

信じるということ

過ぎてみて分ることってあります、その時は分らなくても・・・・。私もこの年になって(ってか、年齢はあまり公...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ