コラム

2016-06-07

逆ギレの正体

昨日、東京都知事の政治資金不正流用の記者会見を見ました。
マムシの善三なる異名をとる弁護士が、舛添知事を横に置き、精査の結果を発表しました。
そば打ちの本、ピザの本、金魚の飼い方、つらつらと一方的に、書いたメモを読み上げました。
ある程度のところで、記者からの質問を受け付けましたが、それは質問に質問で返すという返答者が一番してはいけない手法で話しました。
領収書を発行した旅館や店に、裏付けを取ったか?質問に、佐々木弁護士は記者を睨むように、「舛添知事が否定をしているなら、それを信じる。店に問い合せたり、そこまで調べる義務はない。いちいちそこまで調べる義務はない」と記者を睨むように言いました。

この迫力に記者は黙るという繰り返し。

舛添知事は 当初この問題が起きた時に、「公平な立場で厳しい目で精査してくれる弁護士が、すべてを明らかにしてくれるので、それまでお待ち下さい」と、それまで繰り返して来ました。
ここでも、記者の質問を遮断する感じを受けました。
その上で、昨日の佐々木弁護士は、と言うと、上記のような迫力を持って、記者の質問を遮断し、逆に記者を恫喝する雰囲気がありました。これも完全遮断、わかりやすく言えば逆ギレです。分かり易い云い方をすれば、「喧嘩腰」です。

どこかの風景に似ていませんか?
そうです、夫婦の話し合いです。
夫の浮気を疑い、それを妻が明らかにしようと話し合いをした時によく似ています。
妻は夫とこういう疑問を払拭したくて、話し合いをするのであって、決して喧嘩をしようとは思っていません。
それなのに夫は妻の質問に誠実に答えず、喧嘩腰です。

相手が質問をしたことを怒るというのは、一番答えをケムに巻くいい対応の仕方なのです。
これはなぜなのでしょうか?
妻は夫と仲良くしたいと思って膝を突き合わせて話をしたいのに、質問の内容に答えず、質問をした相手を恫喝するって、「仲良く」というのとは程遠い、真逆です。

これは何故でしょうか?
つまり守る相手があるという事です。
夫が浮気をしていて話し合いという話で逆ギレしたら、それは浮気は存在すると考えていいと思います。
妻は夫と話し合う時に、それは1対1の、登場人物は2人と考えています。
しかし、ここでは夫の心の中には、浮気相手というもう一人の登場人物がいます。
ただ、それは無き事としないといけないので、妻の質問をケムにまかないといけません。
要するに守るべき人がいるとたいてい、怒るのです。
すべてを詳らかに出来ない歯がゆさに、怒ることで質問を遮断するという手法です。

ここで舛添知事の例を見れば分かります。
いくら舛添都知事が「公平な立場で厳しい判断」と言っても弁護士の役目は弁護という依頼者を守るのが任務です。
だから、舛添知事を守るという以上、ほじくろうとする記者の質問は、迷惑なのです。

調べるということは 片一方のことだけを聞いては真実は分かりません。
本来なら舛添都知事の使った場所に出向き、実際に旅館でどのような会議が行われたか?舛添さんが言っている事と事実とが一寸の狂いもないことを調べないといけません。
それが、現状の根拠と言います。
そこで記者の質問「裏取りをしたか?」の質問に、佐々木弁護士の怒りは頂点に達しました。

「先方に確認を取る必要はない」と語気を強めて言いました。
こうして、口調を強くされると、一瞬こちらが間違っているかのように、怯んでしまいますが、「いやいやいや、調べないといけないでしょう」と私はテレビを見ていて、おもわず独りごとを言ってしまいました。
強気の言葉はそれだけ自信があると言うふうに、我々善良な市民は思ってしまいます。
夫とやりあう時だって、逆ギレされてしまうと、妻の自分の言い分が間違っているのかとさえ、反省してしまうものですが、弁護士は舛添都知事だけを守りたかっただけでしょうか?

いいえ、実は自分の立場をも守ったと言えます。
だから、記者の質問には答えず、質問を怒りという形で返したのです。
では、記者を怒り、何を守ったのでしょうか?
それは、自分自身です。

これまで、恐らくマムシの善三と恐れられた、弁護士としてのプライドを守ったのです。
本当に力があれば、別に怒ることはない、仕事で結果を出せばいいのです。

しかし、今回は、裏を取らずに記者会見をしなければ、調査の時間が足りなかったので、その仕事の足りなさがバレるのを恐れたのだと思います。
何故なら 本来こういう仕事の依頼はもっと時間を取って調べるからです。
例え、助手を使ったとしても、調査時間が少なすぎます。
調べる事ができなかったということは 仕事の中途半端を物語ります。
それが露呈するのを避けたかったら、逆ギレという論法スタイルにしたのでしょうね。

これでお分かりになるように、人間は余裕があれば怒りません。
男性って難儀な生き物ですね。
図星だと怒ろのですよ。
これを、わかっていれば、夫に逆ギレされたって怖がる必要はない。
しかし、本当の問題は、こうして逆ギレされながら、その夫と仲良くしたいという妻の心理です。
逆ギレする意味も分からないまま、仲良くしたいとなると、夫のいうことを聞くしかなくなり黙らざるを得ないのです。
つまり、弁護士の逆ギレ同様、怒るという事は、相手を遮断しているという事ですから。

では今日はここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お礼&近況報告

ごぶさたしております。 今年一月くらいにメールを頂いてから...

N.K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

中村橋之助さんの謝罪会見は新型?

これまでの有名人の不倫は、社会や業界や不安に向けての謝罪でした。その目的はとりあえず芸能活動をする為の会...

[ 不倫論 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ