コラム

 公開日: 2016-07-30 

不倫(倫活)夫の思考回路!

妻にとっては理解しがたいかもしれませんが、不倫(倫活)している夫の思考についてご紹介していきます。性別の違いという根本的な違いを理解するつもりで、知っておいてほしいと思います。

異性との関係を深めたいと考えている

不倫(倫活)している夫は「彼女とはただの友達で、食事をしていただけ」とか、「会社の同僚とメールすることは普通だろう」と思っています。

妻から不倫(倫活)しているのではないかと疑われたりすると、「どうしてこんな事で妻は騒ぐのだろう」と不思議に感じてしまうかもしれません。

肉体関係がなく、同僚とメールしているだけでは不倫とはいえませんし、食事をしたことも不倫にはなりません。

ですが、妻に隠れて他の女性と二人きりで会うことは、夫婦関係ではルール違反ですが、その段階では夫にはその認識はありません。
夫は相手を異性として意識して、なおも関係を深めようとしているのですが、妻を裏切る行為をしているという自覚がないのです。

常に遊んでいたいと考えている

男性は、「子孫を残さなくてはならない」というオスとしての本能をもっています。男性は、できるだけ多くの女性に自分の遺伝子をばらまきたいと無意識に思っています。これは善悪の意識の問題ではなく本能なのです。

それゆえ、目の前に好みの女性がいるとすぐにひと目惚れして、話すチャンスがあれば親密になりたいと思うのが普通なのです。本当は、さまざまな女性と遊びたいという本能をもっているのです。ただこれは結婚して夫という立場になった男性は、常識として理性で本能を抑えているだけなのです。
ある統計によると、日本の既婚者でセックスをしない夫婦は全体の約4割と言われています。その中でも30代後半からその割合は急増していきます。結婚して10年以上も過ぎると、夫婦間のセックスの頻度は激減していくのです。

女性は、育児をしている期間は性的欲求が低くなるようですが、男性は違います。性的欲求を満たしたいけれど、妻に拒否されてしまえば、その欲求は違う女性に向かいます。そこで妻とは違う遊び相手や、体目当ての割り切った関係を求めて、それを受け入れてくれる女性と不倫するようになります。

妻との価値観の違いを埋められない

男性はイライラや鬱憤(うっぷん)などストレスが溜まると、旅行やスポーツなどを楽しんだり、車いじりや好きな趣味に熱中するなどしてストレスを発散させる傾向が高いです。片や育児で肉体的にも精神的にもクタクタになっている妻にとっては、「たまには子どもの面倒を見て」「自分ばかり遊ばないで」と不満が募るかもしれませんが、遊びに見えていても、妻には無理が言えない時のある意味、苦肉の策なのです。

ただ、そういう趣味などがあまりない方はストレートに性的欲求を解消する専門のお店に通ったりすることもありますが、こうなると妻にすれば、お金は使うわ、例えお商売とは言え他の女性と関係を持つ事は理解できません。となると、夫には嫌悪感を募らせていきます。

家庭や家族を大切にしていないと感じるのですが、何より妻への裏切りだと感じています。
でも夫にすれば、それはオスという生理現象に過ぎないので、裏切りと言われるとピンと来ないのです。
それは、女性特有の考え方の特徴ですが、「セックスイコール愛」という方程式によるものですが、男性には
風俗通いを愛と結び付けられると「へっ?」という感じしかありません。

これも本能という動物学的観点で女性を見ると、メスは優秀な子孫を残そうとする選択権があります。
オスの、数を欲するのとは違い、選別をするのです。
そこに人間的な選択理由が愛という分別ですが 男性には到底理解不能です。
こうしてオスとメスという違いを理解せず、詰問を繰り返すと、そういう「ストレスの根源を理解しないくせに」と益々夫の不満になっていきます。
これでは、妻との気持ちのズレを大きくさせてしまいます。

こうした夫の思考や男性の本能を理解しておかないと、不倫(倫活)されてしまう可能性が高くなり、悪循環となります。
この悪循環を防ぐには夫の行動を理解することで、どのように夫の不倫(倫活)を予防すればいいのかも見えてくるはずです。

まとめ
浮気を止めさせる為のセオリー
金言にして下さい
「許す」は「許さない」の裏返し

この記事を書いたプロ

Re;婚かうんせらぴー [ホームページ]

村越真里子

大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL:06-6366-1100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
相談の種類と料金

面談相談初回・・・・・時間は問わず 8640円2回目以降 30分5400円電話相談初回・・・・・30分から  3240円       30分以降は 10分 1080...

夫婦の揶揄辞典
ディクショナリー

夫婦の揶揄辞典のコーナーを作りました。揶揄とは 少し皮肉な見方も含め 少し物事を裏から見た、ワードを解説していきます。正当派のまっすぐな意味を知りたい人...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村越 真里子(むらこし・まりこ)さん

パートナーの浮気問題の解決に特化し、多くの結果を出してきました。安心してご相談ください(1/3)

 「夫婦の問題を解決するプロ」のRe;婚かうんせらぴーの村越真里子さんは、「皆様のお役に立てることはうれしく思っています。反面、相談に訪れる方々にとれば、痩せるほどの苦しみを抱え、本来ならば私のような職業の者と関わることは決して喜ばしいこと...

村越真里子プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

浮気問題解決と夫婦の関係修復は別問題とし段階的に具体策を指南

会社名 : Re;婚かうんせらぴー
住所 : 大阪府大阪市北区南扇町7-2 ユニ東梅田1506 [地図]
TEL : 06-6366-1100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お礼&近況報告

ごぶさたしております。 今年一月くらいにメールを頂いてから...

N.K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夫の浮気を許すという心理

このコラムで何度か書いて来ていることですが、夫の浮気を許すという心理の中には 複雑な構図があることを改めて...

[ 大人の夫婦性教育 ]

夫婦が信じあうとは?

信じると言うこと。今日はこのテーマについて書いてみます。信じるという美談人を信じると言う言葉は、美しい...

[ 夫婦関係修復について ]

夫は浮気を反省しない。

浮気はいつ反省するのか?「夫の浮気は治らないですか?」と問われます。この議題は古今東西言われ続けている言...

[ 夫婦関係修復について ]

話し合いの効能

前回のコラムの続きで、もう少し 罪業妄想の構造をお話ししましょう。この罪業妄想が うつ病の中の一つだと言い...

[ 夫婦は話し合ってはいけません ]

テクニックに拘わるな。

今日のテーマはテクニックだけに拘っていませんか?という内容です。この度、個別の相談を少し休止すると発表し...

[ ムラコシズム、つぶやき ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ