コラム

 公開日: 2016-05-11 

夫婦、別姓と別財布

先日のコラムに引き続き、またまたテレビネタです。
私はビッグダディ―の番組はあまり好きではないと書きました。それは大家族の番組を見ていたら辛くなるからです。
でも、今日は その意見をちょっと修正します。
家庭にはそれぞれのスタイルがあり、他人がとやかく言うものではないかもしれませんし、私は大家族で写っている写真を見ると憧れますし、子だくさんと聞くと、微笑ましく思います。
でも、実際私がそれを出来るかというと、限られ収入と限られた家の広さ、そして限られた時間の中での家事の大変さ。
これらを考えると、自分の度量の狭さを感じる事もあり子だくさんの夢は断念せざるを得ないということです。
しかし中には そういう事をやってのけている家族がいて、それをテレビは番組として放映するのですが そんな中、ちょっと違うな、と感じたのは、親の離婚再婚で、子供の数が増え、子供の微妙な気持ちの機微を解ってあげてないと感じるので、ビッグダディ―はあまり好きじゃないな、と書いたのですが、それを撤回したくなったのは別の家族の番組を見たからです。
「石田家」・・・・・・・そこは夫婦がずーっと添い遂げ、みんながその両親の子供です。
確かに子だくさん故の、雑な部分はありますが、それは子だくさんでなくても、どこの家でも、子育てが大変な時期は似たようなもの。
子供が思春期であろうと、受験であろうと、ずーっとお母さんが本気で寄り添いました。
夜遊びをして朝帰りしようが、いけない事はいけないと伝え、その後にご飯を食べさせるのです。

思春期は反抗期でもありますが、反面身体も成長するので、お腹が減るのです。
その時、家にご飯があれば、子供は帰ってきます。
よく、夫の気持ちを掴むのは、胃袋を掴めと言いますが、それは子供も同じ。
特に男の子って、腹減らしの生き物です。
この石田家の子供は、親に反抗しながらも、食事は食べるのです。
そういう意味で、食事って大事だな~って思います。

でも、大人になると、自分のお金で仕事帰りに寄り道もしますし、自分のお腹くらいは満たします。
しかし、これがお小遣い制で、夫の小遣いにも限りがあれば、やはりそれは家で食事をとるでしょう。
そういう意味で、夫婦が別々のお財布で生活しているところは崩壊する可能性が高まります。

共働きで始めた暮らしも、子供が出来て、妻が働けない期間が出来ます。
そんな時にも、夫婦が別財布でという形が変えられないと、夫が自分勝手に小遣いを使います。

まず浮気をするにはお金が要りますから、お小遣いに限りがあると、抑止力にはなります。
それを、お互いが頼りあわないというかっこいいスタイルで、別々の会計でいると、浮気をされて
お金が女性へ流れようと、「うるさい、俺の金をどう使おうが口出すな」になるのです。

この根源にあるのは、実は妻が甘え下手という事があります。
甘えるという言葉に語弊があるかもしれませんが、実は夫を頼れないという構図があります。

例えば家庭でお金が必要になることがあります。
子供の教育に関して、お金を使う必要があっても、ここで夫婦の考えが合わなければ、夫と意見を合わせるよいうより先に、「だったら、私がお金を出せばいいでしょっ!」という風に、親の意見を調整する前に、お金で解決しようとなります。
こうなると、夫を頼るというより、夫からすれば「だったら勝手にしろ」というように決裂します。

つまり妻は夫と問題を調整するより、安易な方法を取ってしまいます。
そうなると妻は夫を頼らなくなるし、夫も自分が参加した子供の教育でないので、どんな結果が出ても、妻が勝手にしたことだから、と家庭への存在価値を、自ら見失います。
そういう事で 私が見てきて思うのは、夫婦が別財布なのは、共働きだからという理由より、本当は妻が夫をうまく操縦できず、甘えたり頼ったりが苦手な妻が多いと解って来ました。

もちろん、夫が妻を甘えさせないというタイプもいますが、妻が甘えられないという事もあります。
そういう意味で 夫婦別財布というのは、夫婦の距離を示している事もあるという事です。

しかし、中には夫が税理士であったり、証券会社の社員であったりすると、妻よりも金銭的な管理は長けている人もいます。
そういう場合は夫が家計を管理するという事はありますが、その場合も充分な生活費を渡してこそ、夫が税理士であるメリットはあります。
でも、これだけで生活しろ、と少額を渡して、自分は贅沢に遊ぶという夫であれば、いざとなったら貯金も独り占めされます。

そういう意味で ディンクスカップルのように生活費はお互い、半々で持ち寄り・・・・という夫婦は
別れる時も、半々でお互いの貯金を持ってでたらいいので、簡単になるのです。
夫に、色仕掛けで甘えなさいとは言っていません。
でも 家族の事に使うお金を、夫と相談してもどうせくれないだろうと最初から、妻が負担すてしまうのは、ある意味、人に頼れない人です。
強気だから、頼れないのか、本当は話し合いが出来ないから、最初から諦めて頼れないのか?
それは夫婦によって、理由はそれぞれですが、夫婦別財布は何もかっこのいいことではなく、
夫や妻をひとくくりの家族として捉えていないとなります。

もし妻の親の介護が必要になり、妻が働けなくなったら、今まで家計に入れていた生活費を入れられなくなります。
そんな時はどうします?
いざとなったら夫は助けてくれると、期待できますか?
妻が出産して休職中も、自分の貯金切り崩し、復職できる時期まで生活費を入れると妻がいますが、本当はこんな時こそ、家計の出し方を切り替えるチャンスです。
何故、無理をして妻が負担をするのか・・・・・・
それが やはり夫と交渉をするのが苦手という事です。
交渉して、気分や雰囲気が悪くなるより、お金で済む問題なら、気イ良くお金を出しておいた方が楽、という考えになります。

とても有り余るくらい、夫が生活費を出してくれている家庭は、妻も出していても、それを貯金にも回せます。
しかし、なんやかんや言いながら、カツカツの生活費しか出してくれない夫は、自分の小遣いをたくさん確保します。
そうなれば、浮気をしやすくなるので、夫は小遣いを足りないくらいの方がちょうどいい。
こんな風にいう私は鬼嫁の要素満載?

でもね、いかにも理解があるように夫の自主性に任せ、夫の小遣いも貯金も知らないというのは
夫を信頼しているというより、逆に夫を頼れないという事なのです。
一見、独立した大人の夫婦に見える別会計。
これは、かっこいい風に見えて、実は夫婦のていを成してない。
昭和を生きてきた私はこんな風に感じます。
夫婦は頼っていいのです。
子供だって、赤の他人の子供を産むわけではないので、夫の子供を産むために、妻の収入の形が変化したら、それを機会に家計や生活費全般、夫を頼って何が悪いですか?

夫婦別姓が通るか、どうか法案も見直されてきつつあります。
でも私は別姓にすると、そこで経済的な事も分離するデメリットも危惧します。
そういう意味では夫婦別姓よりも別会計の方が問題が多いと感じます。
それを自然に、上手くやっている夫婦も当然いるでしょう。
でも私の所に相談に来られる夫婦は問題があるから、自然と問題視してしまいますが
実際に浮気問題とお金の問題は切り離して考えられないと感じている事は事実です。

おっと、また話がずれました。
今日いいたかった事は 大家族でも一生懸命、子供に心を砕いている親もいるという事で
ビッグダディ―を好まないからと言って 大家族の全部が気にいらないということではなく、
子供が反抗期で、カメラマンに突っかかってくる場面もカットせずに流しました。
母ちゃんは体当たりで、とうちゃんにも、違う事は違うと言いました。
それが、例え夫婦喧嘩でも、とにかく相手には伝える努力をしました。
子供も大人も親も、夫婦もみんな本気でぶつかりました。
こんな風に体当たりで真剣に生きている人たちは大好きです。実際
先日の石田家の放送は、涙が止められない内容でした。
だから 大家族イコール、雑な生き方という誤解は解いて下さい。
石田家、とくに父ちゃん、母ちゃん、これからも応援します。
では今日はここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

相談から2年が経ち、近況報告

村越先生 こんばんは、A子と申します。 2013年に往復6通...

A子
  • 女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

信じるということ

過ぎてみて分ることってあります、その時は分らなくても・・・・。私もこの年になって(ってか、年齢はあまり公...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ