コラム

 公開日: 2016-07-05 

夫婦の修復は浮気相手排除の後が鍵

よく 相談に来られる方で、「浮気相手を排除した後、夫婦関係は上手くいきますか?」
と聞かれます。
その答えは何とも言えないというのが 正直なところです。
と、いうのは 浮気相手を排除して、それで夫婦が仲良くなれるというものではありません。
むしろ浮気を夫がする前から夫婦仲がぎくしゃくしていて、何らかの問題を抱えていたとしたら その問題を抱えていた時に戻るというのが、嘘のない答えです。
要は 元々夫婦には問題があり それで浮気に発展していったとなると、浮気相手の排除が元々ある問題を解決したことにはならないからです。
と、言うことは浮気相手の排除というのは、元ある形にまで戻すことが精一杯で、元ある問題を解決することとは別問題だからです。

例えば夫婦の間に、何年もセックスレスの形があり、夫がそれに対して平気ならそれでいいのです。
でも、妻には言えないけれど、妻に指一本も触れられないで、「あなた、子供の事を真剣に考えてるの?」っと鬼っ面で問われても
夫にすれは夫婦あっての子供だし、妻に対して不満を持っていたら、浮気相手がいなくなれば、妻を愛せるというものではないからです。と、いうことは何が夫婦に横たわっているかということをむき出しにするだけでは問題は解決しないのです。

正直言って男性にも色んなタイプがあり、年齢や環境により、不満は違います。
草食男子もいれば肉食系もいます。
問題なのが この肉食系の夫と長く、セックスレスの生活があれば、そりゃ浮気もしたくなります。
だから、浮気相手がある意味、そういう相手をしていてくれたのだと思うと、むしろ夫とセックスをしたくなかった妻には
感謝こそすれ、憎むことまではしなくていいという理屈になります。

しかし 妻にとっても自分の夫にちょっかい出されて気持ちがいいはずがない。
そこで 妻も反省をし、夫に浮気をやめるように、当方と対策をとっても 夫婦のセックスレスに対して、私が手とり足取り指導するわけには行かないのです。
と、いうことは 浮気相手を排除してからが 本当の夫婦の問題に取り組めるのです。
もちろん、もういい年だから夫と、そんなことはしたくないという妻もいるでしょう。
そして長いあいだ、寝室も別で、今更・・・・照れも手伝って そういうことに向き合うことは手遅れじゃないかという方もいるでしょう。
私は何も、50,60過ぎて、若い夫婦と同じような事をしなさいとは言っていません。
でもね、あなたの夫は50,60過ぎて、まだセックスをしたくて 若い女性を求めているのです。
ここを知ることから 夫婦の本当の問題に目を背けずに手を入れることができるのです。
無理な事を無理くり、取り組めとはいいません。
しかし、あなたが目を背けてきた事を、夫が望んでいたことなのだということを知るだけでも一歩前進です。

これまでこういう取り組みが成功した方と、そうでない方との違いは、この点に勇気を出して夫婦修復の実践を実行したか、しなかったかというのは、夫婦の修復が成功するかどうかの分岐点です。

夫婦の間に横たわっている問題があるのに、浮気相手を排除した後も、妻が口偉そうに、家族としての役割と夫に求めるだけでは浮気問題は終わりません。
一人を排除しても、また次の新たな女性を求めるのは時間の問題です。
つまり、妻は夫に、「家人として」とか「子供のパパとして」という風に役割分担の説教ばかりをしてはダメなのです。
夫は「男」なのです。
そして妻は「女」なのです。
浮気問題が一段落しても、この性的な役割を、そっちのけで「あなたは家長として責任は感じないの?」とやっちゃうと、また降り出しに戻ってしまいます。

「先生、浮気をする人って繰り返すって言うじゃないですか?だったらまた夫は同じことをするのじゃないかと不安なのです」と問われますが、私も毎日24時間妻の横にいて、「ああしなさい、こうしなさい」は云えません。
だけど、考え方だけは覚えておいてもらうと禁じ手くらいは守れるはずです。

何度も言いますが 浮気相手を排除しても 夫婦仲がもどるかどうかは別問題。
この浮気問題を乗り越えて、夫婦が修復出来たケースは、元ある夫婦の問題に手を入れる勇気を持った人です。
私のところに 「先生、ありがとうございました」と夫婦仲が修復出来た報告を下さる方は この私の教え?を真面目に取り組んでくださった方が 成功者と言えます。
成功者と失敗に終わった人との違いは、浮気相手を排除出来た途端に夫に、役割ばかりを求めた人です。
または ちょっと上手く行った途端に気が大きくなり、横柄になってしまった人です。

いいですか、受け止めにくいとは思いますが、夫は浮気という「恋をした男」なのです。
その浮気相手を無理くり取り上げようというのが 今の取り組みだとしたら、夫も身からでたサビとは言え、傷ついています。
そこに役割分担という口実で夫に話を持ちかけるのは間違っています。
では何を話せばいいのですか?と、食い気味で聞かれますが、夫に役割だけを求めていた自分に気づいてください。
夫と妻という関係も前に、夫は男としての倫活をしたのです。
そこに家庭においての役割分担だけを押し付けても、ちっとも魅力的じゃありません。

ではあなたの夫が何を喜ぶか、私にはわかりません。
何故なら 私はあなたの夫とお付き合いをしたわけでもないし、一緒に暮らした事もありません。
それは妻であるアナタが考える事なのです。
何を話せばいいかより、何を話したらダメか・・・・
これに気づく事からはじめましょう。
夫婦だからといって何でも言っていいものではありません。
親しき仲にも、礼儀ありではなく 親しき仲だから、何を言ったらいいか、アナタが研究しましょう。
では今日はここまで。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

浮気問題が解決しました。

お返事、大変遅くなりました。 すみません。 長くなってし...

匿名希望
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

テクニックに拘わるな。

今日のテーマはテクニックだけに拘っていませんか?という内容です。この度、個別の相談を少し休止すると発表し...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ